みなさん、こんばんは。土曜の東京は雪マークが。

思えば、昨年のこの週はクイーンカップが翌月曜に行われていました。

個人的には、どのみちレースは行われるわけですし、延期になるのはかまわないのですが

(延期と決まったわけではないですよ)不確定要素が増えない状態で行われる方がいいですよね。

思い出すのは、2014年の東京。2週連続土日中止。あの時を思えば、なんてことありません(笑)。


■きさらぎ賞はまさかまさかの結果に


遅くなりましたが、まず先週の重賞についても触れさせてください。

東京新聞杯(G3)は○△◎で的中。本命としたサトノアレスは惜しい競馬でしたね。

勝ち馬は出遅れたからこそ、あのポジションを挽回してとりにいっていましたが、普通にゲートを出ていたサトノアレスの競馬は悪くなかったと思います。

それよりも、最後の直線で前の馬の動きに影響された感。内が空いたままで、そのまま突けていえれば、もっと際どかったんじゃないかと。

なかなか勝ち味に遅い点は否めませんが、馬場が硬くなりそうな春の東京は合うはず。リベンジの機会を期待したいです。

コラム用

インディチャンプの歩きは終始こんな感じでしたね

コラム用

コラム用

サトノアレス 気配はよかったと思います

コラム用

見た目という点では、やはりタワーオブロンドンは気になりますね(笑)

きさらぎ賞(G3)は人気上位2頭がよもやの惨敗でした。

特にアガラスは、戦前から気性面の不安も囁かれていただとはいえ、あそこまでとは…。

「折り合いをつけられなかったことが反省」とはジョッキーの弁。

スタートしてカットされ、道中もメイショウテンゲンにプレッシャーをかけられる形。

それも、克服していかなくてはいけない課題なのでしょうが、まさかあんなに大敗するとは思いませんでした。

余談ですと、個人的なWIN5で16通りを購入。ここだけが不的中でした・・・。


■日曜東西重賞の先取り見解


さて、今週は土日で3重賞。前述のとおり、土曜のクイーンカップは少し雪の不安も。

日曜の東西重賞も少頭数ですね。共同通信杯(G3)は特に堅い結果となりそう。

普通ならば少頭数=スローでしょうが、アドマイヤマーズはキレ味勝負よりも、自ら動いていった方が持ち味は活きそう。

ナイママは前走は控える競馬を経験して、次はどう出てくるのか…。

追い切りもまだ観ていませんし、展開面も改めて考えたいところですが、期待しているのはダノンキングリー

新馬戦はスローの加速ラップ。高速決着を大外から封じ込む競馬とパフォーマンスは高い。

たった2戦とはいえ、見る限り、折り合い面の苦労はなさそうなのは強みですね。あとは距離適性だけです。


一方の京都記念(G2)は先行タイプはいるものの、テンが速くなかったり、急かしたくないタイプ。

ゆったり目に入って、後半の持続力勝負となるのではないでしょうか。

プラス、今の京都の芝の状態を考えると、パワーも必要。

タイムフライヤーはそろそろ馬券圏内があっていいと思います。

3歳春はなかなか噛み合っていなかったものの、秋以降は復調気配。

兄姉はダートで勝鞍があるようにパワーのある馬で、万が一、遅くても前走のように動ける対応力もあり。

別定戦ながら、最軽量の55kgという点からも、結果を残したいところではないでしょうか。


■更に先週の回顧 次走、先物買い!


日曜に取り上げた推奨馬は前半マズマズ。後半失速でした。ここでは今後、次走走りそうな先週の出走馬に触れておきたいです。

・土曜東京2R 4番人気2着 ディレット

追い切り本数をみると、明らかに仕上がり途上。それでも、いいダッシュをみせていました。

これも気のいい父の産駒ならではですね。叩いた次回は更に良さそうです。


・土曜東京10R 3番人気7着 サトノオンリーワン

全兄が持続力勝負が得意のソールインパクト。この馬もキレ味勝負では分が悪かったです。


・土曜中京1R 2番人気1着 サンレイファイト

ゲートをアオって出遅れも、道中は後方待機で終いに懸ける競馬。

決して楽なペースで流れたわけではない中、先行勢も最後まで粘っていたところを差し切り。

着差こそ僅かですし、直線もインが空いたとはいえ、額面以上の強さを感じました。


・日曜京都3R 8番人気6着 キンシロウ

人気は落としていましたが、新馬前から追い切りは悪くない馬だと思います。

芝スタートでダッシュがつかず、後方からの競馬の中、よく追い上げていました。

ちなみに、母はJBCレディスクラシックで3着の地方馬。


・日曜京都12R 12番人気5着 クリノシャンボール

現級でも好走歴のある馬が久々にらしい競馬をみせてくれました。

ただ、身体はもっと絞れていいはず。叩いて良くなる厩舎でもあり、人気がなければ、今後も面白そうです。


・日曜中京6R 1番人気1着 ファナティック

人気通りの結果ではありますが、道中でモマれても動じないところは強み。

末脚は堅実で、間に合えばオークス路線に乗ってくるかもしれませんね。


・日曜中京11R 3番人気8着 タガノヴェローナ

前走は2走前を踏まえ先行策をとっていたはず。今回は同馬主がいたから、控える競馬になったのかもしれません。

使い詰めでも追い切りは動いていたようですし、直線では行き場をなくすアクシデント。惜しい内容でした。