新規会員登録

コースデータ

東京競馬場 芝1400m
東京競馬場
1番人気信頼度
勝負決め手
買い枠:
消し枠:

コース攻略検証・見解

スタートして60mすると緩やかな上りになり、350mほどすると3コーナーとなるため、芝1400mという距離のわりにハイペースになりにくい。やや遅めの平均ペースの競馬が多く、時にスローペースとなることも。他の競馬場の芝1400mでは前傾ラップとなるが、東京競馬場は殆どの条件で後傾ラップとなる。

3~4コーナーも馬場改造でより丸い球状に変更されたため、以前ほど下り加速がつかず、息が入りやすくなる。そのため各馬が余力を持って直線に入り、ヨーイドンの上がりの勝負になりやすい。重賞では逃げ馬が波乱を演出している。スピードで押し切るタイプのスプリンターよりも、決め手のあるマイラーが強く、速い上がりが使えれば位置取りは問わない。

枠は内が有利で、8枠に入った1番人気馬は危険な数字が出ている。

[DATA]年齢、クラスごとの平均タイム、平均レースラップ
年齢 クラス R数 1着タイム 前3F 後3F R3F差 1上り
2歳 新馬 30 1.24.2 36.7 34.8 -1.9 34.3 12 26 40 12
未勝利 25 1.22.9 35.6 35.1 -0.5 34.7 10 33 28 6
500万 6 1.22.4 35.5 34.5 -1.0 34.1 5 5 6 2
オープン 3 1.22.0 35.8 33.9 -1.9 33.7 1 5 3 0
3歳 未勝利 24 1.22.6 35.5 34.8 -0.7 34.3 6 25 34 7
500万 20 1.21.6 35.1 34.6 -0.5 33.9 4 13 38 5
オープン 4 1.22.1 35.4 34.5 -0.9 34.0 0 2 9 1
混合 500万 21 1.22.1 35.5 34.7 -0.8 34.2 8 21 28 6
1000万 41 1.21.7 35.3 34.5 -0.8 33.7 15 44 52 12
1600万 19 1.21.1 35.1 34.3 -0.8 33.7 6 15 26 10
オープン 11 1.21.1 35.1 34.3 -0.8 33.7 4 8 12 9

買いの法則

福永祐一
騎手
ジョッキー自身の成績を思えば、【8.1.3.16】と相応ではあるのだが、際立つのが勝率の高さで勝率28.6%を誇る。
ローエングリン
産駒
その他のコースでも目立つ血統ではあるが【4.5.3.19】で連対率29.0%の成績。このコースは、他にもチチカステナンゴ、ワークフォースなども注目どころだ。

消しの法則

北村宏司
騎手
騎乗馬の人気と騎乗数を踏まえれば【5-7-13-93】勝率4.2%・複勝率21.2%は物足りない。
武豊
騎手
遠征時のみだが【1-3-3-23】勝率3.3%と勝ち切れていない。
ネオユニヴァース
産駒
15年6月以降、勝利から遠ざかっている。【3-4-4-45】勝率5.4%・複勝率19.6%と率も見劣る。
上記の集計は2014年~2017年3回東京/「上り」は勝ち馬の平均上がり3F/右は1~3着馬の脚質シェア

東京競馬場

東京競馬場
芝コース
ダートコース