びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅡ) 毎日放送賞スワンS  特集

2018/10/27(土)4回京都8日目

サラ系3歳上オープン (国)(指) 別定 芝1400m 11頭 15:35発走

ネット新聞公開中

毎日放送賞スワンS(GⅡ)ネット新聞は10/26(金)よる公開!

毎日放送賞スワンS レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡5 56.0 154.6 11 446(+6)
2 2 牡5 56.0 27.3 6 456(+4)
3 3 牡6 56.0 13.9 4 514(+6)
4 4 牝4 54.0 21.9 5 454(-8)
5 5 牡6 56.0 38.7 8 466(-6)
6 6 牝4 54.0 12.4 3 492(+12)
6 7 牡5 56.0 63.9 9 500(+2)
7 8 牡5 56.0 5.6 2 458(-2)
7 9 牡7 56.0 32.6 7 512(+10)
8 10 牡4 58.0 1.3 1 492(+10)
8 11 牡7 56.0 70.9 10 504(+2)

※2018年10月27日15時42分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 8 牡5 56.0 1:21.5 34.2 ⑩⑩ 5.6 2 458(-2)
2 8 10 牡4 58.0 1:21.5 ハナ 34.5 ⑦⑧ 1.3 1 492(+10)
3 5 5 牡6 56.0 1:21.6 1/2 35.1 ⑤④ 38.7 8 466(-6)
4 3 3 牡6 56.0 1:21.6 クビ 35.3 ③② 13.9 4 514(+6)
5 8 11 牡7 56.0 1:22.2 31/2 35.7 ③④ 70.9 10 504(+2)
6 4 4 牝4 54.0 1:22.2 ハナ 35.2 ⑦⑧ 21.9 5 454(-8)
7 6 6 牝4 54.0 1:22.2 ハナ 36.2 ①① 12.4 3 492(+12)
8 6 7 牡5 56.0 1:22.5 13/4 36.2 ②② 63.9 9 500(+2)
9 1 1 牡5 56.0 1:22.8 35.4 ⑪⑩ 154.6 11 446(+6)
10 2 2 牡5 56.0 1:22.8 クビ 35.9 ⑦⑥ 27.3 6 456(+4)
11 7 9 牡7 56.0 1:22.9 1/2 36.1 ⑤⑥ 32.6 7 512(+10)

払い戻し

単勝 8 560円 馬単 8-10 1,090円
複勝 8
10
5
130円
110円
300円
ワイド 8-10
5-8
5-10
180円
1,210円
480円
枠連 7-8 280円 3連複 5-8-10 1,760円
馬連 8-10 320円 3連単 8-10-5 9,820円

毎日放送賞スワンS特集 コンテンツ

毎日放送賞スワンS ステップレース

  • 1

    安田記念A

    2018/6/3 東京11R 芝1600m

    1着
    モズアスコット
    Cルメール(9人気)
    2着
    アエロリット
    戸崎圭太(5人気)
    3着
    スワーヴリチャード
    Mデムーロ(1人気)
    1着 モズアスコット(Cルメール騎手)

    「ラスト200mは厳しい戦い。みな勝ちたかったからね。そんななか、きっちり抜け出せてうれしかった。連闘だったけど、今回もよくがんばってくれたね。フランケルの仔はテンションが高いが、経験を積みながら大人しくなった。レースはとても乗りやすいよ」

    1着 モズアスコット(矢作芳人調教師)

    「G1では2着が多く、ずいぶん悔しい思いをしていました。そのぶん、うれしいですね。特に東京で勝てたのは感激です。 先週の追い切りが終わった時点で、安田記念までに状態を上げきれないのではないかと感じました。連闘したからこそ、勝てたと思います。ジョッキーには『がんばってくれ』としか伝えませんでした。位置取りを見て、後ろすぎるかなと。直線はリスグラシュー、リアルスティールも気になり、集中できなかったとはいえ、あと100mで届くんじゃないかと確信しましたよ。デビューして、まだ1年経っていません。改めて、すごい馬だと思います。これまでの重賞でも敗因はつかんでいて、力負けではないとの自負がありました。まずは無事にと願っています。弱くてデビューが遅れただけに、今後の上昇度はすごいでしょうね。フランケル産駒ですし、世界的な種牡馬になってほしい。フランケルの牝はテンションの高さに泣かされるケースも多いのですが、この馬はオン・オフがしっかり付き、扱いやすい。連闘も容易です。いずれは世界を視野に入れたいですね。ただし、輸送もあり、時期は慎重に考えてから。秋は国内に専念する可能性が高いと思います」

  • 2

    キーンランドカップC

    2018/8/26 札幌11R 芝1200m

    1着
    ナックビーナス
    Jモレイラ(1人気)
    2着
    ダノンスマッシュ
    北村友一(4人気)
    3着
    ペイシャフェリシタ
    田辺裕信(9人気)
    1着 ナックビーナス(Jモレイラ騎手)

    「すごく力のある馬ですね。ゲートから飛び出していったので、そのままハナに行きました。ラスト200メートルを過ぎても、まだ余力がありました。JRAの重賞を初めて勝って、札幌は特別な場所になりました。馬主やファンに感謝します」

毎日放送賞スワンS 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/10/28 4回京都8日 11 芝1400m 1:22.4 サングレーザー Cデム 浅見秀 ヒルノデイバロー
2016/10/29 4回京都8日 11 芝1400m 1:20.7 サトノアラジン 川田将 池江泰 サトノルパン
2015/10/31 4回京都8日 11 芝1400m 1:20.2 アルビアーノ 柴山雄 木村哲 フィエロ
2014/11/01 4回京都8日 11 芝1400m 1:20.3 ミッキーアイル 浜中俊 音無秀 サンライズメジャー
2013/10/26 4回京都8日 11 芝1400m 1:20.8 コパノリチャード 浜中俊 宮徹 ダイワマッジョーレ
2012/10/27 4回京都8日 11 芝1400m 1:20.5 グランプリボス 内田博 矢作芳 テイエムオオタカ
2011/10/29 5回京都7日 11 芝1400m 1:19.4 リディル 小牧太 橋口弘 ジョーカプチーノ
2010/10/30 5回京都7日 11 芝1400m 1:21.0 マルカフェニックス 福永祐 松永昌 ショウナンアルバ
2009/10/31 4回京都7日 11 芝1400m 1:20.3 キンシャサノキセキ Cスミ 堀宣行 アーリーロブスト
2008/11/01 4回京都7日 11 芝1400m 1:19.9 マイネルレーニア 佐藤哲 西園正 ローレルゲレイロ

毎日放送賞スワンS コース解析

京都競馬場 芝1400m(外)
京都競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

内回りが下級条件で使われるのに対し、外回りは上級条件で重賞は全て外回りコースで行われる。スタートから3コーナーまでの距離は512m。3~4コーナーは内回りよりもアップダウンがきつく、下りでスピードに乗るため、4コーナーの出口で馬群が広がりやすく、そこを狙い澄ました差しも度々決まる。直線も400mほどあり、実力馬が力を発揮しやすい舞台となっている。

短距離戦で先行馬が有利であることには間違いないが、前記のコース形態もあって、内回りほど逃げ・先行馬中心の競馬になるわけではない。外回りはゴール前直線が76m延びることで、差し馬も届く。展開次第ではどの脚質でも戦えるので、まずはメンバーの脚質をチェックしたいコースだ。また、下級条件の内回り1400mで逃げ切った馬が、外回り1400mに替わって後続に捕まるケースが目立つ。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 500万 6 1:22.8 36.0 34.7 -1.3 3 7 5 3
オープン 6 1:22.6 36.1 34.5 -1.6 4 6 3 5
3歳 500万 11 1:22.6 35.7 34.9 -0.8 2 13 15 3
オープン 6 1:21.9 34.8 35.2 0.4 3 5 7 3
古馬 500万 3 1:21.5 34.5 35.6 1.1 0 3 6 0
1000万 18 1:22.0 35.7 34.6 -1.1 9 18 22 5
1600万 12 1:22.2 35.8 34.7 -1.1 8 12 12 4
オープン 9 1:21.6 35.0 34.9 -0.1 2 8 12 5
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内5勝はM.デムーロ騎手と並ぶ3位タイ。単勝、複勝とも回収率は100%を超える。

2枠

勝率9.7%、連対率20.4%、複勝率28.0%すべてトップの数字。

平坦の短距離戦に強く、期間内の複勝率44.4%はリーディング上位種牡馬を大きく上回る。

関東所属にもかかわらず、期間内の成績は(3.3.0.7)と抜群。

消しの法則

期間内(0.1.1.22)と結果を残せていない。

短距離戦に強いイメージだが(1.0.2.26)と不振。

8枠

勝率5.5%、複勝率17.8%は他の枠より圧倒的に成績が悪い。



3分でカンタン攻略!
コース解説動画

毎日放送賞スワンS レース概要

1958年に芝1800mの古馬ハンデキャップ重賞として創設。1961年に別定戦となり、1972年に芝1600mへ、1984年から施行時期を10月下旬に移し、距離も1400mに変更。3歳馬や外国馬も出走可能となり、マイルCSの前哨戦としての色合いが濃くなった。古くはコダマ、メイズイといったダービー馬やニホンピロウイナー、ニッポーテイオー、タイキシャトルら名マイラー、サクラバクシンオー、キンシャサノキセキといった名スプリンターが勝ち馬に名を刻んでいる。2014年より1着馬にはマイルCSの優先出走権が与えられている。
  • twitter
  • facebook
  • line