びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

other

  • 次走報

(GⅢ) 富士ステークス  特集

2018/10/20(土)4回東京6日目

サラ系3歳上オープン (国)(指) 別定 芝1600m 18頭 15:45発走

ネット新聞公開中

富士ステークス(GⅢ)ネット新聞は10/19(金)よる公開!

富士ステークス レース結果

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡4 安田記念 2 6
牡5 マイラーズC 1 3
牡4 大阪杯 9 12
牡6 札幌記念 9 15
牡6 京成杯AH 11 10
牡5 京成杯AH 2 3
牡6 京成杯AH 7 8
牝5 京成杯AH 3 2
牡5 京成杯AH 4 9
牡5 エプソムC 4 2
牝5 ヴィクトリア 7 3
牡3 東京優駿 11 17
牝5 ポートアイS 5 5
牡5 京成杯AH 10 7
牡6 京成杯AH 8 5
牡3 NHKマイル 4 6
2018年10月17日更新
馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡6 56.0 京成A 11 10
牡4 58.0 大阪杯 9 12
牡5 57.0 読売マ 1 3
牡7 56.0 中京記 10 10
牡6 57.0 東京新 4 8
牡6 56.0 京成A 8 5
牡3 54.0 東京優 11 17
牡5 56.0 京成A 10 7
牝5 54.0 ポート 5 5
牡5 56.0 エプソ 4 2
牡3 54.0 STV 1 1
牡5 57.0 京成A 4 9
牡4 59.0 安田記 2 6
牡6 56.0 札幌記 9 15
牡6 56.0 京成A 7 8
牝5 54.0 ヴィク 7 3
牡5 56.0 京成A 2 3
牝5 54.0 京成A 3 2
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡7 56.0 354.7 18 504(-8)
1 2 牡5 56.0 134.8 16 530(+2)
2 3 牝5 54.0 54.9 11 458(-6)
2 4 牡4 58.0 53.1 10 476(+8)
3 5 牡6 56.0 227.5 17 448(0)
3 6 牡5 57.0 4.1 1 478(0)
4 7 牡6 56.0 117.8 15 490(-2)
4 8 牡5 56.0 4.5 2 514(+2)
5 9 牡5 56.0 28.1 7 472(+8)
5 10 牡6 56.0 83.1 13 534(+4)
6 11 牝5 54.0 6.1 3 448(+2)
6 12 牡6 57.0 84.6 14 532(+6)
7 13 牡4 59.0 6.3 4 484(-6)
7 14 牝5 54.0 6.8 5 458(+10)
7 15 牡6 56.0 37.5 8 528(-2)
8 16 牡3 54.0 37.8 9 456(-2)
8 17 牡5 57.0 69.4 12 524(-8)
8 18 牡3 54.0 7.3 6 500(+12)

※2018年10月20日15時53分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 4 8 牡5 56.0 1:31.7 33.9 ②② 4.5 2 514(+2)
2 6 11 牝5 54.0 1:32.0 33.2 ⑭⑭ 6.1 3 448(+2)
3 7 14 牝5 54.0 1:32.0 ハナ 33.7 ⑦⑦ 6.8 5 458(+10)
4 3 6 牡5 57.0 1:32.1 1/2 33.9 ④⑥ 4.1 1 478(0)
5 7 13 牡4 59.0 1:32.2 3/4 33.8 ⑦⑨ 6.3 4 484(-6)
6 5 9 牡5 56.0 1:32.3 1/2 33.3 ⑯⑮ 28.1 7 472(+8)
7 8 17 牡5 57.0 1:32.4 1/2 33.4 ⑮⑮ 69.4 12 524(-8)
7 8 18 牡3 54.0 1:32.4 1/2 33.8 ⑪⑪ 7.3 6 500(+12)
9 6 12 牡6 57.0 1:32.4 クビ 34.3 ④④ 84.6 14 532(+6)
10 2 4 牡4 58.0 1:32.5 クビ 34.4 ④④ 53.1 10 476(+8)
11 8 16 牡3 54.0 1:32.7 11/4 33.5 ⑰⑰ 37.8 9 456(-2)
12 1 1 牡7 56.0 1:32.7 クビ 33.4 ⑱⑰ 354.7 18 504(-8)
13 3 5 牡6 56.0 1:32.7 ハナ 34.0 ⑪⑬ 227.5 17 448(0)
14 7 15 牡6 56.0 1:32.8 クビ 35.4 ①① 37.5 8 528(-2)
15 5 10 牡6 56.0 1:33.0 11/4 34.6 ⑦⑨ 83.1 13 534(+4)
16 2 3 牝5 54.0 1:33.0 クビ 34.7 ⑦⑦ 54.9 11 458(-6)
17 1 2 牡5 56.0 1:33.3 13/4 34.7 ⑪⑪ 134.8 16 530(+2)
18 4 7 牡6 56.0 1:33.8 35.8 ③③ 117.8 15 490(-2)

払い戻し

単勝 8 450円 馬単 8-11 1,880円
複勝 8
11
14
160円
200円
190円
ワイド 8-11
8-14
11-14
440円
520円
730円
枠連 4-6 1,140円 3連複 8-11-14 2,620円
馬連 8-11 1,110円 3連単 8-11-14 9,650円

富士ステークス特集 コンテンツ

富士ステークス ステップレース

  • 1

    京成杯AHC

    2018/9/9 中山11R 芝1600m

    1着
    ミッキーグローリー
    Cルメール(1人気)
    2着
    ワントゥワン
    戸崎圭太(3人気)
    3着
    ロジクライ
    浜中俊(2人気)
    1着 ミッキーグローリー(Cルメール騎手)

    「この馬に乗るのは2回目で、この前乗ったときは距離が長いように感じましたが、今日はマイルで合っていました。スタートしてからペースが速かったですし、リラックスして走れていました。3、4コーナー辺りから動いていって、長く良い脚を使ってくれました。良い競馬ができました」

  • 2

    安田記念A

    2018/6/3 東京11R 芝1600m

    1着
    モズアスコット
    Cルメール(9人気)
    2着
    アエロリット
    戸崎圭太(5人気)
    3着
    スワーヴリチャード
    Mデムーロ(1人気)
    1着 モズアスコット(Cルメール騎手)

    「ラスト200mは厳しい戦い。みな勝ちたかったからね。そんななか、きっちり抜け出せてうれしかった。連闘だったけど、今回もよくがんばってくれたね。フランケルの仔はテンションが高いが、経験を積みながら大人しくなった。レースはとても乗りやすいよ」

    1着 モズアスコット(矢作芳人調教師)

    「G1では2着が多く、ずいぶん悔しい思いをしていました。そのぶん、うれしいですね。特に東京で勝てたのは感激です。 先週の追い切りが終わった時点で、安田記念までに状態を上げきれないのではないかと感じました。連闘したからこそ、勝てたと思います。ジョッキーには『がんばってくれ』としか伝えませんでした。位置取りを見て、後ろすぎるかなと。直線はリスグラシュー、リアルスティールも気になり、集中できなかったとはいえ、あと100mで届くんじゃないかと確信しましたよ。デビューして、まだ1年経っていません。改めて、すごい馬だと思います。これまでの重賞でも敗因はつかんでいて、力負けではないとの自負がありました。まずは無事にと願っています。弱くてデビューが遅れただけに、今後の上昇度はすごいでしょうね。フランケル産駒ですし、世界的な種牡馬になってほしい。フランケルの牝はテンションの高さに泣かされるケースも多いのですが、この馬はオン・オフがしっかり付き、扱いやすい。連闘も容易です。いずれは世界を視野に入れたいですね。ただし、輸送もあり、時期は慎重に考えてから。秋は国内に専念する可能性が高いと思います」

  • 3

    読売マイラーズカップB

    2018/4/22 京都11R 芝1600m

    1着
    サングレーザー
    福永祐一(4人気)
    2着
    モズアスコット
    Cルメール(2人気)
    3着
    エアスピネル
    武豊(1人気)
    1着 サングレーザー(福永祐一騎手)

    「予想していたよりもペースは流れてくれました。ポジションはエアスピネルを見ながらでしたので、気にしていませんでした。初めて乗せてもらったときから、成長するのは4歳ごろかなと思っていました。そのとおり良くなってきたと感じています。決め脚はいいものがありますので、流れにスッと乗れればいいレースができる馬です。今回はすべてがうまくいきましたが、次はG1ですからね。スパッと切れる持ち味を磨いていきたいです」

富士ステークス 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/10/21 4回東京6日 11 芝1600m 1:34.8 エアスピネル 武豊 笹田和 イスラボニータ
2016/10/22 4回東京6日 11 芝1600m 1:34.0 ヤングマンパワー 戸崎圭 手塚貴 イスラボニータ
2015/10/24 4回東京6日 11 芝1600m 1:32.7 ダノンプラチナ 蛯名正 国枝栄 サトノアラジン
2014/10/25 4回東京6日 11 芝1600m 1:33.2 ステファノス 戸崎圭 藤原英 シャイニープリンス
2013/10/19 4回東京6日 11 芝1600m 1:33.5 ダノンシャーク 内田博 大久保 リアルインパクト
2012/10/20 4回東京6日 11 芝1600m 1:32.4 クラレント 岩田康 橋口弘 ファイナルフォーム
2011/10/22 4回東京6日 11 芝1600m 1:35.0 エイシンアポロン 田辺裕 松永昌 アプリコットフィズ
2010/10/23 4回東京5日 11 芝1600m 1:32.8 ダノンヨーヨー 北村友 音無秀 ライブコンサート
2009/10/24 4回東京5日 11 芝1600m 1:33.3 アブソリュート 田中勝 宗像義 マルカシェンク

富士ステークス コース解析

東京競馬場 芝1600m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

春のNHKマイルC、ヴィクトリアM、安田記念が行われる舞台。向こう正面の奥からスタートし、250m地点までは緩やかな下りが続く。3コーナーまでは約550mほどの直線でポジション争いはさほど激しくならず、枠順に有利不利も少ない。ただし、3コーナー手前でいったん坂を登るが、再度下りの状態でコーナーに突入するため、息を抜きたいはずのコーナーで息が抜けない。そのため1400mに比べ上がりが掛かる傾向がある。

マイル戦ながらスタミナ消耗戦になるコースで、このコースを逃げ切るにはスピードに加え、スタミナ、底力が必要となる。このコースが『中距離を走れるくらいのスタミナが要求される』と言われる所以だ。クラスが上がるほど逃げ一辺倒では難しくなる……はずだが、外差しが利きにくくなっている影響なのか、近年は安田記念(ロゴタイプ)、NHKマイルC(メジャーエンブレム、ミッキーアイル)など大舞台での逃げ切りも目立っている。とはいえ、基本は瞬発力を持つ、先行・差し馬が有利なコースだ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 43 1.37.2 36.9 34.8 -2.1 34.4 21 56 40 12
未勝利 31 1.35.9 35.8 35.2 -0.6 34.7 9 28 33 23
500万 6 1.35.1 35.7 34.8 -0.8 34.1 3 7 5 3
オープン 6 1.34.3 35.1 34.5 -0.6 33.7 1 6 9 2
3歳 新馬 4 1.37.2 37.1 34.5 -2.6 34.2 1 4 7 0
未勝利 42 1.35.2 35.4 35.3 -0.1 34.6 11 46 56 13
500万 14 1.34.6 35.6 34.3 -1.3 34.0 4 13 18 7
オープン 8 1.33.4 34.8 34.6 -0.2 34.4 4 4 12 4
混合 500万 32 1.34.3 35.5 34.9 -0.6 34.2 8 29 48 11
1000万 31 1.33.6 35.4 34.5 -1.1 34.0 10 32 32 19
1600万 20 1.33.6 35.4 34.5 -0.9 33.7 4 18 28 10
オープン 18 1.33.3 35.1 34.4 -0.7 33.8 6 11 26 11

買いの法則

三浦皇成
騎手
戦線離脱期間が長かったものの勝ち星は上位。【15.10.4.65】で連対率26.6%の成績を残している。今後の奮起にも期待だ。
萩原清
厩舎
馬券率がいずれも優れており、文句なしの成績。【10.7.5.19】で勝率24.4%、連対率41.5%、複勝率53.7%。平均人気も高いように、ここを狙って使ってくることが多いのだろう。
メイショウサムソン
産駒
以前に比べると、好走率のかげりも感じるが、自身の成績と比較すれば得意としている点は感じさせられる。【7.5.3.41】で連対率21.4%。2017年のヴィクトリアマイルでも産駒が2着に激走した。

消しの法則

柴田大知
騎手
G1を勝っている舞台だが期間内は【5-8-9-156】勝率2.8%・複勝率12.4%とひと息。
田中勝春
騎手
14年11月以降、勝利から遠ざかっている。【1-4-8-89】勝率1.0%・複勝率12.7%。
マンハッタンカフェ
産駒
平均人気は上位だが【3-7-9-67】勝率3.5%・複勝率22.1%と釣り合っていない。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

富士ステークス レース概要

1981年にジャパンカップが創設された際、同レースに出走する招待馬や地方代表候補馬が出走できる11月上旬に行われていた国際招待競走(1984年に富士Sと命名)が前身。その後、徐々にジャパンカップとの関連が薄れ、1997年に1400mへと短縮。当時は12月に行われていたスプリンターズSの前哨戦として位置付けられ、1998年に重賞へ格上げされた。2000年にスプリンターズSが秋の開催に移ると、こちらは10月に施行時期が移り、マイルCSの前哨戦に位置付けられ、2014年からは1着馬にマイルCSの優先出走権が与えられている。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line