新規会員登録

PR

other

  • 有馬記念

PR企画 ホースメン会議

掲載期間:18年12月12日~18年12月16日

想像以上におトクな馬券の買い方!〜朝日杯FS編〜

皆さんは【3連複】という券種について考えたことはありますか?
3連複とは『1着、2着、3着となる馬の組み合わせを、順不同で当てる馬券』です。実はこの3連複が、3連単よりも『効率的に利益をあげられる券種』だと言うのをご存知でしょうか?
実際に直近のレースを例にして、如何に3連複が優れた券種であるかというメリットをご紹介いたしましょう。

【1】3連単よりもおトクになる事も

3連単は大きな配当が出ることも多いですが、順不同の3連複と違って着順通りに当てなければいけないため、3連複と比べて購入点数が多くなりがち。

例えば、軸馬から相手5頭へと流す馬券を購入しようとすると、3連複は10点の組み合わせに。

3連単で同じ組み合わせを買うと、軸1頭マルチで60点になります。

その差は実に6倍。つまり3連単は、配当が3連複の6倍以上になっていなければ、損になってしまうという事なのです。

ここで、皆さんの中でも馬券を買われた方が多いと思われる昨年の有馬記念を例にしてみましょう。当時の3連複の配当は5420円。対して、3連単の配当は2万5040円でした。これを上記の馬券で1点あたり100円で買うとすると、購入金額と払い戻し金額は以下の通りになります。

[3連複]
購入金額:1000円
払戻金額:5420円
購入金額の5.42倍を払い戻し!
[3連単]
購入金額:6000円
払戻金額:2万5040円
一見すると大きなプラス収支も
実は購入金額の4.17倍
払い戻しに…。

配当を投資金額で割った回収率は、それぞれ[542%]と[417%]という結果になります。

ちなみに、同じ6000円分の馬券を購入するとして、3連複(10点)を600円ずつ購入していれば以下の通りになります。

[3連複1点600円の場合]
購入金額:6000円
払戻金額:3万2520円
3連単1点100円購入より
7000円以上おトク!

実際に同じ購入額で比較すると、3連複のほうがよりおトクな馬券であったと簡単におわかりいただけたでしょう。

【2】取りこぼしを減らすことができる

昨年の有馬記念でも2,3着馬の着差はわずかにハナ差でしたが、順番通りに当てなければいけない3連単ではたとえ1cm差でも順番が逆転してしまえば、馬券は外れてしまいます。

しかし、3連複ならば、クビの上げ下げで着順が決まるような接戦でも、順不同で3頭が上位に入線すれば的中。「1,2着が逆ならば当たっていたのに……」といった取りこぼしを極力減らすことが可能で、即ちそれは的中率の向上につながると言えます。

いかがでしょう。ここでは簡単に2点にまとめさせていただきましたが、3連単と比べて見た目ではインパクトの小さい3連複の配当も、しっかりと計算してみれば『おトク』になるという事が、おわかりいただけたでしょうか。

今週行われる朝日杯FSでも、このように3連複のほうが『おトク』と言えるオッズが確認できる可能性は十分にあります。是非レース当日は、3連複のオッズを6倍してみて、3連単とどちらがおトクなオッズになるかを注目してみてください。

そしてこのコーナーでは、朝日杯FSの3連複馬券の軸馬候補、好配当の使者となり得る穴馬候補を1頭ずつピックアップしてご紹介いたします。是非、馬券検討にお役立て下さい。

※以下でご紹介する候補は12/12(水)時点のものです。最終結論については、直前の分析などを加味しての公開となりますので、是非そちらにもご注目ください。

平成初の牝馬による朝日杯制覇なるか
グランアレグリア

牝馬でありながら、先週の阪神JFではなくあえて牡馬混合の朝日杯FSに挑戦。ただ、これまでの成績を考えると、既に牡馬を含む2歳世代の競走馬としてトップレベルのパフォーマンスを見せている存在です。圧巻だったのが6月の新馬戦で、2歳新馬として史上初となる1600M=1分33秒台の勝ち時計を記録しての圧勝を果たしました。この時下した相手が後に阪神JF(G1)を制するダノンファンタジーという事を考えても、相当に価値のある内容であった事は間違いありません。これまでの2戦でタッグを組んできたルメール騎手とのコンビ継続という点も大きな強みで、牡馬を撃破してのG1制覇の可能性が十分にあります。

鋭い末脚は広いコースでこそ
アスターペガサス

6月の函館でデビューすると、新馬勝ちを果たして重賞の函館2歳Sに挑戦。初戦こそ先行しての押し切りという形で競馬を進めましたが、この函館2歳Sではスタートが上手く決まらずに馬群の後方を追走する形に。200M少々と直線が極端に短い函館コースで4角11番手というかなり後ろ寄りのポジションだっただけに、その時点で万事休すとなってもおかしくないレースぶりでしたが、直線で鞍上のゴーサインが出ると鋭く反応して差し切り。普通であれば届かないような位置から勝ち切ったように持つ脚力の高さは相当に高く、阪神外回りコースで末脚を全開できるようならば、ゴール前で上位に台頭してくるでしょう。

PR企画 ホースメン会議

ここまでお読み頂いた方には、12/16(日)のレース当日13時に『朝日杯FS・3連複10点勝負』を特別無料公開いたします。創業37年のホースメン会議は、先週も無料公開していた阪神JFで完全的中をお届け。また、カペラS(1万8840円的中)、香港スプリント(1万3970円的中)でも的中をお届けし、勝負指定した重賞で3戦3勝の成績を収めました。その他にも、この秋無料公開していた菊花賞(G1)では7番人気のフィエールマンを本命指名し10万0590円を的中しております。今週ホースメン会議が無料公開する阪神JFにも是非ご注目ください。

※朝日杯FSが的中しなかった場合は「7割当たる」と言われる予想陣の【1日1鞍の渾身予想】を1/20まで(4週間)無料配信いたします。