びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅢ) 根岸ステークス  特集

2019/1/27(日)東京

サラ系4歳上  ダ1400m  

ネット新聞公開中

根岸ステークス(GⅢ)ネット新聞は1/26(土)よる公開!

根岸ステークス特集 コンテンツ

根岸ステークス ステップレース

  • 1

    カペラステークスC

    2018/12/9 中山11R ダ1200m

    1着
    コパノキッキング
    柴田大知(1人気)
    2着
    サイタスリーレッド
    津村明秀(11人気)
    3着
    キタサンミカヅキ
    森泰斗(2人気)
    1着 コパノキッキング(柴田大知騎手)

    「ゲートの中で落ち着かせることに気を付けましたが、落ち着きすぎて後ろからになりました。腹をくくって乗りました。凄い馬です。またがっていただけでした。いい時に乗せてもらいました。またチャンスがあれば乗せてほしいです」

  • 2

    チャンピオンズカップA

    2018/12/2 中京11R ダ1800m

    1着
    ルヴァンスレーヴ
    Mデムーロ(1人気)
    2着
    ウェスタールンド
    藤岡佑介(8人気)
    3着
    サンライズソア
    Jモレイラ(3人気)
    1着 ルヴァンスレーヴ(Mデムーロ騎手)

    「素晴らしい馬ですね。化物です。クリストフ(ルメール騎手)も『アーモンドアイのダート版だね』と言っていたけれど、そのとおりです。ずっとイイ手応えでしたし、スタートも決まって、その後も馬なりで伸びましたからね。いっぱい夢のある馬ですね。どのレースに行くかわからなけれど、今後も乗り続けたいです」

根岸ステークス 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2018/01/28 1回東京2日 11 ダ1400m 1:21.5 ノンコノユメ 内田博 加藤征 サンライズノヴァ
2017/01/29 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.0 カフジテイク 福永祐 湯窪幸 ベストウォーリア
2016/01/31 1回東京2日 11 ダ1400m 1:22.0 モーニン 戸崎圭 石坂正 タールタン
2015/02/01 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.4 エアハリファ 三浦皇 角居勝 ワイドバッハ
2014/02/02 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.4 ゴールスキー Fベリ 池江泰 ノーザンリバー
2013/01/27 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.7 メイショウマシュウ 藤岡佑 沖芳夫 ガンジス
2012/01/29 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.5 シルクフォーチュン 藤岡康 藤沢則 トウショウカズン
2011/01/30 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.0 セイクリムズン 幸英明 服部利 ダノンカモン
2010/01/31 1回東京2日 11 ダ1400m 1:23.7 グロリアスノア 小林慎 矢作芳 サマーウインド
2009/02/01 1回東京2日 11 ダ1400m 1:22.1 フェラーリピサ 岩田康 白井寿 ヒシカツリーダー

根岸ステークス コース解析

東京競馬場 ダ1400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタートで、JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 12 1:26.1 35.9 37.4 1.5 9 20 5 2
未勝利 30 1:26.2 36.0 37.4 1.4 16 44 26 4
500万 3 1:24.7 35.2 36.8 1.6 0 5 3 1
3歳 新馬 9 1:27.1 36.6 37.5 0.9 2 12 11 2
未勝利 71 1:26.2 35.8 37.8 2.0 36 85 64 28
500万 19 1:25.0 35.5 36.9 1.4 4 15 22 16
古馬 500万 67 1:24.8 35.5 36.9 1.4 17 77 72 35
1000万 39 1:24.0 35.3 36.5 1.2 10 40 48 19
1600万 21 1:23.4 35.3 36.1 0.8 5 25 23 10
オープン 14 1:22.7 34.8 36.0 1.2 1 17 13 11
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

ライアン・ムーア
騎手
【5.5.5.13】で連対率55.3%。ムーア騎手の通算成績をみても、勝率こそマズマズだが、馬券率でいえば極めて高い成績を残しているコースである。騎乗回数が少ない点だけが残念なところだ。
安田隆行
厩舎
勝ち星順に見ると、上から関東勢が独占する中、唯一関西勢で名を連ねている。【4.4.1.12】で連対率38.1%だ。
ヴァーミリアン
産駒
東京ダート1300mではキンカメ産駒も買いの法則にあげたが、100mの違いで同じキングマンボ系の種牡馬が際立つ。【6.6.9.37】で連対率20.7%と数字こそパンチに欠けるが、元値を思えば注目すべきデータだ。

消しの法則

松岡正海
騎手
【7-3-7-158】勝率4.0%・複勝率9.7%の率は他から大きく離されている数字。
キングヘイロー
産駒
15年6月以降、勝利から遠ざかっている。【2-4-5-59】勝率2.9%・複勝率15.7%。

根岸ステークス レース概要

1987年に創設されたダートの重賞で、「根岸」は横浜市中区の地名で、エンペラーズカップ(現在の天皇賞)や横浜農林省賞典四歳呼馬(現・皐月賞)が行われた日本初の近代競馬場である「根岸競馬場」に由来する。創設当初は11月にダート1400m行われていたが、1990年にはダート1200mに短縮。2001年に年明けの東京開催に移り、距離も再び1400mへ。フェブラリーSの前哨戦として重要な一戦となっている。また、2014年からは1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられている。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line