びっくり競馬研究所【競馬ラボ】

JRAデータ公式 データベース検索
新規会員登録

PR

コースデータ

現代競馬において競走結果と密接な関係を持つのがコース。日々、傾向が移ろいやすく繊細な馬場を
クラス別LAP、好走脚質の観点から分析。馬券に反映させやすい「買いの法則」もお見逃しなく。

  • twitter
  • facebook
  • line
東京競馬場 芝1400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400mという距離のわりにハイペースになりにくい。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、時にスローペースとなることも。他の競馬場の芝1400mでは前傾ラップとなるが、東京競馬場は殆どの条件で後傾ラップとなる。

各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンの上がりの勝負になりやすい。重賞では逃げ馬が波乱を演出している。スピードで押し切るタイプのスプリンターよりも、決め手のあるマイラーが強く、速い上がりが使えれば位置取りは問わない。
  • 騎手
  • 調教師
  • 枠番
  • 順位 騎手 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 23 9 10 28 32.9% 84.0%
    2 18 16 16 63 15.9% 57.1%
    3 15 12 10 59 15.6% 113.1%
    4 11 10 12 58 12.1% 343.3%
    5 9 10 8 86 8.0% 34.1%
  • 順位 調教師 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 8 6 6 14 23.5% 138.8%
    2 6 2 2 19 20.7% 90.0%
    3 5 5 2 11 21.7% 80.9%
    4 5 1 4 37 10.6% 286.4%
    5 5 0 5 28 13.2% 179.5%
  • 順位 枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 単勝回収率
    1 4 30 15 18 235 10.1% ---
    2 3 27 21 18 221 9.4% ---
    3 1 22 20 24 195 8.4% ---
    4 8 24 29 18 324 6.1% ---
    5 6 19 21 22 257 6.0% ---

※集計期間:2017年1月1日から現在まで

買いの法則

期間内トップの22勝をマーク。複勝率も45.8%と安定感抜群。

(8.5.9.19)で複勝率53.7%。複勝回収率も111%と優秀。

1枠

勝率9.6%、連対率16.1%、複勝率26.8%すべてトップ。単勝回収率も218%と高い。

(16.14.19.103)で勝ち星トップ。複勝率32.2%はディープインパクト産駒を上回る。

消しの法則

期間内(0.0.1.33)と結果が出ていない。

出走頭数は多いが(0.1.0.41)。

7枠

勝率4.5%、連対率11.7%とも最下位。

京王杯2歳Sのポイント

2014年以降で馬券に絡んだ15頭のうち10頭が4コーナー4番手以内。連対馬の上がり3Fは32.8秒~34.2秒と速く、前に行けるスピードと持続力が求められる。前走4コーナー2~5番手からメンバー上位の上がりを使って好走した馬の信頼度が高い。今年はマイネルグリットが該当する。

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース