【阪神JF】2戦2勝クロノジェネシス 初のマイル戦に北村友「逆に競馬がしやすいかな」

クロノジェネシス

阪神JFへ最終追い切りを行うクロノジェネシス

5日、阪神ジュベナイルF(G1)の追い切りが栗東トレセンで行われた。

新馬戦、アイビーSを2連勝中のクロノジェネシス(牝2、栗東・斉藤崇厩舎)は、CWコースで最終追い切り。主戦の北村友一騎手を背に6F82.7-67.5-52.6-38.7-12.1秒をマークした。追い切り後コメントは以下のとおり。

【北村友一騎手のコメント】
「(2戦2勝を振り返り)本当に抜け出す脚が速いなと思いました。(いずれもスローペース、折り合いは?)少し行きたがるようなところはありますが、コントロールのつく許容範囲だったと思います。(前走では成長を感じた?)新馬の頃から動きが良かったので、特にここが変わったというのはないんですけど、変わらずに来ていることが十分だと思います。

(中間の調整について陣営から話は?)少しイレ込みがキツく、体がフックラとする感じではないですが、順調に、変わらずに、波が無く来ているなという感じはします。(1週前追い切りの感触)この馬らしい本当に良い動きだったと思います。(最終追い切りの指示は?)前に1頭置いて、それを5馬身くらい見ながら、最後は余力を残しながら交わすという内容でした。(その感触は?)余力を残す中でしっかりとこの馬らしさも出せたので、凄く良い追い切りだったと思います。

(今回は初の舞台、距離も1F縮まる)1800mでもどちらかというと行きたがるタイプ馬なので、1600mになることに関しては逆に競馬がしやすいかなと思いますし、だからといってペースは絶対に早くなるでしょうから、そこに惑わされないように馬のリズムで走れれば全く問題はないと思います。

(この馬の強み、持ち味は?)瞬発力と加速が良いと思います。(初めて跨った時の印象は?)手先が軽いなと。そして、シンプルに脚が速いなと思いました。(理想のレース展開は?)特にないです。(最後にメッセージを)クロノジェネシスの良いところを見せられるように一生懸命頑張りたいと思います。よろしくお願いします」