びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

(GⅠ) 大阪杯  特集

2020/4/5(日)阪神

サラ系4歳上  芝2000m  

ウェブ新聞公開中

大阪杯(GⅠ)ウェブ新聞は4/4(土)よる公開!

大阪杯特集 コンテンツ

  • 04月04日(土)
    19時頃公開

    【】メガ盛WEB新聞

    2020/04/04(土)

    全重賞レースの注目馬&予想に役立つデータが満載!
  • 04月04日(土)
    19時頃公開

    水上学の血統トレジャーハンティング

    2020/04/04(土)

    東大卒の天才が勝利へ導く!
  • 04月04日(土)
    17時頃公開

    大島の麻衣STYLE

    2020/04/04(土)

    ドバイで日本馬の2勝という快挙を見届けた勝利の女神!
  • 03月29日(日)
    18時頃公開

    馬体FOCUS

    2020/03/29(日)

    馬体診断のイチオシ+特注馬!
  • 04月04日(土)
    19時頃公開

    坂路王

    2020/04/04(土)

    馬券になる好調教馬をピックアップ!
  • 03月30日(月)
    19時頃公開

    重賞データファイル

    2020/03/30(月)

    あなたが選ぶ本命馬はこのデータをかいくぐれるか?
  • 03月29日(日)
    19時頃公開

    コースデータ超分析

    2020/03/29(日)

    買い or 消しの法則&注目馬を見逃すな!
  • 04月02日(木)
    18時頃公開

    社台&ノーザン軍団+外厩を攻略!

    2020/04/02(木)

    社台&ノーザン軍団+外厩を攻略!
  • 04月01日(水)
    17時頃公開

    ザ・インタビューSP

    2020/04/01(水)

    有力馬陣営を直撃インタビュー!
  • 04月05日(日)
    18時頃公開

    過去10年成績一覧

    2020/04/05(日)

    過去10年の成績・前走・血統傾向一覧を掲載

大阪杯 想定

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡4 日経新春杯 1 7
2020年2月13日更新

大阪杯 ステップレース

大阪杯 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2019/03/31 2回阪神4日 11 芝2000m 2:01.0 アルアイン 北村友 池江泰 キセキ
2018/04/01 2回阪神4日 11 芝2000m 1:58.2 スワーヴリチャード Mデム 庄野靖 ペルシアンナイト
2017/04/02 2回阪神4日 11 芝2000m 1:58.9 キタサンブラック 武豊 清水久 ステファノス
2016/04/03 2回阪神4日 11 芝2000m 1:59.3 アンビシャス 横山典 音無秀 キタサンブラック
2015/04/05 2回阪神4日 11 芝2000m 2:02.9 ラキシス Cルメ 角居勝 キズナ
2014/04/06 2回阪神4日 11 芝2000m 2:00.3 キズナ 武豊 佐々木 トウカイパラダイス
2013/03/31 2回阪神4日 11 芝2000m 1:59.0 オルフェーヴル 池添謙 池江泰 ショウナンマイティ
2012/04/01 2回阪神4日 11 芝2000m 2:05.5 ショウナンマイティ 浜中俊 梅田智 フェデラリスト
2011/04/03 2回阪神4日 11 芝2000m 1:57.8 ヒルノダムール 藤田伸 昆貢 ダークシャドウ
2010/04/04 2回阪神4日 10 芝2000m 1:59.5 テイエムアンコール 浜中俊 柴田政 ゴールデンダリア

大阪杯 コース解析

阪神競馬場 芝2000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

内回りコース使用。スタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325m。スタート直後に上り坂があるため、あまりペースは速くならない。ただし、内回りコースのためか、外回りの1600mや1800mほど瞬発力勝負にはならず、むしろゴール前の坂を力強く越えられるタフさが要求される。

基本は逃げ・先行有利となっており、古馬の上級条件でも馬券の中心は先行馬。枠順、メンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙いたい。そこに穴馬が隠れているかも。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 15 11 14 23 23.8% 139.8%
    2 13 4 2 18 35.1% 97.6%
    3 9 7 3 26 20.0% 97.3%
    4 8 8 8 32 14.3% 105.9%
    5 7 11 4 24 15.2% 60.4%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 10 6 5 19 25.0% 149.8%
    2 7 2 1 25 20.0% 156.0%
    3 6 7 5 12 20.0% 67.3%
    4 6 4 0 21 19.4% 48.4%
    5 5 4 3 8 25.0% 49.0%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 26 16 18 139 13.1% ---
    2 5 18 19 11 120 10.7% ---
    3 2 13 10 10 109 9.2% ---
    4 6 16 15 19 138 8.5% ---
    5 3 12 17 11 109 8.1% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

期間内(13.16.7.71)で勝ち星は全体3位。単勝回収率124%、複勝回収率110%と期待値も高い。

(6.1.0.12)の成績で勝率3割を超える。しかも勝ち星はすべて違う馬で挙げており、単勝回収率は365%。

(17.17.8.85)で連対率26.8%、複勝率33.1%。

消しの法則

(0.1.1.22)で複勝率8.3%と低調。

(0.2.0.26)と結果が出ていない。

チャレンジCのポイント

芝2000mに戻った2017年以降、3着以内に入った6頭のうち5頭が4コーナーで6番手より前にいた先行タイプ。コーナー4つの小回りが得意で、自身の上がりが34秒台中盤より遅いレースでパフォーマンスを上げる馬が狙い。ブラックスピネルは同コースの鳴尾記念で2着。直線が長く、速い上がりが必要な新潟芝2000mでは着順を落としている点からも、コース替わりで上昇が期待できる。

大阪杯 レース概要

1957年に阪神競馬場の芝1800mで行われる「大阪盃競走」として創設。1964年に「サンケイ大阪杯」、1989年より「産経大阪杯」と改称され、距離は今では見ることが出来ない1850m、1900mへの変遷を経て、1972年より現在の芝2000mに定着。そして2017年にG1へ昇格し「大阪杯」と新たな歴史をスタートさせた。長く天皇賞のステップレースとされ、過去の勝ち馬には中・長距離路線で競馬史に燦然と輝く名馬が数多く見られ、桜花賞を前に「仁川に春を呼ぶレース」として関西のファンに親しまれている。
  • twitter
  • facebook
  • line