びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

(GⅡ) 阪神大賞典  特集

2020/3/22(日)阪神

サラ系4歳上  芝3000m  

ウェブ新聞公開中

阪神大賞典(GⅡ)ウェブ新聞は3/21(土)よる公開!

阪神大賞典特集 コンテンツ

  • 03月21日(土)
    19時頃公開

    【】メガ盛WEB新聞

    2020/03/21(土)

    全重賞レースの注目馬&予想に役立つデータが満載!
  • 03月15日(日)
    18時頃公開

    馬体FOCUS

    2020/03/15(日)

    馬体診断のイチオシ+特注馬!
  • 03月16日(月)
    19時頃公開

    重賞データファイル

    2020/03/16(月)

    あなたが選ぶ本命馬はこのデータをかいくぐれるか?
  • 03月15日(日)
    19時頃公開

    コースデータ超分析

    2020/03/15(日)

    買い or 消しの法則&注目馬を見逃すな!
  • 03月15日(日)
    18時頃公開

    過去10年成績一覧

    2020/03/15(日)

    過去10年の成績・前走・血統傾向一覧を掲載

阪神大賞典 ステップレース

阪神大賞典 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2019/03/17 1回阪神8日 11 芝3000m 3:06.5 シャケトラ 戸崎圭 角居勝 カフジプリンス
2018/03/18 1回阪神8日 11 芝3000m 3:03.6 レインボーライン 岩田康 浅見秀 サトノクロニクル
2017/03/19 1回阪神8日 11 芝3000m 3:02.6 サトノダイヤモンド Cルメ 池江泰 シュヴァルグラン
2016/03/20 1回阪神8日 11 芝3000m 3:05.8 シュヴァルグラン 福永祐 友道康 タンタアレグリア
2015/03/22 1回阪神8日 11 芝3000m 3:05.9 ゴールドシップ 岩田康 須貝尚 デニムアンドルビー
2014/03/23 1回阪神8日 11 芝3000m 3:06.6 ゴールドシップ 岩田康 須貝尚 アドマイヤラクティ
2013/03/17 1回阪神8日 11 芝3000m 3:05.0 ゴールドシップ 内田博 須貝尚 デスペラード
2012/03/18 1回阪神8日 11 芝3000m 3:11.8 ギュスターヴクライ 福永祐 荒川義 オルフェーヴル
2011/03/20 1回阪神8日 11 芝3000m 3:04.4 ナムラクレセント 和田竜 福島信 コスモメドウ
2010/03/21 1回阪神8日 11 芝3000m 3:07.3 トウカイトリック 藤田伸 野中賢 ジャミール

阪神大賞典 コース解析

阪神競馬場 芝3000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

3月の阪神大賞典のみに使用されるコースで、2コーナーの出口付近からスタートして最初の直線までの距離はおよそ360m。内回りコースを約1周半、コーナーを6つ回る。スタートしてから最初の3コーナーまでの間に先行争いが激しくなる場合もあるが、その後は完全にペースダウン。2周目の3コーナー過ぎまで淡々と流れ、そこから一気に加速してゴールまで激しい追い比べとなる。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 1 0 0 1 50.0% 280.0%
    2 1 0 0 0 100.0% 110.0%
    3 0 1 0 1 0.0%
    4 0 1 0 1 0.0%
    5 0 0 1 1 0.0%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 1 1 0 0 50.0% 55.0%
    2 1 0 0 0 100.0% 560.0%
    3 0 1 0 0 0.0%
    4 0 0 1 0 0.0%
    5 0 0 1 0 0.0%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 6 1 1 0 1 33.3% ---
    2 8 1 0 0 3 25.0% ---
    3 3 0 1 0 1 0.0% ---
    4 7 0 0 1 3 0.0% ---
    5 4 0 0 1 1 0.0% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

阪神大賞典 レース概要

1953年に阪神芝2000mのハンデ重賞として創設。1956年より別定戦となり、距離は徐々に延ばされ1965年から1973年にかけては3100mで行われていた。1974年より現在の3000mに定着。長く仁川の暮れの名物レースとして親しまれたが、1987年に3月へ移行。距離も近い天皇賞(春)の前哨戦として重要なステップレースとなっている。その適性が問われる条件からかリピーターが多いレースで、3連覇を果たしたゴールドシップをはじめ、5頭が連覇を果たしている。
  • twitter
  • facebook
  • line