皆さん、こんにちは。先日のシンザン記念はパッシングスルーで堅いと思ったのですが、タフな馬場が合わなかったのか、それとも初物尽くしの条件が厳しかったのか、4着。

新馬戦の走りを観て「まだ成長途上だなあ」と思っていた勝ち馬にやられましたし、空振りの予想でした。

将来性に繋がる一戦だったかといえば半信半疑なところですが、アントリューズ辺りはまだ緩さの残る現状ですし、巻き返しがあるはず。今後に繋げたいところです。


■フェアリーSは人気どころが軒並み除外、1勝馬が16分の14頭!

コラム用


そして、開催2週目は早速、3日間開催ですね!レースがあることは嬉しく思いますが、時季が時季だけに雪の不安などが心配になりますねえ…。

今年は各日に重賞が振り分けられたことで、お客様も注目してくれるんでしょうかね。コチラはコチラで盛り上げていく他ありませんが。

土曜重賞のフェアリーS(G3)は週始めから人気が予想されていた辺りがゴソっと除外しましたね。

コントラチェック(C.ルメール)
タニノミッション(川田将雅)
ルガールカルム(O.マーフィー) 他4頭

3歳牝馬戦だけに、馬は分からなくても、騎手名を記すことで出ていれば人気はしていたんだろうな、ということは伝わると思います(笑)。

しかも、タダでさえ2勝馬が16頭中2頭というメンツ。上のあたりが姿を消したことで、玉突き的に祭り上げられた人気になりうる馬もいそうです。



■今年の上位人気候補とジャッジ

アクアミラビリス


上位3番人気に入ってきそうな馬はこの辺りでしょうか。

アクアミラビリス
姉クイーンズリングは女王杯勝ち、有馬記念でも2着。何よりミルコ・デムーロ騎手騎乗

レーヴドカナロア
初戦、重賞とルメール騎手が騎乗したように陣営の評価も高い。レーヴディソールら兄姉は重賞でお馴染み

アマーティ
サウジアラビアRCで3着に好走



しかし、このレースの過去10年をみても、1番人気こそ(3-1-1-5)ですが、2人気(1-1-1-2)、3人気(2-0-1-7)、4~5人気(0-2-2-16)と一筋縄では行きません。

12番人気以下のような爆穴こそめったに飛んできませんが、上位人気のいずれかと中~下位人気の決着が本当に多いですね。




今年の人気どころも軽視はできないものの、全くスキがないとは言えないと思います。

アクアミラビリス⇒姉が中山巧者だったとはいえ、コチラは小柄でパワーに劣る感も。

レーヴドカナロア⇒鞍上がまだ日本の競馬にフィット出来ていない感。新馬戦は悪くないものの、前走が物足りない。状態が悪かった?

アマーティ⇒レースの組み立てが難しい大外枠。新潟での上がりや軽いフットワークをみると、中山の坂も疑問



■今回の上位指名候補と根拠

コラム用


というワケで、今年も上3つからは入るには心もとない。いや、というよりも穴を狙い易いレースですし、穴を狙うべきレースだと思うんですよね。

改めてフェアリーSのポイントをおさらいすると、


・タフな中山コースを克服するだけのパワー
・持続力勝負になりやすい



といったところでしょうか。脚質別でみると、逃げも決まりますが、後方からではシンドイところ。

1ハロン12秒を切るか、前後辺りで一定のペースで流れたり、マクって来る馬もいたり、タフさは求められますね。

しかも、パワーを要求されるだけあってか、過去10年で440kg以上の馬体重の馬しか勝っていません。



その上で、上3頭をあえて下げて、中盤人気勢に狙いを定めると、この辺りが気になりました(人気読み間違えたらすみません)。


①フィリアプーラ
③エフティイーリス
⑧ホウオウカトリーヌ
⑬グレイスアン
⑫チビラーサン



特に重視したいのは⑧ホウオウカトリーヌです。距離実績で嫌われそうですが、未勝利勝ちは4馬身差の快勝。

しかも、中山芝1200m戦の歴史において、勝ち馬の使った上がり33.7秒というタイムは2歳馬としては過去最速。2歳馬の上がり3Fでも歴代6位タイでした。

中山コースの急坂でこれだけの裏打ちがあるということは、コースは大歓迎。あとは距離さえこなせればというところ。

今週の追い切り映像をみても、今週の力の要る馬場状態を物ともしない動き。つまりパワーがあるのでしょうね。

余談ですが、管理する栗田徹厩舎は今年伸びそうな予感がしています。先週もシンザン記念でアントリューズが人気を集めていましたし。


コラム用


③エフティイーリス⑬グレイスアンも良さそうですが、トビがゆったりしていて、忙しくなった場合がどうか。

しかし、グレイスアンは若駒離れした精神面といいますし、鞍上はこのコースに強い。馬はいかにもパワー向き。侮れません。

①フィリアプーラは前走でコース適性を証明済みですね。ペースが上がれば、この馬じゃないでしょうか。


フェアリーSの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒


最終的な印順はココに入る予定です。夜には公開されると思うので、ぜひチェックしてください。

これだけ書いておいて、こう勧めるのもナンですが、このレース、水上さんがメチャクチャ相性イイんですよね。今から僕も気になってます。



■競馬場周遊記 園田競馬場にいってきた

コラム用




もうずいぶん前のことのように思えますが…昨年の兵庫ゴールドトロフィーの日に園田へいってきました!

今回はスタンドも改修されたということで、どんな雰囲気だろう?と思っていたのですが、これはビックリ。だいぶ一新されてました!!

園田に限らず、各地の競馬場がドンドンよくなっている地方競馬。この流れで今後もお客さんが増えるといいですね~。



コラム用

コラム用

グッズショップもリニューアル 対面には放送スタジオブースも

コラム用

関係者の方に昔の本もみせてもらいました 若い(笑)



■この馬も買いたい



まずは中山5R(3歳未勝利)の⑬プチティアレです。

もともと陣営も中距離向きとみていたそう。前走も最後の最後だけで浮上したという結果でした。

ルーラーシップ産駒も中山芝2200m戦は(4-3-1-7)で連対率46.7%と相当相性のイイ舞台。

トビが大きく、パワータイプが多いので、ゆったり運べる外回りで坂もあるこのコースはいいのでしょうね。



もう一頭は成田特別の⑤イルフォーコン。今のパッサパサの砂はピッタリ。

多少前が流れてくれそうなメンツも好感です!