東京の連続G1も一区切り。それをお天道様も知っていたのか、梅雨入りに加え、東西の馬場は雨の影響を受けそうですね。

今週は関西に来ておりますが、梅田は金曜夕方にはもう雨が上がっていたにも関わらず、夜はゲリラ豪雨。お近くの甲子園も試合が一時中断していました。

阪神芝は、日曜には良馬場になるのではないかとみていますが、水分も含み、タフな馬場になるんじゃないかと思います。

■しぶとくタフな差し馬を重視

ということで、今日はマーメイドS(G3)
中心に取り上げたいと思います。

昨年は勝ち馬アンドリエッテの本命から
上手くハマってくれたレース。
「今年も・・・」という思いは密かに
ありましたが、どこからでも入れそうな
実力拮抗のメンバー。難解ですね。



ただし、ハナに拘るタイプではないにせよ
先行脚質が多く、前掛かりのレース展開に
なることは想像できます。

過去のレースをみても
一定ペースで流れる傾向。
コースは内回りのコーナー4つ
加えて2度の坂越えのコース。

それに、土曜のレースを観ると
直線が向かい風の為かもしれませんが
後半戦は差しも目立っていました。
ここはパワーとスタミナのある馬を
イメージして臨みたいと思います。



まず、重視したいのは④センテリュオ
今回は前述の通り、多頭数で先行タイプが
揃ったことで締まった流れになりそう。

ならば位置を取りにいく馬よりは
その後ろ、中団~後方あたりで
構えられる馬を狙ってみたい。

前走は強風の中の特異なペースとはいえ
ラストの決め手は秀逸でした。
2200m戦で牡馬相手にも好走しているように
スタミナも持ち合わせていそうです。



穴なら①サンティール
これまでの戦歴をみると
昨年のパールS勝ちや新潟の佐渡Sなど
中距離のハイペース戦で好メンバーを相手に
差して好走している点は見逃せません。

これまで東京や新潟コースでの実績が
目立ちましたが、前走で急坂のある
中山でも目処の立つ走り。
インで我慢して、直線で一発という
競馬を期待したいです。


土曜段階のオッズでは伏兵扱いですが
昨年5月には一度、1600万下戦を
勝利している「隠れオープン馬」。

今年から無くなった降級制度により
勝利しながら、その後、勝ちきれず
現在も「3勝クラス」の立場の身。
思い返せば昨年の勝ち馬は
マーメイドSの前走でこの馬と
同じレースに走って3着でした。



人気勢ではマークをあいそうですが
コース条件は合うであろう⑤ランドネ
近走充実の⑪モーヴサファイアもマーク。
最終的な印は↓↓↓に入ります。

マーメイドSの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒



■実力差がハッキリしているエプソムC 穴の可能性を探るなら

東京のエプソムC(G3)
⑧ミッキースワローの実績、臨戦過程は
メンバー中、上位でしょう。

前走、新潟大賞典組も次戦でコンスタントに
走っている上、その前回も重いハンデを
背負ってのパフォーマンス。
大崩れは想像できませんでした。



対抗なら勝ち味に遅いものの
相手なりに走ってくる⑦プロディガルサン

穴なら先行馬手薄の中、内枠から獲りたい
ポジションで運べそうな⑤アップクォーク
印は↓↓↓に入ります。

エプソムCの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒


次週の当コラムはユニコーンS(G3)函館スプリントステークス(G3)を取り上げます!

ユニコーンSは前々から、楽しみにしていた一戦。ここでどれだけ通用するのか、楽しみな馬がいるんです。

函館スプリントSも距離短縮がハマるとみていた、タワーオブロンドンのパフォーマンスに注目しています。

また、トレセンで見聞きしたものや、16日(日曜日)からの宝塚記念特集もご期待ください!