びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

other

  • 有馬記念

(GⅠ) チャンピオンズカップ  特集

2018/12/2(日)4回中京2日目

サラ系3歳上オープン (国)(指) 定量 ダ1800m 15頭 15:30発走

ネット新聞公開中

チャンピオンズカップ(GⅠ)ネット新聞は12/1(土)よる公開!

チャンピオンズカップ レース結果

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡5 JBCクラシ 3 1
牡5 MCS南部杯 - 2
セ6 JBCクラシ 5 4
牡8 武蔵野S 4 6
牡3 MCS南部杯 - 1
牡6 白山大賞典 - 11
牡4 武蔵野S 1 1
牡7 JBCクラシ 14 6
牝4 JBCレディ 6 1
牡6 JBCクラシ 8 11
牡4 JBCクラシ 1 3
牡3 JBCクラシ 2 2
セ6 武蔵野S 3 7
牡5 武蔵野S 7 2
牡3 福島民友C 1 1
牡3 オークランド 1 1
2018年11月21日更新
馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡7 57.0 JBク 14 6
牡6 57.0 浦和記 - 4
牝4 55.0 JBレ 6 1
牡8 57.0 武蔵野 4 6
セ6 57.0 武蔵野 3 7
牡3 56.0 JBク 2 2
牡5 57.0 武蔵野 7 2
牡5 57.0 JBク 3 1
牡5 57.0 南部杯 - 2
牡4 57.0 JBク 1 3
牡4 57.0 武蔵野 1 1
牡6 57.0 JBク 8 11
牡6 57.0 霜月S 9 10
牡3 56.0 オーク 1 1
セ6 57.0 JBク 5 4
パヴェル 57.0 - -
牡3 56.0 福民友 1 1
牡6 57.0 白山大 - 11
牡7 57.0 エルム 14 11
牡3 56.0 南部杯 - 1
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牝4 55.0 40.1 9 486(+6)
2 2 牡3 56.0 1.9 1 490(+2)
2 3 牡4 57.0 27.3 7 496(---)
3 4 牡6 57.0 204.6 13 574(+5)
3 5 セ6 57.0 13.4 6 446(0)
4 6 牡7 57.0 296.0 15 524(-4)
4 7 牡4 57.0 10.0 5 538(+4)
5 8 牡5 57.0 5.0 2 528(+10)
5 9 牡4 57.0 8.2 3 522(+8)
6 10 牡6 57.0 251.8 14 532(0)
6 11 牡3 56.0 9.2 4 452(-2)
7 12 セ6 57.0 32.1 8 480(-2)
7 13 牡6 57.0 139.5 12 476(+4)
8 14 牡3 56.0 95.3 11 518(0)
8 15 牡8 57.0 75.5 10 506(+4)

※2018年12月2日15時43分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 2 2 牡3 56.0 1:50.1 35.6 ②②③③ 1.9 1 490(+2)
2 7 12 セ6 57.0 1:50.5 21/2 34.4 ⑮⑮⑮⑬ 32.1 8 480(-2)
3 5 9 牡4 57.0 1:50.5 クビ 35.9 ⑤⑤⑤⑤ 8.2 3 522(+8)
4 1 1 牝4 55.0 1:50.7 11/4 36.5 ①①①① 40.1 9 486(+6)
5 6 11 牡3 56.0 1:51.1 21/2 36.0 ⑧⑧⑪⑪ 9.2 4 452(-2)
6 4 7 牡4 57.0 1:51.2 クビ 35.8 ⑬⑬⑬⑬ 10.0 5 538(+4)
7 3 5 セ6 57.0 1:51.2 アタマ 35.7 ⑭⑭⑭⑮ 13.4 6 446(0)
8 7 13 牡6 57.0 1:51.2 クビ 36.3 ⑦⑦⑧⑦ 139.5 12 476(+4)
9 8 14 牡3 56.0 1:51.3 1/2 37.0 ②③②② 95.3 11 518(0)
10 4 6 牡7 57.0 1:51.5 11/2 36.8 ⑧⑧⑥⑥ 296.0 15 524(-4)
11 5 8 牡5 57.0 1:51.5 アタマ 36.7 ⑧⑧⑧⑦ 5.0 2 528(+10)
12 6 10 牡6 57.0 1:51.7 3/4 36.7 ⑪⑪⑩⑦ 251.8 14 532(0)
13 8 15 牡8 57.0 1:51.8 1/2 37.4 ④③③③ 75.5 10 506(+4)
14 3 4 牡6 57.0 1:51.8 ハナ 36.7 ⑫⑫⑪⑫ 204.6 13 574(+5)
15 2 3 牡4 57.0 1:51.8 クビ 37.1 ⑤⑤⑥⑦ 27.3 7 496(---)

払い戻し

単勝 2 190円 馬単 2-12 3,890円
複勝 2
12
9
110円
440円
200円
ワイド 2-12
2-9
9-12
930円
320円
2,140円
枠連 2-7 2,250円 3連複 2-9-12 6,090円
馬連 2-12 3,000円 3連単 2-12-9 27,310円

チャンピオンズカップ特集 コンテンツ

チャンピオンズカップ ステップレース

  • 1

    JBCクラシックA

    2018/11/4 京都11R ダ1900m

    1着
    ケイティブレイブ
    福永祐一(3人気)
    2着
    オメガパフューム
    和田竜二(2人気)
    3着
    サンライズソア
    Cルメール(1人気)
    1着 ケイティブレイブ(福永祐一騎手)

    「スタートをしてから周りの流れをみて競馬をしようと思いましたが、思いの外、前が飛ばしていたので、無理せず自分のリズムを守りました。窮屈な位置に入ると、持ち味を発揮できないところもあるので、外目のいいポジションをとれましたね。

    もともと個性的な逃げ馬でしたが、スタートでつまずいた帝王賞をきっかけに、色々な競馬ができるようになったところが今日の勝利に繋がったと思います。昔は2番手、3番手だとムキになって伸びきれないことがあったのですが、前走でそういった面も解消されて、なんでもできるようになりましたし、それが強みになりましたね。今日は体調も本当によかったです。去年も平安Sで5着に負けましたが、走破時計は悪くなかったので、(中央の砂は)心配していなかったです。

    無事ならばチャンピオンズカップに向かうことになると思いますが、そこではゴールドドリームやルヴァンスレーヴといったチャンピオンホースがでてきますからね。その2頭に立ち向かうにあたり相応しい勲章を今日は手にすることができたと思いますし、臆せずぶつかっていきたいです。

    ケイティブレイブはずっとコンビを組ませてもらって、特別な思いをもって接していた馬でもありますし、京都の舞台でG1を勝てたことは達成感が大きいです。今後はチャンピオンズC、ドバイなども視野に入りますし、早くから大きな舞台を見据えていた馬です。力をつけてステップアップしてくれているので、今後ますます楽しみです」

    1着 ケイティブレイブ(杉山晴紀調教師)

    「勝てるとは思っていましたが、本当に勝ててフワフワしています。中間、前走からの上積みをかなり感じていましたが、(プラス10kgの馬体重は)おそらく厩舎から南関東の競馬場まで、輸送でだいたい20kgほど減るので、今回は当日輸送で近郊の競馬場ということもあり、あまり気にしていなかったです。まずここは勝たないと、次(チャンピオンズC)に繋がらないと思っていました。仕上がりに自信を持っていましたし、勝ちたい気持ちの強いレースでした。

    福永ジョッキーが馬に教えてきたことは、そのレースの展開に応じて位置取りを決める、競馬をするということで、前走からそれもできるようになってきたことに手応えを感じていました。今日も前がやりあって、中団でジッとして最後に脚を伸ばしたようにはだんだんと板についてきたと思います。常々ジョッキーとはどんな展開でも、自分のリズムを崩さず、力を出せる馬になってほしいとは話していましたし、内容的にも嬉しいレースでしたね。

    中間は、地方は力のいる馬場で、京都はスピードを必要とされるので、そのエンジンになるトモの筋肉をパワーアップさせることを目的にやってきました。

    (目野厩舎から引き継いでのG1勝利に)既に引き継がせていただいたときからG1馬でしたし、プレッシャーも正直感じていたのですが、こういう舞台で勝てることができて嬉しいです。今までやってきたことが実になって嬉しいですし、目野先生や関係者の皆様にも感謝したいです」

  • 2

    武蔵野SC

    2018/11/10 東京11R ダ1600m 1着優先

    1着
    サンライズノヴァ
    戸崎圭太(1人気)
    2着
    クインズサターン
    四位洋文(7人気)
    3着
    ナムラミラクル
    Cルメール(2人気)
    1着 サンライズノヴァ(戸崎圭太騎手)

    「前走よりはゲートを出てくれましたが、芝のところでモタつきがあって後方からになりました。最後は良い脚を持っていますし、ペース云々よりもこの馬のリズムで走らせて最後に脚を使わせようと思っていました。よく伸びてくれますし、本当にすごい馬です。毎回しっかり走ってくれて頭が下がる思いですし、重賞を勝てて嬉しいです。能力のある馬ですし、それをG1でも発揮できれば良いですね」

  • 3

    MCS南部杯

    2018/10/8 盛岡11R

    1着
    ルヴァンスレーヴ
    Mデムーロ(2人気)
    2着
    ゴールドドリーム
    Cルメール(1人気)
    3着
    メイショウウタゲ
    酒井学(5人気)
  • 4

    JBCレディスクラシA

    2018/11/4 京都12R ダ1800m

    1着
    アンジュデジール
    横山典弘(6人気)
    2着
    ラビットラン
    Mデムーロ(1人気)
    3着
    ファッショニスタ
    大野拓弥(5人気)
    1着 アンジュデジール(横山典弘騎手)

    「返し馬から前走より良くなってると感じてた。流れも早くなると思ってたし、展開も読み通り。いい位置にはまってくれたし、4角手前では『ラビットランとマッチレースかな』と思った。一度は出られたけど、最後はよく盛り返してくれた。ホント、勝てて良かった」

チャンピオンズカップ 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/12/03 4回中京2日 11 ダ1800m 1:50.1 ゴールドドリーム Rムー 平田修 テイエムジンソク
2016/12/04 4回中京2日 11 ダ1800m 1:50.1 サウンドトゥルー 大野拓 高木登 アウォーディー
2015/12/06 4回中京2日 11 ダ1800m 1:50.4 サンビスタ Mデム 角居勝 ノンコノユメ
2014/12/07 4回中京2日 11 ダ1800m 1:51.0 ホッコータルマエ 幸英明 西浦勝 ナムラビクター
2013/12/01 5回阪神2日 11 ダ1800m 1:50.4 ベルシャザール Cルメ 松田国 ワンダーアキュート
2012/12/02 5回阪神2日 11 ダ1800m 1:48.8 ニホンピロアワーズ 酒井学 大橋勇 ワンダーアキュート
2011/12/04 6回阪神2日 11 ダ1800m 1:50.6 トランセンド 藤田伸 安田隆 ワンダーアキュート
2010/12/05 5回阪神2日 11 ダ1800m 1:48.9 トランセンド 藤田伸 安田隆 グロリアスノア
2009/12/06 5回阪神2日 11 ダ1800m 1:49.9 エスポワールシチー 佐藤哲 安達昭 シルクメビウス
2008/12/07 5回阪神2日 11 ダ1800m 1:49.2 カネヒキリ Cルメ 角居勝 メイショウトウコン

チャンピオンズカップ コース解析

中京競馬場 ダート1800m
中京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

ホームストレッチの上り坂途中からスタート。前半は他のコースに比べてクラスごとの平均ラップに差がない。向こう正面は下りで最後の直線に再び上り坂とアップダウンが激しいため、スタミナを持つ先行馬が圧倒的に有利。G1のチャンピオンズCは先行争いが激しく、差し&追い込み馬の台頭もある。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 4 1.57.5 38.8 38.6 -0.2 38.2 2 4 6 5
未勝利 12 1.56.0 37.8 38.8 1.0 38.5 4 21 9 2
3歳 未勝利 91 1.55.4 37.8 38.5 0.7 38.2 53 130 77 13
500万 1 1.53.0 37.8 37.0 -0.8 37.0 1 2 0 0
混合 500万 118 1.54.1 37.7 38.1 0.4 37.7 60 154 103 37
1000万 13 1.51.8 36.8 37.7 0.9 37.2 4 18 12 5
1600万 5 1.50.7 37.4 36.4 -1.0 36.3 4 8 3 0
オープン 12 1.51.0 36.7 37.4 0.7 36.7 4 13 12 7

買いの法則

マンハッタンカフェ
産駒
出走頭数多い種牡馬の中で【13-12-8-73】は優秀。
単勝回収値151で穴も狙える。。

消しの法則

国分 恭介
騎手
【0-1-3-36】で連対率2.5%、複勝率10%。

~その他のPOINT~
・他場の1800mよりもテンが遅くなりやすい
・下級条件でテン3ハロン36秒台ならかなり厳しいペース


集計は2013年~2016年/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

チャンピオンズカップ レース概要

2000年にジャパンカップダートとして創設された日本初のダート国際競走。東京2100mでスタートし、その後、2008年に施行場が阪神1800mに変わり、2014年から『チャンピオンズカップ』と改名されて中京1800mで行われている。交流G1のJBCクラシック、このチャンピオンズC、そして暮れの東京大賞典はダート王を決めるに相応しいハイレベルのレースとなっており、近年は外国馬の再戦がないのは寂しいが、勝ち馬には時代を彩った名馬がズラリと並んでいる。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line