びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
新潟競馬場 芝1600m
新潟競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

向正面からのスタートで3コーナーまでの直線距離は548m。2歳新馬以外は前半600m通過が35秒台と速く、古馬の上級条件では34秒台に突入することも珍しくない。

芝1800m同様、コーナーで一旦緩み、日本一長い659mの直線での上がり勝負。急→緩→急の典型的なラップになった場合に逃げ切るのは至難の業。上手く前々から押し切るためには、道中で極端にペースを緩めず、直線の入り口までに後続とのリードを広げておく必要がある。

馬券の狙いはやはり差し馬。特に、新潟コース実績がある馬は要注意。他コースで凡走が続いていても、新潟コース替わりでパフォーマンスを上げてくるケースは多い。

  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 2 4 12 28.0% 112.8%
    2 7 2 4 8 33.3% 161.0%
    3 5 4 3 26 13.2% 223.7%
    4 4 3 3 11 19.0% 79.5%
    5 3 2 5 25 8.6% 42.6%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 0 2 13 21.1% 91.6%
    2 3 3 1 10 17.6% 60.6%
    3 3 2 0 5 30.0% 64.0%
    4 3 2 0 4 33.3% 196.7%
    5 3 0 3 2 37.5% 433.8%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 7 16 14 10 115 10.3% ---
    2 8 12 8 8 128 7.7% ---
    3 3 9 7 8 94 7.6% ---
    4 6 10 7 15 101 7.5% ---
    5 5 6 10 8 100 4.8% ---

※集計期間:2018年1月1日から現在まで

買いの法則

ロードカナロア
産駒
【5.4.2.13】で勝率20.8%、複勝率45.8%と他を圧倒する好成績。
母父ストームキャット
【2.6.4.16】で勝率は7.1%と低いが、複勝率は42.9%。単複回収率は共に100%オーバー。
田辺 裕信
騎手
新潟マイルで圧倒的な好成績を挙げる田辺騎手。【12.6.5.31】で複勝率は42.6%に達する。
    

消しの法則

母父アグネスタキオン
このコースは不振で【1.3.4.38】。勝率2.2%、単勝回収率はわずか15%。
大野拓弥
騎手
穴メーカーの大野騎手もこのコースでは【1.4.4.62】勝率1.4%、単勝回収率6%と勝ちきれず。
データは2014年以降

新潟2歳Sのポイント

新潟外回り1600mらしくレース上がりが速く、前半3Fより後半3Fが2秒以上速い決着が続いている。近5年を見ても馬券に絡んだ15頭すべて前走上がり2位以内。前走で1600m以上のレースを勝ち上がっていて、5枠(黄色帽)より外に入った馬が毎年2頭以上好走している。該当馬の中で33秒台の上がりを出して勝った経験があるのはタイムマシンモーベット

新潟競馬場

新潟競馬場
芝コース
ダートコース