新規会員登録

高橋章夫の馬体FOCUS

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line

レッツゴードンキ

(牝3、栗東・梅田厩舎)

キングカメハメハ
マルトク
母父マーベラスサンデー
通算成績6戦2勝
重賞勝利 15年桜花賞(G1)

不安なくオークスへ!

桜花賞前よりも少し余裕のある馬体だが、輸送もあるので意識的な仕上げだろう。気性は穏やかな面と、瞬間的にカッとなる面があり、ゴチャつく競馬は性格的に合わないかもしれない。
ややマイラー色の強い馬体だが、この時期の3歳戦なら能力で結果が出るので、スムーズなレースが出来れば距離も問題ないと思う。毛艶もよく不安なくオークスに向かえそうだ。

ココロノアイ

(牝3、美浦・尾関厩舎)

ステイゴールド
ビューティソング
母父デインヒル
通算成績6戦3勝
重賞勝利 15年チューリップ賞(G3)
14年アルテミスS(G3)

いい意味で平行線のデキ

この馬も距離に不安はなさそうな馬体。桜花賞も仕上がり自体は良かったので、いい意味で平行線といったところ。体には筋肉がついているのに、首と脚が軽いのも長所だと思う。
首とお腹の毛が少し長いが、毛艶が悪いというほどでもないので、状態に関しては不安はないと思う。肩甲骨の可動域が広く、後肢が深く踏み込める馬体で、距離が延びて期待の高まる1頭だ。

クイーンズリング

(牝3、栗東・吉村厩舎)

マンハッタンカフェ
アクアリング
母父Anabaa
通算成績4戦3勝
重賞勝利 15年フィリーズR(G2)

馬体減の心配無用

フィリーズレビューでの大幅馬体減から更に2キロ減っていた桜花賞だが、馬体がしぼんでいた印象はなかった。この写真でも筋肉が落ちた感じはない。お尻の筋肉が股関節の下に集中しているのは、この馬の体型なので気にしなくていい。
マンハッタン産駒の中ではシングウィズジョイ同様、非常に軽いタイプ。前のつなぎが立っていて一見、硬さも感じる馬体だが、全身を使って走るフォームで、骨格の硬さを補っている天才型の馬だと思う。

シングウィズジョイ

(牝3、栗東・友道厩舎)

マンハッタンカフェ
シングライクバード
母父シンボリクリスエス
通算成績8戦3勝
重賞勝利 15年フローラS(G2)

最も長距離適性がありそう

マンハッタン産駒の中でも軽さに特化した馬体。コンパクトにまとまっていて瞬発力も持った体型。洗った直後なので濡れた体だが、疲れが残った様子はない。出走馬の中で一番、長距離適性がありそうな馬なので、特に注目したい。
首を下げて歩くところも、精神的におっとりしている馬の特徴だし、この状態をキープできれば桜花賞組に割って入れそうな怖さを秘めている。

ルージュバック

(牝3、美浦・大竹厩舎)

マンハッタンカフェ
ジンジャーパンチ
母父Awesome Again
通算成績4戦3勝
重賞勝利 15年きさらぎ賞(G3)

1週間で毛艶がどこまで良くなるか

桜花賞時よりフックラして馬体のボリュームは出たが、肝心の毛艶が今ひとつ冴えないのが気がかり。毛艶が良ければ走るとも言えないが、飼い葉を食べなくなった時に毛艶が悪くなるのも事実。時間的に1週間あれば変わってくる可能性はあるので、パドックでは毛艶に注目したい。
当週でも強い追い切りが出来そうな余裕があるので、写真より少し絞れていたら当然、巻き返しも期待できる。

キャットコイン

(牝3、美浦・二ノ宮厩舎)

ステイゴールド
ストレイキャット
母父Storm Cat
通算成績4戦3勝
重賞勝利 15年クイーンC(G3)

牝馬らしい上品な馬体

桜花賞同様、実に綺麗な馬体だ。筋肉質な見栄えのする馬が好きな人には物足らない馬体かもしれないが、スッキリして上品な体型だと思う。見た目通り、やや非力な面もあるので、良馬場が大前提の馬だろう。
各パーツが細く、痩せた馬だが、馬体の筋肉量自体は決して少なくはない。オークスでも大いに上位に来られるだけの資質を持った馬に見える。整った顔もこの馬の魅力の一つだ。

ノットフォーマル

(牝3、美浦・中野栄厩舎)

ヴァーミリアン
リミッターブレイク
母父マンハッタンカフェ
通算成績10戦2勝
重賞勝利 15年フェアリーS(G3)

雨が降れば望みもあるが……

左後肢を流して立っているので、お尻の形も薄く見えているが、この馬なりに体調は良さそう。蹄が寝ており、雨が降り始めた直後の滑る馬場は苦手かもしれないが、ぬかるんだ時計の掛かる馬場ならかえってプラスかも?しかし、このメンバーで2400m戦というのは、正直、厳しい戦いになるかもしれない。

ミッキークイーン

(牝3、栗東・池江寿厩舎)

ディープインパクト
ミュージカルウェイ
母父Gold Away
通算成績4戦2勝

名門厩舎らしい好馬体

池江厩舎らしい見栄えのする馬体で状態の良さが伝わってくる。少し幼さも残る馬体だが、レースを使うごとに芯が入ってきた感じ。忘れな草賞からのゆったりしたローテーションも良いし、楽しみだ。
小柄な馬体だが、決して痩せているわけではなく、体にはボリュームがあって中距離で活躍しそうな好馬体。パワーより軽いスピードを活かす馬体で、良馬場でこその馬だと思う。

ディアマイダーリン

(牝3、美浦・菊沢厩舎)

ハーツクライ
オネストリーダーリン
母父Kingmambo
通算成績6戦2勝

目下成長中の馬体。秋には更に良化か

ハミと手綱をつけたヨーロッパ風の立ち写真。馬を大切にする気持ちが伝わる写真だと思う。もう少し毛艶が良くなりそうな感じなので、ここからの上昇度に注目したい。1週前としては順調そうな雰囲気で、レース当日には、もっと綺麗に仕上がっていそうな馬体。
ハーツクライ産駒の体は徐々に筋肉がついてメリハリが出てくるので、ちょうど成長しているところだと思う。秋には更に良くなりそうな馬だ。

コンテッサトゥーレ

(牝3、栗東・安田隆厩舎)

ディープインパクト
エアトゥーレ
母父トニービン
通算成績4戦2勝

輝く馬体は好調の証

ピカピカに輝く馬体から好調なのは間違いないだろう。薄い蹄で馬場に敏感なタイプ。桜花賞の馬場状態より硬い良馬場が理想だと思う。
ディープ産駒の中では、そこまで繊細な気性ではないので、距離もこなせると思う。3着だった桜花賞から上昇した印象で、オークスでも警戒したい。

マキシマムドパリ

(牝3、栗東・松元茂厩舎)

キングカメハメハ
マドモアゼルドパリ
母父サンデーサイレンス
通算成績6戦1勝

ダメージなく馬場渋化で浮上も

フローラS後の疲れを心配していたが、馬体を見る限りダメージなくオークスに向かえそうだ。どんな馬場にも対応できそうな蹄で、馬体の筋肉量もある。馬場が渋った時に浮上しそうなスタミナもありそうだ。
この状態では、少し余裕がある感じだが、最終追い切りできっちり仕上げて来るだろう。肩の角度が僅かに立っているので、本質的には2000m以下が合いそうだ。