新規会員登録

(GⅠ) 東京優駿  特集

2018/5/27(日)2回東京12日目

サラ系3歳 (国) 牡・牝 (指) 定量 芝2400m 21頭 

ネット新聞公開中

東京優駿(GⅠ)ネット新聞は5/26(土)よる公開!

東京優駿 登録馬

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

牡3 報知杯弥生賞 1 1
牡3 皐月賞 7 1
牡3 皐月賞 2 4
牡3 皐月賞 6 10
牡3 皐月賞 1 7
牡3 NHKマイル 2 2
牡3 皐月賞 4 9
牡3 青葉賞 6 1
牡3 皐月賞 9 2
牡3 京都新聞杯 7 1
牡3 皐月賞 5 12
牡3 毎日杯 1 1
牡3 皐月賞 8 3
牡3 兵庫CS - 1
牡3 皐月賞 10 6
牡3 京都新聞杯 11 2
牡3 皐月賞 12 8
牡3 NHKマイル 15 11
牡3 青葉賞 7 2
牡3 皐月賞 3 5
2018年5月9日更新
馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡3 57.0 皐月賞 12 8
牡3 57.0 京都新 11 2
牡3 57.0 青葉賞 7 2
牡3 57.0 皐月賞 7 1
牡3 57.0 皐月賞 5 12
牡3 57.0 皐月賞 3 5
牡3 57.0 皐月賞 10 6
牡3 57.0 京都新 5 9
牡3 57.0 プリン 1 1
牡3 57.0 青葉賞 6 1
牡3 57.0 皐月賞 9 2
牡3 57.0 皐月賞 8 3
牡3 57.0 皐月賞 4 9
牡3 57.0 京都新 7 1
牡3 57.0 皐月賞 2 4
牡3 57.0 皐月賞 6 10
牡3 57.0 弥生賞 1 1
牡3 57.0 兵CS - 1
牡3 57.0 毎日杯 1 1
牡3 57.0 NHK 15 11
牡3 57.0 皐月賞 1 7
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重

東京優駿特集 コンテンツ

東京優駿 ステップレース

  • 1

    2018/4/15 中山11R 芝2000m 1〜5着優先

    1着
    エポカドーロ
    戸崎圭太(7人気)
    2着
    サンリヴァル
    藤岡佑介(9人気)
    3着
    ジェネラーレウーノ
    田辺裕信(8人気)
    4着
    ステルヴィオ
    Cルメール(2人気)
    5着
    キタノコマンドール
    Mデムーロ(3人気)
    1着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)

    「とても嬉しいです。馬は落ち着いて走っていましたし、道中の感じも力強かったです。距離に不安はありましたが、強い競馬でしたし、距離に問題はなさそうですね。次も楽しみです」

    1着 エポカドーロ(藤原英昭調教師)

    「オルフェーヴルの初年度産駒。日高の出身です。関係者すべての力が結集した結果。戸崎圭太騎手が一番、感激していましたね。結果を出せて光栄です。ここまでのプロセスから、狙っていた舞台です。何通りか思い描いたなか、3、4番手も想定していて、ベスト展開となりました。前が飛ばし、単騎で逃げているかたち。状態は良かったですし、渋った馬場状態も味方しましたよ。リラックスして運べ、操縦性が高い。小倉のあすなろ賞も上手に走っていて、時計も持っていますからね。ここにきて、ぐっと馬がしっかりしてきました。新馬で負けたとはいえ、まだ成長途上。久々の未勝利をあっさり勝て、皐月賞へいけるのではと想像しましたが、ここまで余裕の勝ち方ができるなんて、驚きましたよ。爽快な気分です。今後に楽しみがふくらみます。まずは皐月賞に照準を合わせていましたので、またリセットしてダービーに挑戦したい。父は万能ですが、母は短めの血統背景。どのあたりに適性があるのか、当初は見極めが難しかったんです。体型からも距離延長となれば、ひと工夫が要るかもしれません。ただし、ポテンシャルは高いですからね」

  • 2

    2018/4/28 東京11R 芝2400m 1〜2着優先

    1着
    ゴーフォザサミット
    蛯名正義(6人気)
    2着
    エタリオウ
    石橋脩(7人気)
    3着
    スーパーフェザー
    福永祐一(1人気)
    1着 ゴーフォザサミット(蛯名正義騎手)

    「道中も上手に運べましたし、直線では脚を使ってくれるだろうと思っていました。まだ緩さがあってモタれるところがあるのでどうかと思っていましたが、よく伸びてくれました。ダービーの出走権利が取れましたし、ジョッキーとしても参加することができて嬉しいので頑張りたいです」

  • 3

    京都新聞杯B

    2018/5/5 京都11R 芝2200m

    1着
    ステイフーリッシュ
    藤岡佑介(7人気)
    2着
    アドマイヤアルバ
    岩田康誠(11人気)
    3着
    シャルドネゴールド
    Hボウマン(4人気)
  • 4

    プリンシパルS

    2018/5/5 東京11R 芝2000m 1着優先

    1着
    コズミックフォース
    Cルメール(1人気)
    2着
    ブレステイキング
    石橋脩(3人気)
    3着
    イェッツト
    蛯名正義(6人気)
    1着 コズミックフォース(C.ルメール騎手)

    「ギリギリでしたが、ゴール板まで馬が頑張ってくれたことが良かったです。直線では早めに先頭に立ってラスト150メートルくらいでは1頭になりましたが、その後に外から馬がきてくれたときにまた伸びました。馬が大人になっていますし、まだ良くなると思います。距離2400も絶対いけると思います」

  • 5

    NHKマイルカップA

    2018/5/6 東京11R 芝1600m

    1着
    ケイアイノーテック
    藤岡佑介(6人気)
    2着
    ギベオン
    Mデムーロ(2人気)
    3着
    レッドヴェイロン
    岩田康誠(9人気)
    1着 ケイアイノーテック(藤岡佑介騎手)

    「嬉しいです。よく走ってくれました。決して上手く乗ったとは言えませんが、本当によく伸びてくれました。まだまだ可能性のある馬です。距離は伸びても大丈夫だと思います」

東京優駿 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/05/28 2回東京12日 10 芝2400m 2:26.9 レイデオロ Cルメ 藤沢和 スワーヴリチャード
2016/05/29 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.0 マカヒキ 川田将 友道康 サトノダイヤモンド
2015/05/31 2回東京12日 10 芝2400m 2:23.2 ドゥラメンテ Mデム 堀宣行 サトノラーゼン
2014/06/01 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.6 ワンアンドオンリー 横山典 橋口弘 イスラボニータ
2013/05/26 2回東京12日 10 芝2400m 2:24.3 キズナ 武豊 佐々木 エピファネイア
2012/05/27 2回東京12日 10 芝2400m 2:23.8 ディープブリランテ 岩田康 矢作芳 フェノーメノ
2011/05/29 3回東京4日 11 芝2400m 2:30.5 オルフェーヴル 池添謙 池江泰 ウインバリアシオン
2010/05/30 3回東京4日 10 芝2400m 2:26.9 エイシンフラッシュ 内田博 藤原英 ローズキングダム
2009/05/31 3回東京4日 10 芝2400m 2:33.7 ロジユニヴァース 横山典 萩原清 リーチザクラウン
2008/06/01 3回東京4日 10 芝2400m 2:26.7 ディープスカイ 四位洋 昆貢 スマイルジャック

東京優駿 コース解析

東京競馬場 芝2400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

ダービー、オークス、ジャパンカップと、日本を代表する大レースが行われる舞台。2003年のリニューアルによって、スタート地点が坂の上りから平坦へ移動。そのため、以前よりも多少テンが速くなった。最初のコーナーまでの距離はおよそ350m。ゴール板を一度通過、コースを一周する。

基本的には長距離戦とあって、“スローペースからの瞬発力勝負”になることが多いのだが、逃げ馬のペースによって勝ち馬の脚質は様々。チャンピオンを決するコースらしく、スピード、スタミナがバランス良く求められ、逃げ切りは難しい。

コース形態からは枠の有利、不利は少ないのだが、集計期間では2枠から勝ち馬が頭一つ多く出ている。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F R3F差 1上り
3歳 未勝利 18 2.29.3 36.8 62.6 60.8 35.6 -1.2 35.1 6 18 24 6
500万 8 2.27.5 37.0 62.6 59.4 34.6 -2.4 34.1 2 9 9 4
オープン 12 2.24.9 35.7 60.7 59.0 34.6 -1.1 33.9 0 5 24 7
混合 500万 21 2.27.2 37.1 62.2 59.9 35.3 -1.7 34.9 7 24 20 12
1000万 25 2.26.1 37.1 62.1 59.1 34.9 -2.2 34.4 6 23 26 20
1600万 11 2.27.3 36.7 62.2 59.8 34.7 -2.0 34.2 3 14 8 8
オープン 7 2.24.8 36.2 60.4 59.4 35.2 -1.0 34.5 1 6 9 0

買いの法則

友道康夫
厩舎
栗東の厩舎でありながら、なんと期間内最多勝。【8.2.5.16】の複勝率48.4%は優秀だ。えてして、長丁場に強い管理馬が多い厩舎の傾向を表している。
ルーラーシップ
産駒
これは期待値込みでの抜粋。【1.1.2.3】と一見目立たないものの、距離が延びて良さが出る産駒の傾向からも、今後の上がり目を期待したい。

消しの法則

横山典弘
騎手
日本ダービーを勝っているが、14年6月以降、勝利から遠ざかっていて【2-2-2-34】勝率5.0%・複勝率15.0%と信頼しづらい。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京優駿 レース概要

クラシック三冠レースの第二弾。イギリスのダービーステークスをモデルに1932年目黒競馬場で『東京優駿大競走』として創設。第3回より現在の東京競馬場(府中)に施行場を移した以外は距離、施行場とも変更されていない。レース名は1938年に『東京優駿競走』に変更、戦後いくつか細かな変更があったのち、1964年より現在の『東京優駿(日本ダービー)』で行われている。“競馬の祭典”とも呼ばれる世代最高峰のクラシックレースらしく、勝ち馬には時代を彩った名馬が名を連ね、このレースに勝つことは「ホースマン最高の栄誉」とされる。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line