びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

11R

2018/11/4(日) 5回京都2日目

JBCクラシック (GⅠ)

  • サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量
  • ダ1900m 16頭 15:40発走
  • 本賞金 9000万 3600万 2300万 1400万 900万
my予想印ジェネレーター
無料会員登録はコチラから

 JRA馬主・佐々木主浩が【新潟2歳Sの最終結論】を無料公開!

レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 タイム 着差 通過順 上り 調教師 馬体重 α β Ω Ω指数
1 4 8 牡5 57.0 3 4.2 1:56.7 ⑦⑧⑥④ 37.0 518(+10) オメガ指数を見るには、
会員の方はログイン
会員でない方は会員登録
してご覧下さい
2 7 14 牡3 55.0 2 3.7 1:56.8 3/4 ⑨⑨⑩⑧ 36.7 454(+4)
3 2 4 牡4 57.0 1 3.2 1:57.0 ①①②① 38.4 514(+6)
4 5 9 セ6 57.0 5 12.2 1:57.1 1/2 ⑯⑯⑯⑮ 36.3 446(+2)
5 4 7 セ8 57.0 7 22.8 1:57.2 3/4 ⑮⑭⑫⑪ 36.8 476(+3)
6 3 5 牡7 57.0 14 221.3 1:57.2 ハナ ⑨⑨⑧⑧ 37.3 528(+4)
7 8 15 牡3 55.0 10 108.7 1:57.5 13/4 ②②③② 38.6 498(-2)
8 3 6 牡5 57.0 13 202.6 1:57.7 11/2 ⑤⑤④④ 38.5 476(+1)
9 1 2 牡7 57.0 16 336.7 1:57.8 1/2 ⑬⑫⑩⑩ 37.7 472(-15)
10 7 13 牡6 57.0 11 112.9 1:57.8 ハナ ⑤⑥④⑥ 38.5 498(+9)
11 1 1 牡6 57.0 8 25.7 1:58.1 13/4 ⑦⑦⑥⑥ 38.4 532(+3)
12 6 11 牡5 57.0 15 307.5 1:58.3 11/4 ⑨⑨⑫⑬ 37.9 520(+1)
13 6 12 牡6 57.0 4 7.7 1:58.5 11/2 ⑭⑭⑫⑪ 38.1 574(+16)
14 5 10 牡6 57.0 6 12.8 1:59.0 ②③①② 40.3 494(+2)
15 8 16 牡8 57.0 9 29.4 1:59.3 ⑫⑫⑮⑯ 38.6 502(-1)
16 2 3 牡7 57.0 12 173.5 2:00.6 ②③⑧⑬ 40.7 468(-6)

払い戻し

単勝 8 420円 馬単 8-14 1,690円
複勝 8
14
4
150円
140円
130円
ワイド 8-14
4-8
4-14
340円
310円
280円
枠連 4-7 650円 3連複 4-8-14 910円
馬連 8-14 760円 3連単 8-14-4 4,890円

通過順

 1着 2着 3着 上がり最速馬
1コーナー 4(3,15,10)(6,13)-(1,8)(5,11,14)16,2,12,7-9
2コーナー (*4,15)(3,10)6,13,1,8(5,11,14)(2,16)(7,12)-9
3コーナー (4,*10)15-(6,13)-(1,8)(3,5)(2,14)(7,11,12)16-9
4コーナー 4(10,15)-(6,8)(1,13)(5,14)2(7,12)(3,11)9-16

通過タイム

100m 7.1 (7.1)
300m 11.2 (18.3)
500m 11.9 (30.2)
700m 12.9 (43.1)
900m 12.2 (55.3)
1100m 11.5 (1.06.8)
1300m 11.8 (1.18.6)
1500m 12.2 (1.30.8)
1700m 12.7 (1.43.5)
1900m 13.2 (1.56.7)
ペース:ハイ (-1.7)
テン:4F 43.1 - 3F 30.2/上がり:4F 49.9 - 3F 38.1

レース後のコメント

1着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)

「スタートをしてから周りの流れをみて競馬をしようと思いましたが、思いの外、前が飛ばしていたので、無理せず自分のリズムを守りました。窮屈な位置に入ると、持ち味を発揮できないところもあるので、外目のいいポジションをとれましたね。

もともと個性的な逃げ馬でしたが、スタートでつまずいた帝王賞をきっかけに、色々な競馬ができるようになったところが今日の勝利に繋がったと思います。昔は2番手、3番手だとムキになって伸びきれないことがあったのですが、前走でそういった面も解消されて、なんでもできるようになりましたし、それが強みになりましたね。今日は体調も本当によかったです。去年も平安Sで5着に負けましたが、走破時計は悪くなかったので、(中央の砂は)心配していなかったです。

無事ならばチャンピオンズカップに向かうことになると思いますが、そこではゴールドドリームやルヴァンスレーヴといったチャンピオンホースがでてきますからね。その2頭に立ち向かうにあたり相応しい勲章を今日は手にすることができたと思いますし、臆せずぶつかっていきたいです。

ケイティブレイブはずっとコンビを組ませてもらって、特別な思いをもって接していた馬でもありますし、京都の舞台でG1を勝てたことは達成感が大きいです。今後はチャンピオンズC、ドバイなども視野に入りますし、早くから大きな舞台を見据えていた馬です。力をつけてステップアップしてくれているので、今後ますます楽しみです」

1着 ケイティブレイブ(杉山晴紀調教師)

「勝てるとは思っていましたが、本当に勝ててフワフワしています。中間、前走からの上積みをかなり感じていましたが、(プラス10kgの馬体重は)おそらく厩舎から南関東の競馬場まで、輸送でだいたい20kgほど減るので、今回は当日輸送で近郊の競馬場ということもあり、あまり気にしていなかったです。まずここは勝たないと、次(チャンピオンズC)に繋がらないと思っていました。仕上がりに自信を持っていましたし、勝ちたい気持ちの強いレースでした。

福永ジョッキーが馬に教えてきたことは、そのレースの展開に応じて位置取りを決める、競馬をするということで、前走からそれもできるようになってきたことに手応えを感じていました。今日も前がやりあって、中団でジッとして最後に脚を伸ばしたようにはだんだんと板についてきたと思います。常々ジョッキーとはどんな展開でも、自分のリズムを崩さず、力を出せる馬になってほしいとは話していましたし、内容的にも嬉しいレースでしたね。

中間は、地方は力のいる馬場で、京都はスピードを必要とされるので、そのエンジンになるトモの筋肉をパワーアップさせることを目的にやってきました。

(目野厩舎から引き継いでのG1勝利に)既に引き継がせていただいたときからG1馬でしたし、プレッシャーも正直感じていたのですが、こういう舞台で勝てることができて嬉しいです。今までやってきたことが実になって嬉しいですし、目野先生や関係者の皆様にも感謝したいです」

  • twitter
  • facebook
  • line