昨年は今年も出走している古馬に本命を打って外してしまったレース。結果的には、ペースも遅ければ、枠も外。展開を読めなかったことに尽きる。

今年のメンバーはその前年と比較すると、いささか新興勢力が少なく感じる点は物足りないが、上位人気はその世代の3冠路線を牽引してきた馬ばかり。軸に据える馬を決めるにあたり、3歳か4歳か、という視点で今年は考えた(世代比較論はあまり好きではないが)。

人気の3歳はカンタービレノームコア

まず、ノームコアは前走の紫苑ステークスで春の惜敗続きが嘘のような勝ちっぷり。個人的にも評価していた一頭でもあり、勝利することに驚きはないのだが、当日の中山競馬場は向こう正面が向かい風、ゴール前が追い風で、1日の中でも俗にいう加速ラップのレースが4つもあった。要は直線で急坂が控えていながら、追い風の恩恵があったということだ。

その点、ノームコアは向こう正面で風除けを造り、直線で抜け出す完璧な競馬。2着マウレアが入線後下馬したことからも、この圧勝の着差は一概に評価し難い。繰り返しになるが、もともと能力を買っていた馬とはいえ、今後も将来があるとは思うが、今回の人気は買いかぶりといえないか。

また、カンタービレはローズSではスローを見越した立ち回り。秋華賞は距離不安を感じていたのか、秋華賞らしくないそこまで厳しくないペースで差しに決め打ち3着。世代上位の存在であることは間違いないだろうが、思い返すと、今年の3歳牝馬はオークス2~6着が秋華賞に出走できなかった。押し出されての結果とも考えられる。しかも、走法もゆったり大トビというよりは回転が速め。距離延長はどうか。

結果、軸は4歳の⑦モズカッチャン。今年は3戦して勝ち星から見放されているが、いずれも牡馬、しかもG1レベルの相手と戦ってきたもの。昨年の女王杯以来、今回と同じ3カ月ぶりで芝二二戦の京都記念では、周りが空ける内を突いて(他のレースでも内を空けていた)、G1好走レベルの牡馬と接戦している実績は、ここでは威張れるもの。頓挫があって府中牝馬ステークスを使えなかった誤算はあったかもしれないが、力は上位だ。

同じ4歳世代のリスグラシューも強力だが、適性距離のフィールドはこちらが上位だろう。

3年連続で連対していた3歳馬不在の福島記念(G3)。それに抜けた存在が少なく、考え甲斐のあるレースになった。ただ、軸にするならスティッフェリオが最適か。戦歴からみても、コーナー4つの小回りコースに強く、札幌記念も激しいペースを流れに乗って5着。力をつけたと思わされたものだ。

また、今の福島芝はあまり外を回すようだと届かない。フルゲートになったことからも、先行して脚を溜める競馬ができそうなこの枠は絶好。メンツ的にも流れそうなことから、この馬のしぶとさが活かせるだろう。

前走を踏まえると、仕掛けも控え目になりそうなマイスタイル、ディープ産駒ながらしぶといタイプのレトロロックもマーク。

メンバーは悪くなかった昨年のアメリカJCCの4着は力を感じたルミナスウォリアーも展開はハマりそう。ただし、まだ完調ではないか。

●あとがき
日曜は福島7Rのパルクデラモール。前走で負けた相手は昇級でも2番人気に支持されていたほど。当該コースに勝ち鞍もあり、ひと叩きで上積みが見込めます。イタリアンホワイトも強力ですが、フットワークの大きな馬。この枠は競馬がしづらそうです。

京都8Rのテイエムチューハイ。ここ最近、一日一善ならぬ「一日恭介」というと、ハードルが上がりますが、1週間に1度は穴をあけている国分恭介騎手。穴というほどではありませんが、馬は現級実績が豊富。引き続き好走しても。

京都12R・ドンカスターCのテイエムグッドマンは近走の勝ち馬をみてください。アードラー、ファッショニスタ、テーオーヘリオスと実績馬揃い。休み明けでも期待したくなります。