びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

(GⅢ) 函館記念  特集

2020/7/19(日)函館

サラ系3歳上  芝2000m  

ウェブ新聞公開中

函館記念(GⅢ)ウェブ新聞は7/18(土)よる公開!

函館記念特集 コンテンツ

  • 07月18日(土)
    19時頃公開

    【】メガ盛WEB新聞

    2020/07/18(土)

    全重賞レースの注目馬&予想に役立つデータが満載!
  • 07月12日(日)
    18時頃公開

    馬体FOCUS

    2020/07/12(日)

    馬体診断のイチオシ+特注馬!
  • 07月13日(月)
    19時頃公開

    重賞データファイル

    2020/07/13(月)

    あなたが選ぶ本命馬はこのデータをかいくぐれるか?
  • 07月12日(日)
    19時頃公開

    コースデータ超分析

    2020/07/12(日)

    買い or 消しの法則&注目馬を見逃すな!
  • 07月12日(日)
    18時頃公開

    過去10年成績一覧

    2020/07/12(日)

    過去10年の成績・前走・血統傾向一覧を掲載

函館記念 想定

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

函館記念 ステップレース

函館記念 コース解析

函館競馬場 芝2000m
函館競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタンド前の直線を延長したポケットからのスタートで、1コーナーまでの直線距離は476mと長い。1800mよりも前半のペースが速くなり、下級条件でもラップが大きく前傾するのが特徴。

下図を見ても分かるように、逃げ切りは困難。ただ、後方一気が決まるわけでもなく、勝ち馬の大半は先行馬。直線が短いこともあり、4角である程度の位置につけていないと差し切るのは難しい。上がりのかかる展開で強い先行馬を中心視するのが基本。差し馬なら、自ら位置取りを押し上げることができる、機動力のあるタイプであることが条件となる。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 2 0 13 34.8% 177.0%
    2 7 5 2 9 30.4% 73.9%
    3 4 8 3 19 11.8% 45.0%
    4 4 0 4 22 13.3% 132.0%
    5 3 3 0 12 16.7% 64.4%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 4 1 8 23.5% 172.9%
    2 3 0 0 0 100.0% 283.3%
    3 2 2 2 3 22.2% 133.3%
    4 2 1 0 4 28.6% 170.0%
    5 2 0 3 3 25.0% 166.3%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 7 5 7 43 11.3% ---
    2 5 7 9 5 47 10.3% ---
    3 6 7 7 4 57 9.3% ---
    4 7 7 5 10 58 8.8% ---
    5 3 5 3 5 46 8.5% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

岩田 康誠
騎手
騎乗数トップで【12-9-6-33】複勝率45.0%。複勝回収率も107%と馬券的にも信頼できる。
マンハッタンカフェ
産 駒
6勝で勝率12.5%は上位の中で優秀な数字。単勝回収率116%と穴党も見逃せない。
    

消しの法則

藤岡 佑介
騎手
平均5.0番人気で【2-1-0-12】。単勝回収率49%では信頼しづらい。
角居 勝彦
厩舎
平均5.6番人気で【0-2-2-14】。連対率は11.1%しかない。

函館記念のポイント

2014年から5年連続で、前走直線が長いコースでは勝ちきれなかった馬が勝利。中でも4コーナーを5番手以内で通過した2200m以上の実績があった馬、ローカルの2000m重賞で好走経験のある馬が人気薄で激走する。ポポカテペトルは、長期休養明けの前走は東京で大敗。【買いの法則】にある岩田康誠騎手が騎乗予定で、一発の予感が漂う。

函館記念 レース概要

1965年に芝2400mのハンデ戦として創設。1968年から現在と同じ芝2000mとなり、2006年よりサマー2000シリーズの第2戦として夏競馬前半を盛り上げる伝統の一戦となっている。過去の好走馬を見るとエリモハリアーの3連覇を筆頭に連覇を果たした馬、複数回馬券に絡んだ馬が多いリピーターレースとしても知られている。なお、1988年にサッカーボーイが記録した1分57秒8は今も燦然と輝くレコードタイムとなっている。
  • twitter
  • facebook
  • line