びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅡ) 産経賞セントウルS  特集

2019/9/8(日)阪神

サラ系3歳上  芝1200m  

ウェブ新聞公開中

産経賞セントウルS(GⅡ)ウェブ新聞は9/7(土)よる公開!

産経賞セントウルS特集 コンテンツ

産経賞セントウルS ステップレース

産経賞セントウルS 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2018/09/09 4回阪神2日 11 芝1200m 1:08.8 ファインニードル 川田将 高橋義 ラブカンプー
2017/09/10 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.5 ファインニードル Mデム 高橋義 ラインミーティア
2016/09/11 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.6 ビッグアーサー 福永祐 藤岡健 ネロ
2015/09/13 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.8 アクティブミノル 藤岡康 北出成 ウリウリ
2014/09/14 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.4 リトルゲルダ 丸田恭 鮫島一 ハクサンムーン
2013/09/08 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.5 ハクサンムーン 酒井学 西園正 ロードカナロア
2012/09/09 4回阪神2日 11 芝1200m 1:07.3 エピセアローム 武豊 石坂正 ロードカナロア
2011/09/11 5回阪神2日 11 芝1200m 1:08.5 エーシンヴァーゴウ 田辺裕 小崎憲 ラッキーナイン
2010/09/12 4回阪神2日 10 芝1200m 1:08.0 ダッシャーゴーゴー 川田将 安田隆 グリーンバーディー
2009/09/13 4回阪神2日 10 芝1200m 1:07.8 アルティマトゥーレ 松岡正 奥平雅 スリープレスナイト

産経賞セントウルS コース解析

阪神競馬場 芝1200m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向正面半ばからスタートで、3コーナーまでの距離は243m。内回りコースでコーナーまでの距離が短いため、枠は内が有利。ただし、揉まれやすい最内枠はマイナス。2枠の数字が頭一つ抜けている。

スタート直後から緩やかな下りで、残り900mあたりから勾配が増し、直線半ばまで下りが続く。ゴール前の直線は350mで、残り約200m地点から上りの急坂が待っている。スタートから坂を下ってくるため、勢いの付いた逃げ、先行馬がそのまま押し切るパターンが多く、特にAコースは逃げ切りも多い。ただし、前が速くなる上級条件では差しも決まる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 12 1:10.6 35.5 35.1 -0.4 9 17 9 1
未勝利 8 1:10.4 35.2 35.2 0.0 5 9 7 3
500万 3 1:09.8 34.6 35.2 0.6 2 2 3 2
3歳 未勝利 3 1:09.0 34.0 35.0 1.0 2 4 2 1
500万 6 1:09.3 34.6 34.7 0.1 1 8 7 2
オープン 1 1:09.1 34.6 34.5 -0.1 1 1 0 1
古馬 500万 11 1:08.7 34.1 34.5 0.4 4 17 9 3
1000万 15 1:09.0 34.2 34.7 0.5 5 19 17 4
1600万 9 1:08.3 34.0 34.3 0.3 5 14 5 3
オープン 5 1:08.2 33.6 34.6 1.0 3 5 6 1
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内(10.5.2.30)で勝ち星は断トツ。連対率31.3%、単勝回収率105%も優秀。

(6.5.3.15)で複勝率48.3%、複勝回収率も129%。特に先行馬の成績が良い。

2枠

勝率13.1%、連対率21.5%、複勝率29.9%すべてトップ。

(2.4.2.3)で連対率54.5%。複勝率72.7%と破格の数字。単勝回収率は1015%で穴馬も要注意。

消しの法則

期間内(0.1.0.20)と結果が出ていない。

(0.1.0.11)と苦手としている。

(0.0.1.11)で人気より着順を落とすケースが目立つ。

産経賞セントウルS レース概要

1987年に1400mのG3戦としてスタート。2000年にスプリンターズSが秋に移行してきたのに伴って距離を1200mに短縮。スプリンターズSの前哨戦として重要な位置付けとなり、2006年よりG2に格上げされ外国馬も出走できるようになった。また、2006年からサマースプリントシリーズの最終戦に指定され、優勝馬から6頭がシリーズチャンピオンになっているが、一流スプリンターにとっては秋の始動戦にもなる注目の一戦だ。
  • twitter
  • facebook
  • line