新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 ダ1400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

1300mのスタート地点をそのまま100m延ばしたところからスタートで、JRAのダートコースで1400mは4場あるが、スタートからダートを走るのはこのコースのみ。最初のコーナーまでは442mあって、下りの直線距離が長いため前半のペースはかなり速くなる。下級条件では上がりがかかるため切れ味は不要。他のコースで上がりの差で負けていたバテないタイプの逃げ・先行馬は狙い目となる。後ろから行く馬もなし崩しに脚を使わされ、バテているので、後方一気はあまり期待できない。

ただし、2~3歳の新馬、未勝利では比較的見られる先行流れ込みも、クラスが上がるとその比率が下がり、オープンになると逃げ切りは至難の業。前崩れが多くなる。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 14 1.26.5 35.9 37.8 1.9 37.3 7 21 8 6
未勝利 32 1.26.3 35.9 37.6 1.7 37.3 14 46 26 10
500万 3 1.24.6 34.7 37.5 2.8 37.3 1 6 1 1
3歳 新馬 12 1.26.9 36.7 37.1 0.4 36.6 4 20 10 2
未勝利 95 1.26.3 35.8 37.8 2.0 37.3 40 121 91 33
500万 27 1.25.0 35.6 36.9 1.3 36.3 6 27 31 17
混合 500万 82 1.25.0 35.7 36.8 1.1 36.3 24 88 83 51
1000万 45 1.24.0 35.3 36.5 1.2 36.0 14 50 49 22
1600万 23 1.23.4 35.3 36.1 0.8 35.7 10 29 18 12
オープン 15 1.22.8 34.7 36.1 1.4 35.3 0 18 12 15

買いの法則

ライアン・ムーア
騎手
【5.5.5.13】で連対率55.3%。ムーア騎手の通算成績をみても、勝率こそマズマズだが、馬券率でいえば極めて高い成績を残しているコースである。騎乗回数が少ない点だけが残念なところだ。
安田隆行
厩舎
勝ち星順に見ると、上から関東勢が独占する中、唯一関西勢で名を連ねている。【4.4.1.12】で連対率38.1%だ。
ヴァーミリアン
産駒
東京ダート1300mではキンカメ産駒も買いの法則にあげたが、100mの違いで同じキングマンボ系の種牡馬が際立つ。【6.6.9.37】で連対率20.7%と数字こそパンチに欠けるが、元値を思えば注目すべきデータだ。

消しの法則

松岡正海
騎手
【7-3-7-158】勝率4.0%・複勝率9.7%の率は他から大きく離されている数字。
キングヘイロー
産駒
15年6月以降、勝利から遠ざかっている。【2-4-5-59】勝率2.9%・複勝率15.7%。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース