新規会員登録

PR

(GⅠ) 高松宮記念  特集

2021/3/28(日)2回中京6日目

サラ系4歳上オープン (国)(指) 定量 芝1200m 18頭 15:40発走

【高松宮記念2021 予想まとめ】「スプリント路線組vsマイル路線組」どっちが勝つ!? アンカツほか強力予想陣が選ぶ本命&穴馬候補/出走予定馬/想定騎手/馬券攻略法

3/28(日)中京11Rで第51回 高松宮記念(G1、芝1200m) が行われます!今年も「スプリント路線組vsマイル路線組」の構図。昨年香港スプリントを制したダノンスマッシュ、連覇を狙うモズスーパーフレアは短距離界トップクラスの実力馬です。マイル組からはレシステンシアインディチャンプといったG1馬が多数参戦してきました。本当に買える馬はどれか!? さまざまな角度から分析していきましょう!

高松宮記念 レース結果

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡6 香港スプリン - 1
牡6 阪急杯 3 4
牝6 シルクロード 1 17
牡8 シルクロード 15 5
牝5 阪急杯 2 5
牝6 阪神カップ 5 4
牡4 シルクロード 2 3
牡7 京阪杯 2 14
牝4 阪神カップ 6 2
牡6 シルクロード 3 2
牡6 阪急杯 8 15
牡7 オーシャンS 5 8
牡6 シルクロード 4 1
牝5 オーシャンS 12 15
牡5 阪急杯 10 2
牡6 シルクロード 5 15
牝7 スプリンター 12 7
牡5 名鉄杯 2 15
2021年3月10日更新
馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牝5 55.0 オーシ 7 11
牝5 55.0 オーシ 4 12
セ8 57.0 オーシ 9 9
牡6 57.0 阪急杯 3 4
牝5 55.0 下関S 4 1
牝5 55.0 オーシ 12 15
牡6 57.0 阪急杯 8 15
牡5 57.0 名鉄杯 2 15
牝6 55.0 阪神C 5 4
牡6 57.0 シルク 4 1
牡8 57.0 シルク 15 5
牡7 57.0 オーシ 8 6
牡6 57.0 香港S - 1
牝5 55.0 阪急杯 2 5
牡6 57.0 シルク 5 15
牝4 55.0 阪神C 6 2
牡5 57.0 阪急杯 10 2
牝7 55.0 スプリ 12 7
牝6 55.0 シルク 1 17
牡6 57.0 シルク 3 2
牡4 57.0 シルク 2 3
牝4 55.0 阪急杯 1 1
牡7 57.0 京阪杯 2 14
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牝5 55.0 114.1 15 480(+4)
1 2 牡7 57.0 39.4 10 480(+4)
2 3 牡6 57.0 6.5 4 510(+4)
2 4 牝6 55.0 13.5 6 498(-2)
3 5 牡7 57.0 164.2 18 532(+10)
3 6 牝5 55.0 24.2 8 470(-6)
4 7 セ8 57.0 157.8 17 486(0)
4 8 牝5 55.0 85.4 12 452(+2)
5 9 牡6 57.0 6.3 3 478(-6)
5 10 牡4 57.0 7.1 5 512(0)
6 11 牡6 57.0 113.0 14 506(+2)
6 12 牡8 57.0 88.0 13 504(+4)
7 13 牡6 57.0 138.4 16 476(-6)
7 14 牡6 57.0 6.0 2 472(+3)
7 15 牝4 55.0 31.5 9 452(+2)
8 16 牝4 55.0 2.9 1 506(-2)
8 17 牝6 55.0 23.8 7 462(+6)
8 18 牡5 57.0 50.3 11 480(+4)

※2021年3月28日15時47分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 14 牡6 57.0 1:09.2 34.3 ⑩⑨ 6.0 2 472(+3)
2 8 16 牝4 55.0 1:09.2 クビ 34.5 ⑥⑦ 2.9 1 506(-2)
3 5 9 牡6 57.0 1:09.3 クビ 34.5 ⑪⑨ 6.3 3 478(-6)
4 7 13 牡6 57.0 1:09.4 3/4 34.4 ⑪⑫ 138.4 16 476(-6)
5 2 4 牝6 55.0 1:09.5 1/2 35.4 ①① 13.5 6 498(-2)
6 8 17 牝6 55.0 1:09.6 3/4 34.8 ⑥⑨ 23.8 7 462(+6)
7 4 8 牝5 55.0 1:09.6 クビ 34.3 ⑯⑰ 85.4 12 452(+2)
8 7 15 牝4 55.0 1:09.6 アタマ 34.5 ⑬⑬ 31.5 9 452(+2)
9 6 12 牡8 57.0 1:09.7 クビ 35.2 ②③ 88.0 13 504(+4)
10 8 18 牡5 57.0 1:09.8 3/4 34.7 ⑬⑬ 50.3 11 480(+4)
11 3 5 牡7 57.0 1:09.8 ハナ 34.6 ⑮⑮ 164.2 18 532(+10)
12 3 6 牝5 55.0 1:10.0 35.6 ②② 24.2 8 470(-6)
13 4 7 セ8 57.0 1:10.1 1/2 34.9 ⑯⑮ 157.8 17 486(0)
14 5 10 牡4 57.0 1:10.1 アタマ 35.6 ②③ 7.1 5 512(0)
15 6 11 牡6 57.0 1:10.2 3/4 35.5 ⑥⑦ 113.0 14 506(+2)
16 1 1 牝5 55.0 1:10.4 11/4 35.0 ⑱⑱ 114.1 15 480(+4)
17 2 3 牡6 57.0 1:10.9 36.3 ⑥⑤ 6.5 4 510(+4)
18 1 2 牡7 57.0 1:11.3 21/2 36.7 ⑤⑤ 39.4 10 480(+4)

払い戻し

単勝 14 600円 馬単 14-16 2,170円
複勝 14
16
9
210円
140円
190円
ワイド 14-16
9-14
9-16
430円
680円
450円
枠連 7-8 710円 3連複 9-14-16 2,200円
馬連 14-16 1,010円 3連単 14-16-9 9,770円

高松宮記念 レースのポイント

ダノンスマッシュほか有力馬分析!

ダノンスマッシュ (想定1番人気)
昨年暮れの香港スプリントを制覇。帰国後も順調に調整が進められているようだ。高松宮記念は昨年、一昨年と人気を裏切っているレース。今年は前哨戦を使わないローテーションに変更してきた。念願の国内G1制覇に向け、最終追い切りでどのような動きを見せるか注目したい。

レシステンシア (想定2番人気)
前走の阪急杯をコースレコードで快勝した。これまで披露してきた圧巻のスピードが、初のスプリント戦でも通用するか。また今回は北村友騎手がドバイシーマクラシックに出走するクロノジェネシスに騎乗するため、武豊騎手と桜花賞2着以来の再コンビとなる。
※3月22日追記:騎乗予定だった武豊騎手が負傷のため、浜中騎手での参戦が発表されました。

インディチャンプ (想定3番人気)
一昨年に安田記念、マイルCSを制覇したマイル王者も初の1200m戦に臨む。1400m戦に使った近2走は中団追走から直線で差を詰めるも阪神カップが3着、阪急杯が4着止まりだった。今回は1200m戦でさらにペースが速くなることが予想され、位置取りがポイントになりそうだ。

モズスーパーフレア (想定4番人気)
昨年は持ち前の逃げで悲願のG1タイトルを掴んだ。前走のシルクロードSは1番人気に推されたものの、荒れた馬場が堪えたか17着に大敗。成績がムラで展開や馬場状態に左右されやすいタイプも、常に警戒しておかなければならない存在だ。

◆侮れない逆転候補!
阪急杯5着からの巻き返しを狙うダノンファンタジーも、初の1200m戦で変身する可能性を秘める。前走シルクロードSで1200mに対応したラウダシオンは、自身2つ目のG1タイトルを目指す。昨年の高松宮記念で1着入線しながら降着で涙をのんだクリノガウディーなど、一発の魅力を秘める馬も多い。

高松宮記念 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2020/03/29(日)  晴 重 中京芝1200m 18頭
1 16 モズスーパーフレア 牝5 9 55.0 松若風 音無秀 494(0) --①① 1:08.7 34.5 Speightst BelongtoM シルク 4
2 8 グランアレグリア 牝4 2 55.0 池添謙 グランアレグリア --⑬⑫ ハナ 33.1 藤沢和 486(+12) ディープインパクト Tapit 阪神C 1
3 3 ダイアトニック 牡5 4 57.0 北村友 ダイアトニック --④④ アタマ 33.7 安田隆 472(+2) ロードカナロア サンデーサイレンス 阪急杯 3
単勝
3,230
3複 ③⑧⑯
22,830
馬連 ⑧⑯
9,150
3単 ⑯⑧③
217,720
2019/03/24(日)  晴 良 中京芝1200m 18頭
1 3 ミスターメロディ 牡4 3 57.0 福永祐 藤原英 492(-4) --④⑤ 1:07.3 33.6 ScatDaddy DeputyMin 阪急杯 7
2 4 セイウンコウセイ 牡6 12 57.0 幸英明 セイウンコウセイ --③② 1/2 33.9 上原博 504(-4) アドマイヤムーン Capote シルク 15
3 7 ショウナンアンセム 牡6 17 57.0 藤岡康 ショウナンアンセム --⑬⑪ アタマ 33.4 田中剛 490(0) ジャングルポケット クロフネ オーシ 5
単勝
780
3複 ③④⑦
870,740
馬連 ③④
30,530
3単 ③④⑦
4,497,470
2018/03/25(日)  晴 良 中京芝1200m 18頭
1 9 ファインニードル 牡5 2 57.0 川田将 高橋義 480(-8) --⑥⑥ 1:08.5 34.5 アドマイヤムーン MarkofEst シルク 1
2 8 レッツゴードンキ 牝6 3 55.0 岩田康 レッツゴードンキ --⑧⑥ ハナ 34.6 梅田智 500(+8) キングカメハメハ マーベラスサンデー フェブ 5
3 7 ナックビーナス 牝5 10 55.0 三浦皇 ナックビーナス --⑥⑥ 1/2 34.7 杉浦宏 522(-4) ダイワメジャー MoreThanR オーシ 2
単勝
550
3複 ⑦⑧⑨
15,910
馬連 ⑧⑨
1,690
3単 ⑨⑧⑦
60,450

高松宮記念 馬券攻略法

本当にマイル路線組が有利?

今年の高松宮記念(G1、中京芝1200m)は、G1馬7頭を含む超豪華メンバーが集結!

その中でも上位人気が予想されるインディチャンプダノンファンタジーレシステンシアは今回が初めての1200m戦。1400mや1600mで強くても、ペースが違うスプリント戦でも能力を発揮できるのでしょうか?

今年の最大のポイントは『高松宮記念が初の1200m戦だったマイルG1勝ち馬は好走できるのか?』。過去の成績を洗ってみたところ、意外な事実が判明します!

▼初1200mだったマイルG1馬(過去10年)
20年グランアレグリア  2着(2人気)
  ステルヴィオ    9着(7人気)

16年レッツゴードンキ  8着(10人気)

15年ミッキーアイル   3着(2人気)

※参考 (過去20年まで)
06年ラインクラフト   2着(2人気)

04年ウインクリューガー 13着(10人気)

02年スティンガー    3着(4人気)

該当馬は過去10年でわずか4頭。過去20年まで振り返っても7頭しか出走していません。

そして『高松宮記念が初の1200m戦だったマイルG1馬』は、1頭も勝っていないのです!

ただし、馬券になった馬には共通点がありました。2020年2着グランアレグリアは前走阪神Cを勝利。15年3着ミッキーアイルは阪急杯2着と、直近の芝1400m重賞で連対していました。

反対に高松宮記念で好走できなかった20年9着ステルヴィオ、16年8着レッツゴードンキは、どちらも前走の阪急杯で馬券外に敗れていました。

以上のように、過去のデータからは『高松宮記念が初の1200m戦だったマイルG1馬』は2~3着まで。今年のメンバーで「直近の芝1400m重賞で連対」という好走条件を満たしているのは、阪急杯をレコード勝ちしたレシステンシアのみです!

激走パターン該当馬を発見!

G1勝ち馬7頭を始め、混戦模様の高松宮記念(G1、中京芝1200m)。「予想が難しい……」と悩んでいませんか?

しかし、過去5年を振り返ると意外でカンタンな共通点を発見しました。

好走馬の前走レースが「シルクロードS」「阪急杯」「オーシャンS」のほぼ3レースに絞られるんです!

▼前走レース別成績(過去5年)
シルクロードS[4-1-0-12]複勝率29.4%
阪急杯 [1-1-1-15]複勝率16.7%
オーシャンS [0-0-3-32]連対率 8.6%

▼前走シルクロードSの好走馬
20年1着 モズスーパーフレア (9人気)前走4着
19年2着 セイウンコウセイ (12人気)前走15着
18年1着 ファインニードル  (2人気)前走1着
17年1着 セイウンコウセイ  (5人気)前走2着
16年1着 ビッグアーサー   (1人気)前走5着

驚くべきことに、前走シルクロードS組が過去5年で4勝!2016~18年の3連勝を始め、5年連続で連対馬が出ています。

このうち勝ち馬4頭はすべて『前走シルクロードSで1~5着』。またビッグアーサー以外は『前走4コーナー1~5番手』の逃げ・先行タイプでした。

さらに今年は、シルクロードSが高松宮記念と同舞台の中京芝1200mで行われた点もポイントでしょう(京都競馬場が改修工事中のため)。

今年のメンバーで『前走シルクロードSで1~5着』『4コーナー1~5番手』に該当するのは、以下の3頭です。

ライトオンキュー (前走2着、4角5番手)
ラウダシオン   (前走3着、4角4番手)
セイウンコウセイ (前走5着、4角3番手)

毎年のように人気を問わず馬券に絡む「激走パターン」をお忘れなく!

勝負気配が漂う逆転候補!

高松宮記念(G1、芝1200m)には、現在3年連続で勝ち馬を輩出している『プラチナ条件』があります。

必見の『プラチナ条件』とは、最終追い切りが「単走」+「1週前追い、最終追いとも騎手が騎乗」です。

▼『プラチナ条件』に該当した好走馬(過去5年)

2020年
1着モズスーパーフレア 栗東坂路 単走 松若騎手

2019年
1着ミスターメロディ  栗東芝  単走 福永騎手

2018年
1着ファインニードル  栗東坂路 単走 川田騎手

わずかな出遅れなどが結果を大きく左右するスプリントG1だけに、本番を想定しながら騎手が乗って入念に調整された馬が好結果を出しているのでしょう。

今年、最終追い切りが「単走」+「1週前追い、最終追いとも騎手が騎乗」に該当にする馬は、以下の3頭です。

サウンドキアラ  栗東坂路 単走 松山騎手

カツジ      栗東CW  単走 中井騎手

ラウダシオン   栗東CW  単走 M.デムーロ騎手

人気どころに該当馬はおらず、妙味十分の穴馬が『プラチナ条件』をクリア。押えておいて損はないでしょう!

名騎手・アンカツの決断!

2020年のG1予想も毎週のようにヒット連発!

春のG1開幕戦、高松宮記念(G1、中京芝1200m)を、2003年ビリーヴで勝利した「アンカツ」こと安藤勝己さんが、元ジョッキーの視点から予想します!

☆ポイント☆馬場状態とマイル路線組の取捨

今年の高松宮記念は、中京の芝が例年より使い込まれているのがポイントだね。

京都競馬場が改修工事中で、年明けに中京が使われた。その前回からほとんど間を置かずに開催が始まっとるし、先週日曜は大雨で不良まで悪化した。

Bコース替わりでも芝は掘り返されて少なからずダメージがあると思うから、馬場状態がカギになるのは間違いないやろ。

連続開催でパワーが必要な馬場になれば、生粋のスプリンターよりも、前走で1400~1600mを使っていた「マイル路線組」が狙い目になる。

最近の高松宮記念はもともと1200m中心で走っていた馬より、マイルで好走していた馬の活躍が目立つしな。

雨が降って道悪にでもなれば、なおさらマイル組が有利になる。

▼マイル路線組の主な好走馬(過去5年)
20年2着 グランアレグリア (2人気)
→前走阪神C(阪神芝1400m)1着

 同3着 ダイアトニック  (3人気)
→前走阪急杯(阪神芝1400m)3着

19年1着 ミスターメロディ (3人気)
→前走阪急杯(阪神芝1400m)7着

18年3着 レッツゴードンキ (3人気)
→前走フェブラリーS(東京ダ1600m)5着

17年2着 レッツゴードンキ (3人気)
→前走京都牝馬S(京都芝1400m)1着

16年2着 ミッキーアイル  (2人気)
→前走阪急杯(阪神芝1400m)1着

2016年2着ミッキーアイルは、マイルCSとNHKマイルCを勝っとる。2年連続好走のレッツゴードンキ、去年2着のグランアレグリアは桜花賞馬やし、グランは高松宮記念の後に安田記念とマイルCSを制したくらいやからね。

あとは直近の成績も重要。さっき名前を挙げた6頭のうち5頭は前走でも掲示板には載っていた。

私が注目している馬は、近年の傾向にピッタリ合致しとる。特に穴で面白いと思っている馬は、世間では驚くほど人気がなさそうやね(笑い)。馬券に絡めば好配当も狙えそうや。

現役時代にビリーヴで勝利!G1レース通算22勝の名ジョッキー・アンカツこと安藤勝己さんがズバリ予想!高松宮記念の最終結論◎○▲は、無料で限定公開中です↓↓

アンカツ予想を無料でゲットする⇒

強力予想陣の本命&穴馬は?

3月28日、中京競馬場で高松宮記念(G1、芝1200m)が行われます!皆さんの予想は決まりましたか?

G1でヒットを連発する「アンカツ」こと安藤勝己さんをはじめ、レジェンド予想陣が選んだ自信の本命馬◎が揃いました! 総勢12人のプロたちから最も支持を集めたのは……!? 本命は決まったアナタも、相手で迷っているアナタも、予想の参考にしてみてください!

本命◎ ⑯レシステンシア 4/9人中
元JRA調教師・小原伊佐美

元JRA騎手・吉沢宗一

坂路王

地獄耳トラックマン・古川幸弘

本命◎ ⑭ダノンスマッシュ 2/9人中
元JRA騎手・増沢末夫

元JRA騎手・東信二

本命◎ ③ライトオンキュー 2/9人中
元JRA騎手・谷中公一

重賞データFILE

本命◎ ⑨インディチャンプ 1/9人中
大島麻衣

▼大人気予想家の◎本命馬◎も要チェック▼
アンカツ

水上学

やーしゅん

高松宮記念特集 コンテンツ

高松宮記念 コース解析

中京競馬場 芝1200m
中京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

高松宮記念 レース概要

1971年に「高松宮杯」の名でスタート。春の中距離路線の締めくくる一戦として勝ち馬にはハイセイコー、トウショウボーイ、オグリキャップといった歴史的名馬や1990年代の名脇役ナイスネイチャ、マチカネタンホイザらの個性派も名を連ねている。1996年より施行距離を1200mと変更してローカル競馬場では初めてG1に昇格。1998年に『高松宮記念』と名称も変わり、現在では本格的な春のG1シーズン到来を告げる一戦として定着している。
  • twitter
  • facebook
  • line