びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

(GⅡ) 神戸新聞杯  特集

(菊花賞トライアル)

2018/9/23(日)4回阪神7日目

サラ系3歳オープン (国) 牡・牝 (指) 馬齢 芝2400m 10頭 15:35発走

ネット新聞公開中

神戸新聞杯(GⅡ)ネット新聞は9/22(土)よる公開!

神戸新聞杯 レース結果

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝 人気 馬体重 調教師
1 1 牡3 56.0 12.9 5 494(-4)
2 2 牡3 56.0 4.6 3 468(+14)
3 3 牡3 56.0 2.7 1 460(+10)
4 4 牡3 56.0 11.9 4 454(+2)
5 5 牡3 56.0 27.4 8 452(+2)
6 6 牡3 56.0 16.7 6 496(+14)
7 7 牡3 56.0 181.4 9 530(0)
7 8 牡3 56.0 2.7 2 486(-4)
8 9 牡3 56.0 27.1 7 474(+2)
8 10 牡3 56.0 314.7 10 508(-5)

※2018年9月23日15時43分現在のオッズです。結果・成績などのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認して下さい。

馬名 性齢 斤量 騎手 タイム 着差 上り 通過順 単勝 人気 馬体重
1 3 3 牡3 56.0 2:25.6 34.2 ⑦⑦⑥⑤ 2.7 1 460(+10)
2 2 2 牡3 56.0 2:25.7 1/2 33.9 ⑩⑩⑩⑨ 4.6 3 468(+14)
3 6 6 牡3 56.0 2:25.7 アタマ 34.7 ①①①① 16.7 6 496(+14)
4 7 8 牡3 56.0 2:26.1 21/2 34.5 ⑧⑧⑧⑧ 2.7 2 486(-4)
5 4 4 牡3 56.0 2:26.4 13/4 35.2 ③③③③ 11.9 4 454(+2)
6 5 5 牡3 56.0 2:26.5 1/2 35.1 ④④⑤⑤ 27.4 8 452(+2)
7 7 7 牡3 56.0 2:26.5 クビ 35.4 ②②②② 181.4 9 530(0)
8 1 1 牡3 56.0 2:26.8 11/2 35.3 ⑥⑥⑥⑤ 12.9 5 494(-4)
9 8 9 牡3 56.0 2:26.9 3/4 35.2 ⑨⑨⑨⑨ 27.1 7 474(+2)
10 8 10 牡3 56.0 2:28.0 36.8 ⑤⑤④③ 314.7 10 508(-5)

払い戻し

単勝 3 270円 馬単 3-2 1,300円
複勝 3
2
6
120円
170円
330円
ワイド 2-3
3-6
2-6
320円
710円
940円
枠連 2-3 730円 3連複 2-3-6 2,930円
馬連 2-3 720円 3連単 3-2-6 10,650円

神戸新聞杯特集 コンテンツ

  • 日本ダービーイベント

    他の出演者・チケットの詳細は随時発表いたします!

神戸新聞杯 ステップレース

  • 1

    東京優駿A

    2018/5/27 東京10R 芝2400m

    1着
    ワグネリアン
    福永祐一(5人気)
    2着
    エポカドーロ
    戸崎圭太(4人気)
    3着
    コズミックフォース
    石橋脩(16人気)
  • 2

    ラジオNIKKEI賞C

    2018/7/1 福島11R 芝1800m

    1着
    メイショウテッコン
    松山弘平(2人気)
    2着
    フィエールマン
    石橋脩(1人気)
    3着
    キボウノダイチ
    戸崎圭太(9人気)
    1着 メイショウテッコン(松山弘平騎手)

    「内枠だったのであまりモマれたくないと考えていて、できればスムーズな競馬をしたいと思っていました。道中は少しハミを噛むところもありましたが、よくガマンしてくれました。3コーナー辺りから外に出したときもしっかり反応してくれました。抜け出してからは少しジリッぽくなるところもありましたが、持ち味の粘り強さを生かして2着馬のすごい脚をよく凌いでくれました。強い勝ち方でした。能力がありますし、この先落ち着きが出てくれば更に良いと思います」

  • 3

    2018/4/15 中山11R 芝2000m

    1着
    エポカドーロ
    戸崎圭太(7人気)
    2着
    サンリヴァル
    藤岡佑介(9人気)
    3着
    ジェネラーレウーノ
    田辺裕信(8人気)
    1着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)

    「とても嬉しいです。馬は落ち着いて走っていましたし、道中の感じも力強かったです。距離に不安はありましたが、強い競馬でしたし、距離に問題はなさそうですね。次も楽しみです」

    1着 エポカドーロ(藤原英昭調教師)

    「オルフェーヴルの初年度産駒。日高の出身です。関係者すべての力が結集した結果。戸崎圭太騎手が一番、感激していましたね。結果を出せて光栄です。ここまでのプロセスから、狙っていた舞台です。何通りか思い描いたなか、3、4番手も想定していて、ベスト展開となりました。前が飛ばし、単騎で逃げているかたち。状態は良かったですし、渋った馬場状態も味方しましたよ。リラックスして運べ、操縦性が高い。小倉のあすなろ賞も上手に走っていて、時計も持っていますからね。ここにきて、ぐっと馬がしっかりしてきました。新馬で負けたとはいえ、まだ成長途上。久々の未勝利をあっさり勝て、皐月賞へいけるのではと想像しましたが、ここまで余裕の勝ち方ができるなんて、驚きましたよ。爽快な気分です。今後に楽しみがふくらみます。まずは皐月賞に照準を合わせていましたので、またリセットしてダービーに挑戦したい。父は万能ですが、母は短めの血統背景。どのあたりに適性があるのか、当初は見極めが難しかったんです。体型からも距離延長となれば、ひと工夫が要るかもしれません。ただし、ポテンシャルは高いですからね」

神戸新聞杯 歴代優勝馬

開催日 開催 天気 R 距離 馬場 タイム 勝ち馬 騎手 調教師 2着馬(同着含)
2017/09/24 4回阪神7日 11 芝2400m 2:24.6 レイデオロ Cルメ 藤沢和 キセキ
2016/09/25 4回阪神6日 11 芝2400m 2:25.7 サトノダイヤモンド Cルメ 池江泰 ミッキーロケット
2015/09/27 4回阪神7日 11 芝2400m 2:26.7 リアファル Cルメ 音無秀 リアルスティール
2014/09/28 4回阪神6日 11 芝2400m 2:24.4 ワンアンドオンリー 横山典 橋口弘 サウンズオブアース
2013/09/22 4回阪神7日 11 芝2400m 2:24.8 エピファネイア 福永祐 角居勝 マジェスティハーツ
2012/09/23 4回阪神7日 11 芝2400m 2:25.2 ゴールドシップ 内田博 須貝尚 ロードアクレイム
2011/09/25 5回阪神6日 11 芝2400m 2:28.3 オルフェーヴル 池添謙 池江泰 ウインバリアシオン
2010/09/26 4回阪神6日 10 芝2400m 2:25.9 ローズキングダム 武豊 橋口弘 エイシンフラッシュ
2009/09/27 4回阪神6日 10 芝2400m 2:24.2 イコピコ 四位洋 西園正 リーチザクラウン
2008/09/28 4回阪神6日 10 芝2400m 2:25.3 ディープスカイ 四位洋 昆貢 ブラックシェル

神戸新聞杯 コース解析

阪神競馬場 芝2400m
阪神競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタート地点は2000mと同じで、こちらは外回りコースを使用。基本はスローの瞬発力勝負で、とにかく速い上りが求められ、このコース唯一の重賞である神戸新聞杯では34秒前後の決め手が必須。下級条件でも34秒~35秒台のラップが刻まれる。

決め手があれば4角のポジションはさほど問われない。流れさえ向けばマクリも決まる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 前5F 後5F 後3F 前後3F差
3歳 未勝利 9 2:28.5 37.0 62.4 60.7 35.8 -1.2 2 12 12 1
500万 6 2:28.3 38.1 63.8 58.9 34.3 -3.8 4 8 3 3
オープン 3 2:25.3 36.6 61.5 58.7 34.5 -2.1 1 1 4 3
古馬 500万 9 2:26.7 37.0 62.2 59.6 35.2 -1.8 4 8 9 6
1000万 13 2:27.1 37.3 62.1 59.9 35.6 -1.7 7 14 13 5
1600万 9 2:26.6 37.7 62.8 59.2 34.9 -2.8 2 15 9 1
オープン 1 2:25.4 35.8 60.0 61.2 36.8 1.0 0 1 2 0
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内(3.4.4.8)で連対率36.8%、複勝率57.9%と優秀。

各場の芝2400mに強く、ここも(5.8.3.6)で連対率59.1%、連対率72.7%。

消しの法則

(1.0.4.10)で連対率は6.7%と低い。

(0.0.0.9)で1度も馬券に絡んでいない。



3分でカンタン攻略!
コース解説動画

神戸新聞杯 レース概要

1953年に神戸盃としてスタートし、1972年より現在の名称へ。2000年以降は京都新聞杯が春に移行したため、関西では唯一の菊花賞トライアルとなり、負担重量は2003年より馬齢へ。また、阪神競馬場の改修によって、2007年から芝2400mに変更されている。過去の勝ち馬を見ても時代を彩った名馬が多く連ねており、距離が延びたこともあるのか、ここ10年で菊花賞馬を4頭輩出している。
  • twitter
  • facebook
  • line