土曜の中山牝馬ステークス。本命としていたアドマイヤリードは個人的には今年イチ、買いました。

結果、内枠がこたえた難しい競馬になりましたね…。

もっと中山での走りがみたかったですが、報道どおりであれば、これで引退のはず。

下級条件時代から追いかけていたワンブレスアウェイなど含め、繁殖入りとなる馬が多いでしょう。

第二の馬生を幸せに過ごしてほしいです。

いや~それにしても、この敗戦はへこみました・・・。

■スピードとパワーを兼ね備え 初の千四もプラス!

コラム用

晴れの多いフィリーズレビュー 馬場悪化は2011年以来となりそうですね

日曜は阪神、中京で重賞。

週中にも取り上げましたが、僕はフィリーズレビュー(G2)の方が力の入るところです。

気象庁の天気予報によれば、大阪、愛知はお昼ごろから雨予報。

西から降り出すわけですから、特に阪神は影響がありそうです。


各馬の並びをみると、10番イベリスのハナ。

そこに2番あたりが先行する形でしょうか。

8枠の馬たちがどこまで主張するかにもよりますが、

この頭数ですから、スローはないでしょう。

速いペースを差せて、道悪をこなせそうなタイプをチョイスしました。

コラム用

フェアリーSに続いて本命は⑪ホウオウカトリーヌにしました。

まず、距離は違いますが、中山では前半33秒台~34秒台の流れを経験しており、崩れておりません。

前走のフェアリーS当時は想定していたペースより落ち着いた感はありましたが、

前も残る展開の中、序盤で下げて競馬をしたように、

ジョッキーは距離の壁を懸念したか、今後を見据えた競馬に徹していたと思います。


幸い今回は当時以上に競馬はしやすいペースになるでしょうし、

もともと首が高めで収縮幅が小さく、一定の持続力を活かせそうな走り。

千四という条件がハマりそうに映ります。


前走時にも記しましたが、2歳未勝利戦勝ちが優秀。

中山芝1200m戦において、勝ち時計1分8秒6は歴代でも上位。

上がり33.7秒は2歳馬としては歴代3位タイの上、

「勝ち馬が使った上がり」としては2歳戦過去最速(2位は34.0秒)

映像をみても、中山の急坂を苦にしない脚色で駆け上がった走りは圧巻。

スピードとパワーを兼ね備えています。

稍重馬場も2度経験して、2連対。馬場もこなしてくれるでしょう。

コラム用

雨予報によって人気どころで評価を下げたのは

⑥プールヴィル⑫キュールエサクラ。晴れなら、上位にはマークしていました。

プールヴィルは阪神ジュベナイルFでも一線級相手に差のない競馬。

未勝利勝ちの内容もよかったです。

キュールエサクラも中京でのレースぶりが目につきました。

ただ、走りが軽そうに映り、雨なら気になるところです。


一方、雨馬場で評価を上げたいのは⑨メイショウケイメイ⑰レッドアネモス

メイショウケイメイは距離もマイルよりは千四というタイプ。

レッドアネモスも調教や馬体を見る限り、パワーがありそうです。

コラム用

また、人気の⑤アウィルアウェイはスタートが悪く、

不安はあるものの、馬場はこなせそう。順当に評価しました。

余談ですが、僕は縁のあるジャスタウェイの産駒。

そろそろ産駒の重賞初タイトルを期待したい!

フィリーズレビューの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒

■豪華メンバーの金鯱賞 G1馬なのにオイシイ本命

コラム用

中京ではG1馬が多数集結した金鯱賞(G2)

土曜の馬場を観ている限り、

時計も平均的で差しもきく状態だと思います。

前回開催なんかは速かったですから、そこは気になりました。


こちらも阪神と同様、昼前から雨予報ですが、

どれだけ降るかは読みづらいところ。本命は晴れ・雨兼用の馬にしたいですね。

また、直線の急坂を2度登るコース。

2000mよりも長い距離をこなせる馬にアドバンテージがあります。


注目したいのは⑪リスグラシュー

テン乗りの鞍上は気になりますが、決して馬格があるタイプではない上に

気のいいタイプで仕上がり早。休み明けも苦にしません。

速い馬場になると割引ですが、今回は雨の恩恵もありそうな点は好感。

実績の通り、マイルのスピード勝負よりも2000m以上で結果を出していますからね。

5頭のG1馬の中では、この馬こそ買いやすい馬じゃないでしょうか。

コラム用

大阪杯へ向けて弾みをつけたい馬も押さえます。

⑧エアウィンザーは前走チャレンジCの内容が優秀。

G1にいってもやれるレベルのパフォーマンスを示したと思います。

金鯱賞の最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒

■次週は合計4つの重賞!


繰り返しになりますが、日曜はなかなか天気が読みづらいですね。

あまり天気が関係ないとすれば、中京10R 昇竜ステークスは注目しています。

前走、猛ラップを刻み、逃げ切った④ケイアイターコイズは有力。

今後を考えると、控えた競馬も覚えたいでしょうが、現状はああいう競馬が合いますね。

前走時に小倉大賞典勝ちのスティッフェリオと併せて、

アオる動きをみせていたのが②イメル

ダートは合っていましたし、距離は長かったでしょう。

1F短縮なら前進がありそうです。


さあ、次週は土日いずれも2重賞ずつ行われますね。

日曜はスプリングS阪神大賞典といずれもG2。

スプリングSはヒシイグアス、エメラルファイト、コスモカレンドゥラ、シークレットラン、ニシノカツナリ、ファンタジストなど。

阪神大賞典はシャケトラが中心でしょう。

シャケトラは折り合い面の課題があると思いますが、追い切りにまたがったジョッキーも

これだけの実績を残すなりのモノを感じ取っていたよう。

頑張って欲しいです!