びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅢ) 毎日杯  特集

2019/3/23(土)阪神

サラ系3歳  芝1800m  

ネット新聞公開中

毎日杯(GⅢ)ネット新聞は3/22(金)よる公開!

毎日杯 想定

馬名 性齢 想定騎手 調教師 母父 前走

毎日杯特集 コンテンツ

毎日杯 ステップレース

毎日杯 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2018/03/24 2回阪神1日 11 芝1800m 1:46.5 ブラストワンピース 池添謙 大竹正 ギベオン
2017/03/25 2回阪神1日 11 芝1800m 1:46.5 アルアイン 松山弘 池江泰 サトノアーサー
2016/03/26 2回阪神1日 11 芝1800m 1:47.3 スマートオーディン 戸崎圭 松田国 アーバンキッド
2015/03/28 2回阪神1日 11 芝1800m 1:47.2 ミュゼエイリアン 川田将 黒岩陽 ダノンリバティ
2014/03/29 2回阪神1日 11 芝1800m 1:46.7 マイネルフロスト 柴田大 高木登 エイシンブルズアイ
2013/03/23 2回阪神1日 11 芝1800m 1:46.2 キズナ 武豊 佐々木 ガイヤースヴェルト
2012/03/24 2回阪神1日 11 芝1800m 1:49.6 ヒストリカル 安藤勝 音無秀 マウントシャスタ
2011/03/27 2回阪神2日 12 芝1800m 1:47.1 レッドデイヴィス 浜中俊 音無秀 コティリオン
2010/03/27 2回阪神1日 10 芝1800m 1:49.3 ダノンシャンティ 安藤勝 松田国 ミッキードリーム
2009/03/28 2回阪神1日 10 芝1800m 1:48.0 アイアンルック 小牧太 橋口弘 ゴールデンチケット

毎日杯 コース解析

阪神競馬場 芝1800m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

芝1600mスタート地点から200m下がった2コーナーポケットからスタート。3コーナーまで665mとたっぷり距離があり、枠順の有利不利はほとんどない。芝1600mと傾向はだいたい同じだが、外回りで直線が長いため、OPクラスでも前半1000m通過が1分を切るか切らないかのゆったりした流れが多い。

残り600mからの決め手が勝負のポイント。直線に入る手前から再加速する形となるので、緩急に対応できるかどうかが問われる。また、3~4コーナーのカーブは距離が長く、大外を回ると距離損になるので、できれば馬群の内に入れて回りたい。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 16 1.49.9 37.0 35.0 -2.0 34.7 6 27 9 6
未勝利 19 1.48.8 36.0 35.2 -0.8 34.7 2 22 21 12
500万 3 1.50.1 37.7 33.8 -3.9 33.1 0 6 0 3
オープン 3 1.48.2 36.4 34.6 -1.7 34.0 0 6 0 3
3歳 未勝利 33 1.48.4 35.6 35.2 -0.4 34.7 8 30 52 9
500万 8 1.48.5 36.1 34.7 -1.4 34.4 1 13 5 5
オープン 7 1.46.5 35.4 34.4 -1.0 33.9 2 7 6 6
混合 500万 30 1.47.0 35.4 35.1 -0.3 34.5 9 27 41 13
1000万 22 1.47.3 36.2 34.6 -1.6 34.1 7 29 23 7
1600万 14 1.46.1 35.6 34.6 -1.0 34.0 7 15 13 7
オープン 7 1.46.3 35.3 35.2 -0.1 34.6 0 3 12 6

買いの法則

中内田充正
厩舎
比較的ダートでの活躍が目立つ厩舎だが【3.2.1.11】で連対率29.4%。今後、成績を伸ばしてくる期待も含めて注目。
母父
エンドスウィープ
該当馬が見つけづらいデータで恐縮だが【4.2.3.8】で複勝率52.9%。ベタ買いしてもプラスになるオイシイ血統だ。

消しの法則

酒井学
騎手
【0-2-0-38】複勝率5.0%となかなか厳しい成績。
本田優
厩舎
リーディング上位の常連になりつつある厩舎だが、【0-2-3-30】と未勝利が続いている。
シンボリクリスエス
産駒
【3-1-0-47】と3勝してはいるものの、勝率5.9%、複勝率7.8%と出走機会の割に結果はひと息。
上記の集計は2014年~2017年3回阪神/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

毎日杯 レース概要

1954年に創設された3歳馬限定の重賞で、創設当初は日本ダービー後の施行でハンデ戦だったが、翌年より別定に変更され、1971年からはクラシック前の施行となり、関西馬にとってクラシックを目指す重要なステップレースとなっていた。距離は創設から芝2000mで定着していたが、2007年からは阪神競馬場に新設された芝1800m外回りコースへ変更。皐月賞はもちろん、NHKマイルCを狙う馬にとっても重要なステップレースとなり、近年は関東馬も度々西下して好走を見せている。
  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line