びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅡ) 東海テレビ杯東海S  特集

2019/1/20(日)1回中京2日目

サラ系4歳上 (国)(指) 別定 ダ1800m 13頭 15:25発走

ネット新聞公開中

東海テレビ杯東海S(GⅡ)ネット新聞は1/19(土)よる公開!

東海テレビ杯東海S 簡易出馬表

馬名 性齢 斤量 想定騎手 調教師 母父 前走

牡8 56.0 チャン 15 10
牡7 57.0 東大賞 - 10
牡7 56.0 師走S 6 5
牝5 55.0 チャン 9 4
牡5 56.0 観月橋 1 1
牡8 57.0 ベテル 10 6
牡6 56.0 師走S 4 3
牡6 56.0 武蔵野 9 9
牡6 56.0 ベテル 5 4
牝5 54.0 クイー - 2
牡8 56.0 ベテル 13 10
牡7 56.0 ポルク 12 3
牡4 55.0 青竜S 1 2
牡7 56.0 ベテル 12 5
牡4 56.0 名GP - 1
牡6 56.0 ベテル 8 2
牡7 56.0 名GP - 2
牡8 56.0 師走S 13 12
牡7 56.0 武蔵野 12 14
馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重

東海テレビ杯東海S特集 コンテンツ

東海テレビ杯東海S ステップレース

  • 1

    チャンピオンズカップA

    2018/12/2 中京11R ダ1800m

    1着
    ルヴァンスレーヴ
    Mデムーロ(1人気)
    2着
    ウェスタールンド
    藤岡佑介(8人気)
    3着
    サンライズソア
    Jモレイラ(3人気)
    1着 ルヴァンスレーヴ(Mデムーロ騎手)

    「素晴らしい馬ですね。化物です。クリストフ(ルメール騎手)も『アーモンドアイのダート版だね』と言っていたけれど、そのとおりです。ずっとイイ手応えでしたし、スタートも決まって、その後も馬なりで伸びましたからね。いっぱい夢のある馬ですね。どのレースに行くかわからなけれど、今後も乗り続けたいです」

  • 2

    ベテルギウスS

    2018/12/28 阪神11R ダ1800m

    1着
    ロードアルペジオ
    藤岡佑介(1人気)
    2着
    マイネルバサラ
    川田将雅(8人気)
    3着
    プレスティージオ
    国分優作(11人気)
  • 3

    観月橋ステークス

    2018/11/10 京都10R ダ1800m

    1着
    インティ
    武豊(1人気)
    2着
    テルペリオン
    松若風馬(2人気)
    3着
    ドラゴンカップ
    和田竜二(6人気)

東海テレビ杯東海S 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2018/01/21 1回中京4日 11 ダ1800m 1:51.8 テイエムジンソク 古川吉 木原一 コスモカナディアン
2017/01/22 1回中京4日 11 ダ1800m 1:53.2 グレンツェント 横山典 加藤征 モルトベーネ
2016/01/24 1回中京4日 11 ダ1800m 1:51.9 アスカノロマン 太宰啓 川村禎 モンドクラッセ
2015/01/25 1回中京4日 11 ダ1800m 1:50.9 コパノリッキー 武豊 村山明 グランドシチー
2014/01/26 1回中京4日 11 ダ1800m 1:50.4 ニホンピロアワーズ 酒井学 大橋勇 グランドシチー
2013/01/20 1回中京2日 11 ダ1800m 1:51.0 グレープブランデー Cルメ 安田隆 ナムラタイタン
2012/05/19 3回京都9日 11 ダ1900m 1:56.4 ソリタリーキング 浜中俊 石坂正 ニホンピロアワーズ
2011/05/22 3回京都10日 11 ダ1900m 1:53.7 ワンダーアキュート 和田竜 佐藤正 ランフォルセ
2010/05/23 4回京都2日 10 ダ1900m 1:55.4 シルクメビウス 田中博 領家政 トランセンド
2009/05/24 3回中京2日 10 ダ2300m 2:23.7 ワンダースピード 小牧太 羽月友 アロンダイト

東海テレビ杯東海S コース解析

中京競馬場 ダート1800m
中京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

ホームストレッチの上り坂途中からスタート。前半は他のコースに比べてクラスごとの平均ラップに差がない。向正面は下りで最後の直線に再び上り坂とアップダウンが激しいため、スタミナを持つ先行馬が圧倒的に有利。G1のチャンピオンズCは先行争いが激しく、差し・追い込み馬の台頭もある。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 3 1:57.8 39.4 38.8 -0.6 2 3 3 1
未勝利 9 1:55.7 37.7 38.9 1.2 7 15 4 1
3歳 未勝利 62 1:55.2 37.7 38.7 1.0 33 91 53 9
古馬 500万 73 1:53.7 37.4 38.2 0.8 33 97 67 22
1000万 9 1:52.3 36.9 38.0 1.1 3 11 11 2
1600万 5 1:51.6 37.1 36.6 -0.5 2 10 3 0
オープン 9 1:51.0 37.0 37.1 0.1 6 9 9 3
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内(6.2.0.20)で勝率21.4%、複勝率28.6%。注目したいのは回収率で、単勝749%、複勝率252%。大穴メーカーとして期待できる。

期間内(4.4.3.23)で複勝率32.4%は悪くなく、単勝、複勝とも回収率は100%を超えている。

期間内(6.7.10.29)で複勝率44.2%、複勝回収率135%と好成績。

期間内(3.3.3.10)で複勝率47.4%とハイスコア。単勝、複勝とも回収率は100%を超えている。

消しの法則

期間内(2.1.1.33)勝率5.4%、複勝率10.8%と成績は芳しくない。

母父としては期間内(1.5.2.40)勝率2.1%と大不振。

8枠

期間内の勝率4.5%は1枠の勝率8.8%と比べるとほぼ半分。複勝率16.4%も全枠の中では最も低い。

東海テレビ杯東海S レース概要

1984年に創設されたG3の重賞競走「ウインターステークス」が前身で、1997年にG2へ格上げ。名称も「東海ウインターステークス」と改称。2000年には当時ダートのオープン特別として春に行われていた「東海ステークス」と統合され、施行時期を5月に移行のうえ名称も現名称となった。施行距離は創設当初ダート2200mだったが、1990年にはダート2300mに延長。2010年から2012年は京都競馬場のダート1900mで行われ、2013年から新装なった中京競馬場のダート1800mに変更。施行時期も1月に移り、フェブラリーSのステップレースとしての性格が強まり、2014年からは1着馬にフェブラリーSの優先出走権が与えられるようになった。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line