びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
東京競馬場 ダ1400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタートで、JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ

年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F 前後3F差
2歳 新馬 12 1:26.1 35.9 37.4 1.5 9 20 5 2
未勝利 30 1:26.2 36.0 37.4 1.4 16 44 26 4
500万 3 1:24.7 35.2 36.8 1.6 0 5 3 1
3歳 新馬 9 1:27.1 36.6 37.5 0.9 2 12 11 2
未勝利 71 1:26.2 35.8 37.8 2.0 36 85 64 28
500万 19 1:25.0 35.5 36.9 1.4 4 15 22 16
古馬 500万 67 1:24.8 35.5 36.9 1.4 17 77 72 35
1000万 39 1:24.0 35.3 36.5 1.2 10 40 48 19
1600万 21 1:23.4 35.3 36.1 0.8 5 25 23 10
オープン 14 1:22.7 34.8 36.0 1.2 1 17 13 11
集計期間は16年1月1日~18年12月31日/右は1~3着馬の脚質シェア

買いの法則

期間内勝率は11.9%だが、注目したいのは複勝回収率176%。期間内で2ケタ人気馬が3度も3着以内に食い込んでいる。

期間内(2.2.1.10)で単勝回収率901%、複勝回収率126%。出走数は多くないものの、3着以内の5回は全て違う馬で挙げている。

期間内(2.4.2.10)で複勝率44.4%。単勝回収率203%、複勝回収率114%と安定している。

期間内(8.10.7.26)で複勝率49.0%とハイスコア。

期間内(8.5.2.16)で連対率41.9%、複勝率48.4%。単勝、複勝とも回収率は共に100%オーバー。

消しの法則

期間内(3.0.3.41)で勝率6.4%、複勝率12.8%。物足りない数字が続いている。

期間内(2.6.5.125)で勝率1.4%、複勝率9.4%といい結果を残せていない。

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース