春近し…

しかし、1週間の間に移り変わる天気が悩ましいですね。

天気予報はチェックしていたつもりが、今晩から雨予報とは驚きました。

土曜の重賞は週中にも先行して書いたので、

【先ドリ重賞検討】フラワーCで求められる資質&ファルコンS 陣営の狙いを考慮したい

そこから枠順と天気を踏まえた最終結論となります。

■フラワーCはエールヴォアが堅軸も 条件を鑑みる

コラム用

中山で行われるフラワーカップ(G3)

関東地方は土曜未明から雨が降り出して、

場合によれば雨中のレースになるかもしれませんね。


既に書いたように雨が降ることでも、

コントラチェックにとってはプラスとはいえない条件と思います。

週中で推奨候補としたエールヴォアにとっては

この雨はむしろ強みになりそう。

ただ、やや内目の枠に入っただけにゴチャついたときの不安も…。

馬格の大きい馬が来るレース、としましたが、

この馬は大外でもよかったくらいと思っていました。

コラム用

そこで本命は⑨レオンドーロにしました。

前走で未勝利勝ちと勝ち味には遅いですが、強い競馬をしながら負けていることも多い。

立場的には伏兵の存在で、今度はマークも薄い。

馬場も雨でインが荒れるならば、理想的な場所を走れる枠ともいえます。

「大型馬が強い」と週中では書いただけに、馬体重は心配ですが、

道悪適性を証明している分は強みですね。

コラム用

続いてもちろん⑦エールヴォアは対抗。

最終追い切りの動きも大型ながら素軽く映りました。

こちらもトビがゆったりとしているだけに脚の使いどころ、

内枠は難しそうな印象ですが、②シャドウディーヴァもレース傾向には合いそうに思えます。

予想印はコチラのweb新聞でご確認ください↓↓↓

(印から漏れましたが、⑥ジャパンスウェプトも押さえようかと思います)

フラワーCの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒

■ファルコンSは予期せぬ雨予報 ならば評価を下げて


ファルコンS(G3)は愛知県が土曜夜から雨予報。

そもそも先週の開催をみていると、芝は水分を含んでいるのか、力の要る状態。

スローのレースでも差し一辺倒ではなかったですね。

ましてや日曜は雨の中でレースも行われましたから、

道悪適性もありそうなタイプを選びたいところ。

また、先行タイプが内に収まり、

過去7戦中4度で逃げているイッツクール陣営は好位追走を示唆。

上がり最速馬が活躍するレースではありますが、

軸を選ぶにあたり先行力は重視しました。

コラム用

本命は⑩ヴァッシュモン

前走のジュニアCではカルリーノ、ディキシーナイトといった

オープンクラスで好走実績のある、もしくは後に好走したライバルたちを退け2連勝。

馬場も違いますが、前走は前半3F34.3秒の流れを立ち回り押し切りV。

前半34秒台の流れになりやすいレース傾向からもメドのつく内容でした。

改めて指摘すると、前走で中山マイルをこなしながら、

ニュージーランドトロフィーに矛先を向けてこなかったことは

コチラの方が脈アリ、ということでしょう。


フットワークをみていると、

余程の道悪にならない限り、馬場悪化にも対応できそう。

好位追走からの抜け出しをイメージします!


穴っぽいところで話題に挙げるなら、

⑨ダノンジャスティスは新馬勝ち以降が思わぬ結果続き。

ただ、調教は常に動くだけに、おそらく条件が合わなかった。

時計が掛かる馬場がいいのでしょう。雨の恩恵があるなら浮上があっても、と思います。


週中では④ローゼンクリーガーも推したのですが、

トビが綺麗で雨予報は決してプラスとは考えられませんでした。

最終的な印はコチラ↓web新聞に入る予定です!

ファルコンSの最終結論◎○▲は
Web新聞で公開⇒