新規会員登録

PR

過去10年・トレンドジャッジ

去年指摘したように、以前重要なステップレースだったディセンバーS、チャレンジCの距離が2017年に変更され、レースとの関連がかなり薄れた。ステップについては定まらないレースと考えるべき。ただ、この10年は10月出走が1連対、それ以外は全部11月以降の出走馬が連対している。9月以前のローテだと3着までだ。

近5年でステイゴールド産駒が2勝、2着1回。キングカメハメハ産駒も2勝、3着1回だ。

内枠有利が際立つ。過去5年の連対枠はすべて5枠以内。さらに連対馬のうち8頭は3枠以内。

トップハンデは過去10年で3勝、計5連対。気にしなくていいだろう。また軽ハンデの食い込みは望み薄で、過去10年は53.5キロ以下の馬が馬券になったことはない。なお牝馬はこの10年は馬券圏ゼロ。

過去10年・連対馬血統

年月日 馬場状態 馬名 種牡馬 母父馬
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2
1
2

今年のポイントは?

ステイゴールド産駒4頭の登録からどれを重視するか。キングカメハメハ産駒2頭の登録からどちらを上位にとるか。

休み明けの有力馬の扱い。

近10年で30頭出走して全て4着以下である8歳以上馬。該当するエアアンセムの扱い。

有力馬・血統MMチャート

ウインブライト 8点

(牡5、美浦・畠山吉厩舎)


去年は9点の評価を与えた。マイルCSも着順ほど負けてはおらず、寒さと共にコンディションを上げてきた気配。ステイゴールド産駒の典型のような、小回り巧者、非高速馬場向きであり、5歳ならまだ老け込むこともない。ただトップハンデは問題ないとはいえ、この馬にとっての58キロは少し気になる。今年も重視だが、そこだけが減点。

ステイフーリッシュ 8点

(牡4、栗東・矢作厩舎)


近親にブラックホーク、ピンクカメオ、グレイル、ロジチャリスらがいる良質牝系。しかも父がステイゴールドで母父がキングカメハメハという、中山金杯御用達配合とも言える血統だ。このコースではホープフルS3着もある。血統だけなら当然高評価なのだが、不安点は枠。有利なはずの内枠が、この馬にとってはアダになる恐れ大。となると、内枠を引いた場合は勝ち切るまではどうか?

マウントゴールド 9点

(牡6、栗東・池江寿厩舎)


ステイゴールド産駒、坂コースも小回りにも実績あり。母方はダート兼用のパワー配合だ。季節も問わない。ハンデも56キロで止まった。時計が速くても対応できるし、あとは内枠を引ければ完璧だ。

ランガディア 6点

(牡5、美浦・木村厩舎)


キングカメハメハ産駒の適性は高いが、この馬は去年は広くて直線の長いコース、しかも左回りを集中して使われており、舞台適性はやや疑問。ダイナカール牝系の馬は、中山ではベストパフォーマンスが出せないケースも多い。

エアアンセム 7点

(牡8、栗東・吉村厩舎)


祖母がエアデジャヴ―、近親がエアシャカール、エアシェイディ、エアメサイアとくれば、間違いなく中山適性は高い。ただ、この馬自身が57キロになると少し甘くなるし、8歳という高齢はやはり気になる。アタマは無しという扱いを個人的にしてみたい。

伏兵馬・血統MMチャート

アドマイヤリード 6点

(牝6、栗東・須貝尚厩舎)


血統的には決してマイル専用ではない。前走はステイゴールド産駒らしく中山中距離で復活、G1馬の面目を保った。ただ今回は、牝馬がこの10年1頭も3着以内がないという強力なジンクスが立ちはだかる。押さえが精一杯か。

コズミックフォース 8点

(牡4、美浦・国枝厩舎)


キングカメハメハ産駒の二択はこちらだろう。母父が急坂コースと相性の良いネオユニヴァース。当該コースでは1年前の京成杯2着もあり、適性は実証済み。あとはこの日から復帰の石橋騎手の手綱次第だろう。時計対応も幅が広い。

タニノフランケル 6点

(牡4、栗東・中竹厩舎)


同型脚質はマイネルサージュくらいで、展開的には向きそうだが、折り合いの難しさと、急坂コースへの適性が疑問。4勝のうち2勝は道悪でのもので、時計が出る馬場が予想される今週のコンディションも苦しいか。大逃げがハマった場合のみか。

タイムフライヤー 6点

(牡4、栗東・松田国厩舎)


ホープフルSの勝ち馬ではあるが、当時は展開がハマった感が強い。また本来は晩成型なのに2歳から促成育成をされたからか、その後スランプが長い。菊花賞6着は本来のステイヤー血統が出たもので、小回りの時計が出るであろう芝の2000mは、本質的には向いていない。

中山金杯

マウントゴールドを軸としたい。ただ枠が左右するレースでもあり、あくまで暫定的だ。ステイフーリッシュも甲乙つけがたく、枠次第では本命候補。
※上記はあくまでも枠順確定前の見解。直前の状況などを踏まえた最終結論は、レース前夜に【血統トレジャーハンティング】にて公開します。

▲重賞攻略に必見のコンテンツをまとめました!