びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅢ) チャレンジカップ  特集

2018/12/1(土)5回阪神1日目

サラ系3歳上オープン (国)(特) 別定 芝2000m 12頭 15:45発走

ネット新聞公開中

チャレンジカップ(GⅢ)ネット新聞は11/30(金)よる公開!

チャレンジカップ レース結果

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡5 56.0 アンド 11 3
牡5 56.0 カシオ 1 1
牡7 56.0 アンド 6 4
牡9 56.0 アンド 8 5
牡4 56.0 菊花賞 11 11
牡7 56.0 カシオ 6 5
牡5 57.0 天皇賞 0
牡5 56.0 カシオ 2 3
セ6 56.0 丹頂S 1 10
牡8 56.0 福島記 12 9
牡6 56.0 オクト 3 1
牡7 56.0 福島記 4 7
牡4 55.0 セント 1 2
牡6 56.0 日経賞 4 4
馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡6 56.0 22.8 7 528(0)
2 2 牡5 56.0 14.6 4 450(+4)
3 3 牡4 57.0 6.3 3 496(+14)
4 4 牡7 56.0 400.7 12 494(+2)
5 5 牡6 56.0 53.3 9 506(0)
5 6 牡6 56.0 274.0 10 464(0)
6 7 牡5 56.0 41.3 8 506(+8)
6 8 牡3 55.0 2.1 1 482(-4)
7 9 牡4 56.0 2.7 2 508(0)
7 10 牡3 56.0 18.2 5 450(-2)
8 11 牡4 56.0 18.7 6 500(0)
8 12 牡8 56.0 340.3 11 456(+2)

※2018年12月1日15時52分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 7 9 牡4 56.0 1:58.3 33.7 ④④④③ 2.7 2 508(0)
2 2 2 牡5 56.0 1:58.8 34.5 ③③③③ 14.6 4 450(+4)
3 7 10 牡3 56.0 1:59.0 11/2 34.2 ⑦⑥⑥⑥ 18.2 5 450(-2)
4 3 3 牡4 57.0 1:59.0 ハナ 33.8 ⑧⑧⑨⑨ 6.3 3 496(+14)
5 4 4 牡7 56.0 1:59.1 クビ 34.6 ④⑤④⑤ 400.7 12 494(+2)
6 6 8 牡3 55.0 1:59.3 11/4 34.3 ⑧⑧⑧⑧ 2.1 1 482(-4)
7 1 1 牡6 56.0 1:59.4 1/2 36.3 ①①①① 22.8 7 528(0)
8 8 12 牡8 56.0 1:59.4 クビ 35.8 ②②②② 340.3 11 456(+2)
9 5 6 牡6 56.0 1:59.5 3/4 34.1 ⑪⑪⑪⑪ 274.0 10 464(0)
10 8 11 牡4 56.0 2:00.0 35.2 ⑥⑥⑥⑥ 18.7 6 500(0)
11 5 5 牡6 56.0 2:00.1 クビ 34.8 ⑧⑩⑩⑩ 53.3 9 506(0)
12 6 7 牡5 56.0 2:00.1 クビ 34.6 ⑫⑫⑫⑪ 41.3 8 506(+8)

払い戻し

単勝 9 270円 馬単 9-2 2,230円
複勝 9
2
10
130円
340円
430円
ワイド 2-9
9-10
2-10
570円
630円
1,990円
枠連 2-7 1,540円 3連複 2-9-10 5,260円
馬連 2-9 1,620円 3連単 9-2-10 19,540円

チャレンジカップ特集 コンテンツ

チャレンジカップ ステップレース

  • 1

    朝日セントライト記念B

    2018/9/17 中山11R 芝2200m

    1着
    ジェネラーレウーノ
    田辺裕信(4人気)
    2着
    レイエンダ
    Cルメール(1人気)
    3着
    グレイル
    岩田康誠(6人気)
    1着 ジェネラーレウーノ(田辺裕信騎手)

    「主張する馬がいなければハナも考えていました。3コーナー過ぎから逃げ馬がペースを上げて早めに追い出しましたが、脚が残っていました。ダービーは期待していましたが掛かってしまい、馬の気分を損なわないよう乗りました」

  • 2

    アンドロメダS

    2018/11/17 京都11R 芝2000m

    1着
    ドレッドノータス
    岩田康誠(2人気)
    2着
    サーブルオール
    池添謙一(1人気)
    3着
    アメリカズカップ
    松山弘平(11人気)
  • 3

    カシオペアS

    2018/10/28 京都11R 芝1800m

    1着
    エアウィンザー
    浜中俊(1人気)
    2着
    グリュイエール
    藤岡佑介(4人気)
    3着
    トリコロールブルー
    藤岡康太(2人気)

チャレンジカップ 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/12/02 5回阪神1日 11 芝2000m 1:58.6 サトノクロニクル Mデム 池江泰 デニムアンドルビー
2016/12/10 5回阪神3日 11 芝1800m 1:46.5 マイネルハニー 柴田大 栗田博 ベルーフ
2015/12/12 5回阪神3日 11 芝1800m 1:46.1 フルーキー Mデム 角居勝 ヒストリカル
2014/12/13 5回阪神3日 11 芝1800m 1:45.9 トーセンスターダム 武豊 池江泰 デウスウルト
2013/12/07 5回阪神3日 11 芝1800m 1:46.5 アルキメデス Mバル 藤原英 カワキタフウジン
2012/12/08 5回阪神3日 11 芝1800m 1:46.6 ショウリュウムーン 秋山真 佐々木 アドマイヤタイシ
2011/09/10 5回阪神1日 11 芝2000m 1:59.6 ミッキードリーム 和田竜 音無秀 エーシンジーライン
2010/09/11 4回阪神1日 10 芝2000m 1:59.2 キャプテントゥーレ 小牧太 森秀行 プロヴィナージュ
2009/09/12 4回阪神1日 10 芝2000m 2:00.0 キャプテントゥーレ 川田将 森秀行 ブレイクランアウト
2008/09/15 4回阪神2日 小雨 10 芝2000m 1:58.5 ドリームジャーニー 池添謙 池江泰 トーホウアラン

チャレンジカップ コース解析

阪神競馬場 芝2000m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

内回りコース使用。スタンド前直線からスタートし、1コーナーまでの距離は325m。スタート直後に上り坂があるため、あまりペースは速くならない。ただし、内回りコースのためか、外回りの1600mや1800mほど瞬発力勝負にはならず、むしろゴール前の坂を力強く越えられるタフさが要求される。

基本は逃げ・先行有利となっており、古馬の上級条件でも馬券の中心は先行馬。枠順、メンバー構成からスムーズに先行できそうな馬を狙いたい。そこに穴馬が隠れているかも。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 13 2:03.8 38.0 63.8 59.9 35.0 -3.0 8 23 6 2
未勝利 15 2:03.0 36.7 62.1 60.9 36.1 -0.6 4 22 14 5
500万 3 2:03.1 37.8 63.1 60.0 35.3 -2.5 3 5 1 0
3歳 新馬 3 2:03.8 37.9 64.2 59.5 34.9 -3.0 1 6 2 0
未勝利 15 2:02.1 36.5 61.7 60.3 35.5 -1.0 6 14 22 3
500万 3 2:01.7 36.8 61.7 59.9 35.2 -1.6 2 2 4 1
オープン 6 2:01.7 36.7 61.2 60.4 35.9 -0.8 3 7 5 3
古馬 500万 17 2:00.5 36.1 60.8 59.7 35.5 -0.6 7 22 15 7
1000万 21 2:01.2 37.0 61.8 59.4 35.2 -1.8 10 26 21 6
1600万 9 2:01.2 36.8 61.5 59.6 35.3 -1.5 4 12 9 2
オープン 11 1:58.6 35.9 60.0 58.6 34.8 -1.1 2 15 13 3
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内(13.16.7.71)で勝ち星は全体3位。単勝回収率124%、複勝回収率110%と期待値も高い。

(6.1.0.12)の成績で勝率3割を超える。しかも勝ち星はすべて違う馬で挙げており、単勝回収率は365%。

(17.17.8.85)で連対率26.8%、複勝率33.1%。

消しの法則

(0.1.1.22)で複勝率8.3%と低調。

(0.2.0.26)と結果が出ていない。

チャレンジカップ レース概要

1950年に創設。1953年に「朝日チャレンジカップ」に改称され、長くこの名称で行われていたが、2014年に「朝日杯フューチュリティS」が阪神競馬場へ移行されたことに伴い、名称が創設時の「チャレンジカップ」に戻された。距離は芝2400mでスタートし、1952年に2000mへ変更。その後、負担重量や開催時期は幾度か変更され、2012年に距離が芝1800mとなったが、2017年から中距離競走体系の整備に伴い芝2000mの別定戦となった。過去の勝ち馬にはクラシックホースの復活Vもあれば、後の飛躍のキッカケを掴んだ馬もおり、多彩な顔ぶれとなっている。
  • twitter
  • facebook
  • line