びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅢ) プロキオンステークス  特集

2019/7/7(日)中京

サラ系3歳上  ダ1400m  

ネット新聞公開中

プロキオンステークス(GⅢ)ネット新聞は7/6(土)よる公開!

プロキオンステークス 想定

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡5 ドバイGS - 2
牡7 オアシスS 12 8
2019年5月18日更新

プロキオンステークス特集 コンテンツ

プロキオンステークス ステップレース

プロキオンステークス 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2018/07/08 3回中京4日 11 ダ1400m 1:20.3 マテラスカイ 武豊 森秀行 インカンテーション
2017/07/09 3回中京4日 11 ダ1400m 1:22.9 キングズガード 藤岡佑 寺島良 カフジテイク
2016/07/10 3回中京4日 11 ダ1400m 1:22.1 ノボバカラ Mデム 天間昭 ニシケンモノノフ
2015/07/12 3回中京4日 11 ダ1400m 1:22.5 ベストウォーリア 福永祐 石坂正 コーリンベリー
2014/07/13 3回中京4日 11 ダ1400m 1:22.6 ベストウォーリア 戸崎圭 石坂正 キョウワダッフィー
2013/07/07 3回中京4日 11 ダ1400m 1:21.9 アドマイヤロイヤル 四位洋 橋田満 セイクリムズン
2012/07/08 2回中京4日 11 ダ1400m 1:22.6 トシキャンディ 酒井学 天間昭 アドマイヤロイヤル
2011/07/10 4回京都4日 11 ダ1400m 1:22.1 シルクフォーチュン 藤岡康 藤沢則 ダノンカモン
2010/07/11 3回阪神8日 小雨 10 ダ1400m 1:21.8 ケイアイガーベラ 岩田康 平田修 サマーウインド
2009/07/12 3回阪神8日 10 ダ1400m 1:22.7 ランザローテ 武豊 池江泰 トーホウドルチェ

プロキオンステークス コース解析

中京競馬場 ダート1400m
中京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタート地点は2コーナー奥のポケット。ダートに入るまでの最初の約200mは芝を走る。構造は東京ダート1600mに似ている。最初のコーナーまで距離はあるが、芝スタートということもあってペースは早くなりやすい傾向。3コーナー手前から3~4コーナーを抜けるまでは下り坂が続き、最後の直線に上り坂がある。それでも逃げ・先行馬は簡単には止まらない。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 3 1:25.6 35.3 37.9 2.6 0 7 1 1
未勝利 6 1:26.7 35.2 38.9 3.7 2 8 7 1
500万 3 1:24.8 34.4 38.1 3.7 1 3 3 2
3歳 新馬 3 1:26.5 36.0 38.0 2.0 2 5 2 0
未勝利 38 1:25.9 35.0 38.5 3.5 21 57 30 6
500万 6 1:25.3 34.9 37.9 3.0 3 8 6 1
オープン 3 1:24.6 34.8 37.5 2.7 1 3 5 0
古馬 500万 55 1:24.8 34.9 37.7 2.8 21 56 70 18
1000万 10 1:23.8 34.6 37.3 2.7 4 14 9 3
1600万 7 1:23.6 34.8 36.8 2.0 3 7 6 5
オープン 5 1:22.3 34.1 36.6 2.5 1 4 6 4
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内(10.4.5.28)勝率21.3%、複勝率40.4%で単勝回収率232%と、他種牡馬を圧倒する成績。

期間内(4.0.4.9)複勝率47.1%と大暴れしている。

期間内(5.2.0.7)で勝率35.7%、複勝率50.0%、単勝回収率は262%。騎乗していた時は必ずチェックしておきたい。

期間内(3.2.3.9)複勝率47.1%と、堅実な成績を残している。

消しの法則

期間内(2.2.4.43)で勝率3.9%、単勝回収率10%と低調な成績だ。

出走数は多いが、期間内(1.3.1.34)で勝率2.6%。単勝回収率はわずか4%。

プロキオンステークス レース概要

1996年に創設。第1回は阪神ダート1400mで施行され、2000年から夏季に移行。2012年の番組改定により開催場が中京競馬場に変更となった。競走名の『プロキオン(Procyon)』はこいぬ座のアルファ星で、シリウス(おおいぬ座)、ベテルギウス(オリオン座)とともに「冬の大三角形」を形作る恒星。第1回の勝ち馬ナムラコクオーは3冠馬ナリタブライアンと同期で3歳時にNHK杯を勝利。屈腱炎と戦いながら高知で12歳まで走った。その後もこのレースからはブルーコンコルド、メイショウバトラー、ベストウォーリアなど多くの個性派を輩出している。
  • twitter
  • facebook
  • line