新規会員登録

PR

サトノダイヤモンド

(牡3、栗東・池江寿厩舎)

ディープインパクト
マルペンサ
母父Orpen
通算成績3戦3勝
重賞勝利 16年きさらぎ賞(G3)
連対時平均馬体重500kg (最高:502kg) (最低:498kg)
前走時馬体重498kg
POINT伸びのあるユッタリとした好馬体。脚長で、体全体からしなやかさを感じさせる。真っ直ぐな四肢は狂いがなく、飛節の角度も理想的。多少の緩さは残すが、素晴らしい馬体と完成度。

リオンディーズ

(牡3、栗東・角居厩舎)

キングカメハメハ
シーザリオ
母父スペシャルウィーク
通算成績3戦2勝
重賞勝利 15年朝日杯FS(G1)
連対時平均馬体重498kg (最高:500kg) (最低:496kg)
前走時馬体重500kg
POINT相変わらず、迫力満点のボディ。首、肩、トモを中心にシッカリとした筋肉が全身を覆い、黒光りした馬体は毛ヅヤも抜群。各パーツのバランスが良いので、体重のわりに重苦しさは微塵も感じさせない。絶好の気配。

マカヒキ

(牡3、栗東・友道厩舎)

ディープインパクト
ウィキウィキ
母父フレンチデピュティ
通算成績3戦3勝
重賞勝利 16年弥生賞(G2)
連対時平均馬体重499kg (最高:506kg) (最低:496kg)
前走時馬体重496kg
POINT他を威圧するほどの迫力はないが、ケチをつける点がない若駒らしからぬ完成度。首さし~前肢、背中~トモにかけてのラインが絶妙で、“全身是バネ”といった造り。柔軟性の高さを感じさせる上質な筋肉も絶品。

エアスピネル

(牡3、栗東・笹田厩舎)

キングカメハメハ
エアメサイア
母父サンデーサイレンス
通算成績4戦2勝
重賞勝利 15年デイリー杯2歳S(G2)
連対時平均馬体重482kg (最高:484kg) (最低:480kg)
前走時馬体重484kg
POINT太い首差しと大きなトモが印象的。各パーツがシッカリとしており、配置と角度に狂いもない。毛ヅヤ、馬体のハリも上々。これで胴の伸びがあれば完璧だが、完成度は相当高い。

ロードクエスト

(牡3、美浦・小島茂厩舎)

マツリダゴッホ
マツリダワルツ
母父チーフベアハート
通算成績4戦2勝
重賞勝利 15年新潟2歳S(G3)
連対時平均馬体重448kg (最高:452kg) (最低:444kg)
前走時馬体重454kg
POINT全体的にスカッと見せて、まとまり十分の馬体。過不足なくシッカリとしたパーツで構成され、毛ヅヤも前走時以上に良くなった。体調自体は上々、ただし、馬体の成長度という意味において物足りなさを感じるのも確か。

マウントロブソン

(牡3、美浦・堀厩舎)

ディープインパクト
ミスパスカリ
母父Mr. Greeley
通算成績5戦3勝
重賞勝利 16年スプリングS(G2)
連対時平均馬体重470kg (最高:476kg) (最低:466kg)
前走時馬体重470kg
POINT太く映ることの多い芦毛だが、この馬はムダ肉のないスッキリした馬体で安定感が抜群。欲を言えば、トモ付近の筋肉にボリュームがほしいところだが、連戦の疲れを一切感じさせない好気配。

ディーマジェスティ

(牡3、美浦・二ノ宮厩舎)

ディープインパクト
エルメスティアラ
母父ブライアンズタイム
通算成績4戦2勝
重賞勝利 16年共同通信杯(G3)
連対時平均馬体重472kg (最高:476kg) (最低:466kg)
前走時馬体重476kg
POINT前走と比べ、トモの厚みは増し、バランスが取れた馬体。世代を見回しても、肩周りの筋肉量はトップクラスで、掻き上げる力は相当なものを保持している。トモのハリも丸みも申し分なく、力が出せる状態に仕上がっている。

プロフェット

(牡3、栗東・池江寿厩舎)

ハービンジャー
ジュモー
母父タニノギムレット
通算成績4戦2勝
重賞勝利 16年京成杯(G3)
連対時平均馬体重451kg (最高:456kg) (最低:448kg)
前走時馬体重448kg
POINTまだ腰高で完成は先だろうが、ハービンジャー産駒にしては重苦しさがなく適度にシャープさを感じさせる造り。京成杯以来だが、太目なくうっすらアバラが浮く程度。直前輸送を控えるが、思いの他仕上がった。

アドマイヤダイオウ

(牡3、栗東・友道厩舎)

ディープインパクト
アドマイヤマリン
母父クロフネ
通算成績4戦3勝
連対時平均馬体重488kg (最高:488kg) (最低:488kg)
前走時馬体重488kg
POINT前肢が被り気味なのは、生まれつきだろう。ディープ産駒らしい馬バランスの良さで、毛ヅヤもすこぶる良好。銭型が浮いて、内臓面もすこぶる健康。割り引く点を見つけるのが難しい。

ナムラシングン

(牡3、栗東・高野厩舎)

ヴィクトワールピサ
ドリームオブジェニー
母父Pivotal
通算成績6戦2勝
連対時平均馬体重511kg (最高:518kg) (最低:506kg)
前走時馬体重506kg
POINT腹回りはスッキリと見せており、トモのハリは前走だけありそう。脚が太く力強さもあり、ダートでも走れる馬体。肩回りに硬さが感じとられ、その辺りが課題か。表情からもテンションの高さが窺え、当日の状態はチェックが必要。

ジョルジュサンク

(牡3、栗東・鮫島厩舎)

ヴィクトワールピサ
ハリウッドローズ
母父ラムタラ
通算成績8戦2勝
連対時平均馬体重498kg (最高:508kg) (最低:492kg)
前走時馬体重508kg
POINTスラッと長い脚が特徴的だが、迫力さに欠ける。完成はまだ先のイメージで、筋肉量のアップが課題か。他馬と比べると見劣りするが、馬体は恵まれており、トモに力強さが出れば重賞でも好勝負出来そう。

アドマイヤモラール

(牡3、美浦・上原厩舎)

キンシャサノキセキ
カツラドライバー
母父ニホンピロウイナー
通算成績7戦1勝
連対時平均馬体重501kg (最高:504kg) (最低:500kg)
前走時馬体重510kg
POINTデビュー前からトモがしっかりとしていたが、ここに来て肩回りの筋肉量が著しく成長。やや寸詰まりな分、前傾にも見えるが、均整の取れた馬体へと変わりつつある。ひづめ部分は柔軟性があり、距離は2000Mまでだろう。本格的な完成は、もう少し先であることは否めない。