調教ビフォーアフター馬
◎ステレンボッシュ
(牝3 美浦・国枝厩舎)

桜花賞1着時に騎乗したJ.モレイラ騎手は今週ブラジルのレースに参加。そのため今回初コンビとなる戸崎騎手が跨った1週前追いが圧巻の内容でした。格下の調教パートナー2頭を大きく追走すると、最後まで持ったままの手応えでラスト1ハロン11秒1をマーク。

補足として前走時は栗東トレーニングセンターで調整。また1週前追い当時は雨の影響で馬場状態が不良まで悪化しており参考程度ながら、この中間は桜花賞の反動どころか、久々を使われた上積みを感じさせる動きを披露しています。

BEFORE (前走:桜花賞1着)
1週前 栗東ウッド(不良)
82.2 68.0 53.6 38.5 24.4 12.1 馬なり
AFTER (今回:オークスの中間調整)
1週前 美浦ウッド(稍)
83.6 65.8 51.3 36.9 23.2 11.1 馬なり

参考までにステレンボッシュと同じ国枝厩舎の管理馬で、2018年のオークスを制したアーモンドアイの1週前追いが、ルメール騎手が騎乗して重馬場で5ハロン66秒6(馬なり)。また当時は手動計測とはいえ、ラスト1ハロンは12秒4とやや時計を要していました。

後に牝馬3冠を制覇、G1競走9勝の大記録を打ち立てた偉大な先輩と比較しても、今回のステレンボッシュ1週前追いは勝るとも劣らない内容。現時点で調教の動きは歴史的名牝に肩を並べる領域に達しており、どんな走りを見せてくれるか目が離せません!

先週のヴィクトリアマイル2着フィアスプライド(4人気)を始め、今春のG1は高松宮記念1着マッドクール(6人気)、大阪杯1着ベラジオオペラ(2人気)、天皇賞・春1着テーオーロイヤル(1人気)と当コーナーで紹介した好調教馬が毎週のように激走!

今週の美浦ウッドでステレンボッシュを上回る「ラスト1ハロン10秒9」を叩き出したオークスの調教ビフォーアフター馬をメルマガで限定配信します。ご登録のメールアドレスから是非チェックしてください!

メール設定の確認はコチラ