新規会員登録

PR

(GⅡ) 阪神大賞典  特集

2021/3/21(日)1回阪神12日目

サラ系4歳上オープン (国)(指) 別定 芝3000m 13頭 15:35発走

【阪神大賞典2021 予想まとめ】買うべきスタミナ自慢はどの馬だ!? 金鯱賞でギベオンの激走を予告した予想陣が選ぶ本命&穴馬候補/出走予定馬/想定騎手/馬券攻略法

3/21(日)、阪神11Rで第69回 阪神大賞典(G2、阪神芝3000m)が行われます!天皇賞・春(G1)につながる伝統の長距離重賞で、連覇を狙うユーキャンスマイル、昨年の菊花賞2着のアリストテレスほかスタミナ自慢が勢揃い。本当に買えるのはどの馬か!? 先週の金鯱賞で最低人気ギベオンの激走をズバリ予告した研究員のレポートなど、さまざまな角度から分析していきましょう!

阪神大賞典 レース結果

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡5 56.0 小倉大 14 7
牡4 56.0 AJC 1 1
牡8 56.0 仁川S 16 16
セ5 56.0 万葉S 4 5
牡5 57.0 日経新 7 1
牡7 56.0 松籟S 8 4
牡6 56.0 ダイヤ 9 8
牡5 56.0 松籟S 11 2
牡5 56.0 京都記 4 6
牡5 56.0 関門橋 5 7
牡4 56.0 中金杯 2 14
牡6 56.0 ダイヤ 6 4
牡5 56.0 ダイヤ 10 16
牡6 57.0 有馬記 13 11
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡5 56.0 55.7 11 494(-2)
2 2 牡6 56.0 24.5 6 502(+4)
3 3 牡7 56.0 79.3 12 506(+2)
4 4 牡5 56.0 31.2 7 468(+4)
4 5 牡6 56.0 42.2 9 492(-2)
5 6 牡4 56.0 10.3 3 502(+10)
5 7 牡5 56.0 51.5 10 510(-2)
6 8 牡5 57.0 11.0 4 510(-2)
6 9 牡4 56.0 1.3 1 480(+2)
7 10 牡6 57.0 8.7 2 510(+6)
7 11 牡5 56.0 103.1 13 538(-6)
8 12 牡5 56.0 21.8 5 494(-6)
8 13 セ5 56.0 34.7 8 496(-4)

※2021年3月21日15時43分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 5 6 牡4 56.0 3:07.3 36.9 ④④④③ 10.3 3 502(+10)
2 7 10 牡6 57.0 3:08.2 36.8 ⑫⑫⑫⑦ 8.7 2 510(+6)
3 4 5 牡6 56.0 3:08.3 3/4 36.8 ⑬⑬⑪⑩ 42.2 9 492(-2)
4 3 3 牡7 56.0 3:08.9 31/2 38.9 ②②②② 79.3 12 506(+2)
5 8 12 牡5 56.0 3:09.0 3/4 37.8 ⑪⑪⑧⑦ 21.8 5 494(-6)
6 4 4 牡5 56.0 3:09.1 1/2 38.6 ⑤④④④ 31.2 7 468(+4)
7 6 9 牡4 56.0 3:09.5 21/2 38.8 ⑦⑥⑥⑥ 1.3 1 480(+2)
8 2 2 牡6 56.0 3:10.0 21/2 38.7 ⑨⑧⑧⑩ 24.5 6 502(+4)
9 5 7 牡5 56.0 3:10.0 アタマ 38.7 ⑨⑧⑧⑩ 51.5 10 510(-2)
10 6 8 牡5 57.0 3:10.0 クビ 39.2 ⑤⑥⑥⑦ 11.0 4 510(-2)
11 1 1 牡5 56.0 3:10.1 クビ 39.7 ③③③④ 55.7 11 494(-2)
12 7 11 牡5 56.0 3:11.0 41.1 ①①①① 103.1 13 538(-6)
中止 8 13 セ5 56.0 ⑧⑧⑫⑬ 34.7 8 496(-4)

払い戻し

単勝 6 1,030円 馬単 6-10 7,640円
複勝 6
10
5
830円
730円
2,590円
ワイド 6-10
5-6
5-10
920円
2,710円
3,020円
枠連 5-7 3,010円 3連複 5-6-10 25,170円
馬連 6-10 3,510円 3連単 6-10-5 120,400円

阪神大賞典 レースのポイント

アリストテレスほか有力馬分析!

アリストテレス (想定1番人気)
前走のアメリカJCCで重賞初勝利を挙げた。3000mの菊花賞でコントレイルを追い詰めた走りを考えれば、距離延長は問題ないだろう。年明け1戦消化したとはいえ約2カ月ぶりの実戦で、本番は次の天皇賞・春となるだけに仕上がり具合には注意が必要だ。

ユーキャンスマイル (想定2番人気)
昨年は中団後方を追走し、直線で突き抜けて優勝。続く天皇賞・春でも4着に健闘と、3000m超の長距離戦では安定している。昨秋のG1ではジャパンCで12着、有馬記念は11着と見せ場なく敗退。どうやらノドに気になるところがあるようで、状態面は気にしておきたい。

ショウリュウイクゾ (想定3番人気)
前走の日経新春杯で、鞍上の団野大成騎手と人馬ともに初重賞制覇を果たした。前走はハンデ53キロで、今回は別定57キロと斤量も重くなる。相手も強化され、初の3000m戦だけに試金石の一戦となりそうだ。

まだいるスタミナ自慢!
昨年のクラシック戦線で善戦したディープボンドは、菊花賞4着があるように距離延長は歓迎。近走不振のメイショウテンゲンも昨年このレースで3着しており、実力馬の巻き返しにも注意したい。

阪神大賞典 過去の成績

馬名 性齢 人気 斤量 騎手 通過順 着差 上がり 厩舎 馬体重 母父 前走 前着
2020/03/22(日)  曇 良 阪神芝3000m 10頭
1 10 ユーキャンスマイル 牡5 2 56.0 岩田康 友道康 500(+12) ⑨⑨⑧④ 3:03.0 35.8 キングカメハメハ ダンスインザダーク JC 5
2 4 トーセンカンビーナ 牡4 5 55.0 藤岡康 トーセンカンビーナ ⑩⑩⑩⑦ 13/4 35.8 角居勝 454(-4) ディープインパクト HawkWing 松籟S 1
3 6 メイショウテンゲン 牡4 4 55.0 松山弘 メイショウテンゲン ⑦⑦⑦⑦ 1/2 36.0 池添兼 462(+6) ディープインパクト フレンチデピュティ ダイヤ 2
単勝
590
3複 ④⑥⑩
7,550
馬連 ④⑩
3,720
3単 ⑩④⑥
40,140
2019/03/17(日)  曇 稍重 阪神芝3000m 11頭
1 10 シャケトラ 牡6 1 57.0 戸崎圭 角居勝 518(-4) ⑧⑨②② 3:06.5 37.6 マンハッタンカフェ Singspiel AJC 1
2 7 カフジプリンス 牡6 6 56.0 中谷雄 カフジプリンス ⑤⑤④③ 38.2 矢作芳 528(-4) ハーツクライ シンボリクリスエス 尼崎S 3
3 1 ロードヴァンドール 牡6 10 56.0 横山典 ロードヴァンドール ②①①① 21/2 39.2 昆貢 498(-2) ダイワメジャー StormCat 日経新 13
単勝
220
3複 ①⑦⑩
27,560
馬連 ⑦⑩
2,700
3単 ⑩⑦①
87,820
2018/03/18(日)  曇 良 阪神芝3000m 11頭
1 7 レインボーライン 牡5 3 56.0 岩田康 浅見秀 454(+10) ⑧⑨⑧④ 3:03.6 35.8 ステイゴールド フレンチデピュティ 有馬記 8
2 6 サトノクロニクル 牡4 4 55.0 川田将 サトノクロニクル ⑦⑥⑦④ 11/4 36.0 池江泰 456(+2) ハーツクライ Intikhab 有馬記 9
3 8 クリンチャー 牡4 1 56.0 武豊 クリンチャー ④④③③ 11/2 36.6 宮本博 486(0) ディープスカイ ブライアンズタイム 京都記 1
単勝
560
3複 ⑥⑦⑧
760
馬連 ⑥⑦
1,290
3単 ⑦⑥⑧
6,530

阪神大賞典 馬券攻略法

アリストテレスで鉄板じゃない!?

今年の阪神大賞典(G2、阪神芝3000m)は、長距離戦で結果を残してきたスタミナ自慢が集結。特にアリストテレスに注目が集まりそうです。

昨年の菊花賞(G1)では3冠馬コントレイルとクビ差の2着。前走のアメリカJCC(G2)は不良馬場で快勝と、馬場状態を問わず走れるのもポイントでしょう。

でも、ちょっと待ってください。本当にアリストテレスで鉄板なのでしょうか?

今回は阪神大賞典と同じ芝3000mの菊花賞で上位だった馬に着目。明け4歳で出走してきた馬の成績を振り返ったところ、衝撃の事実が判明しました!

▼前年菊花賞1~3着馬の成績(過去10年)
18年3着 クリンチャー    (1人気) 菊花賞2着

17年1着 サトノダイヤモンド (1人気) 菊花賞1着

14年3着 バンデ       (3人気) 菊花賞3着
  4着 サトノノブレス   (2人気) 菊花賞2着

13年1着 ゴールドシップ   (1人気) 菊花賞1着

12年2着 オルフェーヴル   (1人気) 菊花賞1着

意外にも前年の菊花賞で好走していて、阪神大賞典に出走してきた馬は全部で6頭だけ。連対した3頭(17年サトノダイヤモンド、13年ゴールドシップ、12年オルフェーヴル)は、いずれも「菊花賞勝ち馬」という共通点がありました。

菊花賞2着馬(18年クリンチャー、14年サトノノブレス)は、ともに人気より着順を下げました。

有力馬の目標はあくまでも次のG1で、いわゆる「前哨戦」では状態面でも余裕残しで臨んできます。

先週の金鯱賞で単勝1倍台の支持を集めた3冠牝馬デアリングタクトが、単勝227.3倍の最低人気ギベオンに敗れたのは記憶に新しいところ。

以上のことから、アリストテレスは人気ほど絶対的な存在とは言えないでしょう。今週も他馬が付け入るスキはあるかもしれません!

勝負気配がプンプン漂う逆転候補

先週の金鯱賞でギベオンを推奨した当コーナー。おかげさまで大反響をいただきました。

今週の阪神大賞典(G2、芝3000m)にも、長距離戦ならではの好走パターンがあります。

毎年恒例の好走パターンとは、最終追い切りが「栗東Cウッド」の「併せ馬」で「ラスト1ハロン11秒台」です。

▼好走パターン該当馬(過去5年)

2020年
1着ユーキャンスマイル 栗東CW 遅れ 11.6(一杯)
2着トーセンカンビーナ 栗東CW 先着 11.6(馬なり)

2019年
1着シャケトラ     栗東CW 先着 11.9(馬なり)

2018年
2着サトノクロニクル  栗東CW 遅れ 11.0(強め)

2017年
3着トーセンバジル   栗東CW 先着 11.9(馬なり)

2016年
1着シュヴァルグラン  栗東CW 先着 11.9(強め)

先週のギベオンと同じように、関西圏の中~長距離レースは栗東CWコースの調教馬が好成績。しかもレース距離が3000mともなると、全体時計の速さよりも最後の最後まで伸びる末脚を見せた馬が結果を出しているのでしょう。

今年の該当馬は1頭のみ!

ナムラドノヴァン  栗東CW 遅れ 11.9(強め)

豊富なスタミナに加え、確かな末脚を持っている馬。他馬の脚が衰えたところで一気に台頭するシーンも十分に考えられます。

レジェンド騎手・アンカツの決断!

重賞予想はレジェンド騎手におまかせ!G1レース通算22勝の名騎手アンカツこと安藤勝己さんが、阪神大賞典(G2、阪神芝3000m)を元ジョッキーの視点から鋭く予想します!

☆ポイント☆長距離戦は騎手が重要

競馬では距離が長ければ長いほど、ジョッキーの技量が問われる。

道中の位置取りやペース配分、仕掛けのタイミングなど、長距離戦は騎手が気を配らなければならないことが多いからね。

極端な話、短距離戦ではスタートさえ気を付ければ、折り合いを気にしなくて済む。ジョッキーの立場だとこっちの方が全然楽やね(笑)。

ただ、長距離戦では騎手が馬をシッカリ導いてやらなければ成績は安定せん。

実際、芝3000mではリーディング上位騎手の活躍が目立つ。

▼芝3000mの騎手別成績(過去10年)
1位 岩田康[5-3-1-15]複勝率37.5%
2位 福永 [4-5-0-14]複勝率39.1%
3位 武豊 [3-2-4-13]複勝率40.9%
4位 ルメ [3-1-1- 3]複勝率62.5%
5位 和田竜[3-0-2-14]複勝率26.3%

今年の阪神大賞典はルメール騎手が乗るアリストテレス、ユタカちゃん(武豊騎手)に乗り替わるユーキャンスマイルが注目を集めそうやね。

その他だと人気はないけど、ユーイチ(福永騎手)のダンスディライトやリュウジ(和田竜騎手)のディープボンド。ヤスナリ(岩田康騎手)が久々に騎乗するタイセイトレイルも、騎手の腕で馬券内に食い込んでも驚かんよ。

G1レース通算22勝の名ジョッキー・アンカツこと安藤勝己さんがズバリ予想!阪神大賞典の最終結論◎○▲は、レース当日3月21 日(日)の13時頃までに無料で限定配信します↓↓

アンカツ予想を無料でゲットする⇒

今回が買い!オススメの1頭!

阪神大賞典(G2、阪神芝3000m)は、たった1つのポイントを知っていれば的中に大きく近づくことができます。

聞いて驚かないでください。「前走で有馬記念に出走した馬」は、過去10年で[4-5-1-5]勝率26.7%、連対率60%、複勝率66.7%。該当馬の約2頭に1頭が連対という、圧倒的な成績をマークしています!

▼主な前走有馬記念組の成績(過去10年)
18年
1着 レインボーライン  (3人気) 有馬8着
2着 サトノクロニクル  (4人気) 有馬9着

17年
1着 サトノダイヤモンド (1人気) 有馬1着
2着 シュヴァルグラン  (2人気) 有馬6着

15年
2着 デニムアンドルビー (7人気) 有馬9着
3着 ラストインパクト  (3人気) 有馬7着

14年
1着 ゴールドシップ   (1人気) 有馬3着
2着 アドマイヤラクティ (5人気) 有馬11着

13年
1着 ゴールドシップ   (1人気) 有馬1着

12年
2着 オルフェーヴル   (1人気) 有馬1着

2014、17、18年は前走有馬記念組のワンツー。この中でも注目したいのは「有馬記念で掲示板外に負けた馬の巻き返し」です。

デニムアンドルビーは10頭立ての7番人気で激走、

また15年2着有馬記念9着、同3着ラストインパクトも有馬記念で7着に敗れていたのもポイントでしょう。

そして今年の出走メンバーで前走有馬組は、昨年の覇者ユーキャンスマイル1頭のみ。阪神大賞典は2013~15年に3連覇したゴールドシップを筆頭に、16年1着、17年2着シュヴァルグランなど『リピーター』の活躍が目立つ重賞だけに要注目です!

阪神大賞典特集 コンテンツ

阪神大賞典 コース解析

阪神競馬場 芝3000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

阪神大賞典 レース概要

1953年に阪神芝2000mのハンデ重賞として創設。1956年より別定戦となり、距離は徐々に延ばされ1965年から1973年にかけては3100mで行われていた。1974年より現在の3000mに定着。長く仁川の暮れの名物レースとして親しまれたが、1987年に3月へ移行。距離も近い天皇賞(春)の前哨戦として重要なステップレースとなっている。その適性が問われる条件からかリピーターが多いレースで、3連覇を果たしたゴールドシップをはじめ、5頭が連覇を果たしている。
  • twitter
  • facebook
  • line