新規会員登録

PR

(GⅢ) シルクロードS  特集

2021/1/31(日)1回中京10日目

サラ系4歳上 (国)(特) ハンデ 芝1200m 21頭 

シルクロードS 登録馬

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牝5 55.0 スプリ 8 11
牡6 55.0 カーバ 13 6
牡5 58.0 阪神C 7 5
牝5 55.0 ラピス 2 10
牡5 55.0 淀短距 12 8
牡6 56.0 京阪杯 5 5
牡8 58.0 トウル 5 17
牡6 56.0 淀短距 4 7
牡7 57.0 カーバ 6 2
牡5 53.0 カーバ 16 12
牡6 56.0 淀短距 3 1
牝6 56.0 京阪杯 8 10
牝5 53.0 UHB 3 9
牡5 54.0 淀短距 9 6
牝6 56.5 Jスプ - 4
牡6 57.5 スプリ 6 9
牡4 57.0 マイル 6 15
牡7 57.0 タンザ 3 1
牝6 54.0 京阪杯 4 8
セ6 55.0 タンザ 6 3
牡4 55.0 飛騨S 3 1
馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
- - 牝0 55.0 ---
- - 牡0 55.0 ---
- - 牡0 58.0 ---
- - 牝0 55.0 ---
- - 牡0 55.0 ---
- - 牡0 56.0 ---
- - 牡0 58.0 ---
- - 牡0 56.0 ---
- - 牡0 57.0 ---
- - 牡0 53.0 ---
- - 牡0 56.0 ---
- - 牝0 56.0 ---
- - 牝0 53.0 ---
- - 牡0 54.0 ---
- - 牝0 56.5 ---
- - 牡0 57.5 ---
- - 牡0 57.0 ---
- - 牡0 57.0 ---
- - 牝0 54.0 ---
- - セ0 55.0 ---
- - 牡0 55.0 ---

シルクロードS特集 コンテンツ

シルクロードS 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2020/02/02(日)  晴 良 京都芝1200m 18頭
1 8 アウィルアウェイ 牝4 3 55.0 川田将 高野友 478(+4) --⑬⑫ 1:09.0 33.7 ジャスタウェイ キングカメハメハ 京阪杯 4
2 6 エイティーンガール 牝4 6 53.0 四位洋 エイティーンガール --⑯⑯ クビ 33.5 飯田祐 448(+2) ヨハネスブルグ アグネスタキオン ファイ 1
3 15 ナランフレグ 牡4 8 54.0 丸田恭 ナランフレグ --⑱⑱ クビ 33.4 宗像義 480(+4) ゴールドアリュール ブライアンズタイム 浜松S 1
単勝
720
3複 ⑥⑧⑮
17,740
馬連 ⑥⑧
2,920
3単 ⑧⑥⑮
105,860
2019/01/27(日)  晴 良 京都芝1200m 18頭
1 2 ダノンスマッシュ 牡4 1 56.5 北村友 安田隆 474(+4) --⑤⑤ 1:08.3 34.2 ロードカナロア HardSpun 京阪杯 1
2 8 エスティタート 牝6 11 53.0 浜中俊 エスティタート --⑭⑨ 11/4 33.9 松永幹 462(+8) ドリームジャーニー トニービン 京阪杯 5
3 18 ティーハーフ 牡9 12 57.0 国分恭 ティーハーフ --⑯⑮ クビ 33.7 西浦勝 474(+2) ストーミングホーム GreenDese 淀短距 3
単勝
200
3複 ②⑧⑱
73,350
馬連 ②⑧
4,530
3単 ②⑧⑱
248,250
2018/01/28(日)  曇 良 京都芝1200m 18頭
1 1 ファインニードル 牡5 4 57.0 川田将 高橋義 488(+18) --③② 1:08.3 33.9 アドマイヤムーン MarkofEst スプリ 12
2 7 セイウンコウセイ 牡5 5 58.0 松田大 セイウンコウセイ --①① 34.6 上原博 504(+6) アドマイヤムーン Capote 京阪杯 7
3 4 フミノムーン 牡6 15 55.0 国分優 フミノムーン --⑮⑬ クビ 33.4 西浦勝 458(+4) アドマイヤムーン サンダーガルチ スワン 17
単勝
770
3複 ①④⑦
54,280
馬連 ①⑦
3,200
3単 ①⑦④
237,290

シルクロードS コース解析

中京競馬場 芝1200m
中京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

シルクロードS レース概要

1989年から行われていた同名の特別競走が前身で、1996年に5歳(現4歳)以上の馬による重賞競走として創設。創設当初は4月に施行されていたが、2000年に高松宮記念の施行時期が3月に変更されたのにあわせて、前哨戦として位置付けされていたこのレースも2月上旬に変更、2011年からは1月下旬に繰り上げとなった。創設時の負担重量は別定だったが、2002年よりハンデキャップに変更。G3のハンデ戦ながら勝ち馬にはフラワーパーク、シーキングザパール、マイネルラヴ、トロットスター、ファイングレイン、ジョーカプチーノ、ロードカナロア、ストレイトガール、ファインニードルら錚々たるG1ホースが名を連ねている。
  • twitter
  • facebook
  • line