【11月18日】クロノジェネシスが有馬記念参戦へ!…主なニュースまとめ

夏と冬のグランプリ連覇を目指すクロノジェネシス

夏と冬のグランプリ連覇を目指すクロノジェネシス


宝塚記念を圧勝し、天皇賞・秋では3着だったクロノジェネシスが、招待されていた香港Cを辞退し、有馬記念(12月27日、中山芝2500m)に向かうことがサンデーレーシングから発表されました。鞍上は引き続き北村友一騎手。

有馬記念には同じサンデーレーシング所属のラッキーライラックフィエールマンも参戦を予定しており、揃い踏みとなりそうです。

●レイパパレはチャレンジCへ
デビューから無傷の4連勝中のレイパパレは、チャレンジC(12月5日、阪神芝2000m)に参戦することが決定。

同馬は秋華賞を抽選の結果除外となっており、今回が初めての重賞挑戦となります。

●サブノジュニアはカペラSへ
JBCスプリントで中央勢をまとめて差し切ったサブノジュニア(牡6、大井・堀千亜樹厩舎)は、次走、カペラS(12月13日、中山ダート1200m)に参戦することが決定しました。