過去10年攻略データ

1966年にハンデキャップ競走として創設。「関屋」は旧新潟競馬場の所在地に由来する。新潟競馬場で開催される重賞では新潟記念に次ぐ歴史を持つが、施行条件は度々変更されていて、距離は2000mからスタートし、1970年に1800m、75年から1600mに。負担重量は第1回から1973年を除いた1982年までがハンデキャップ、以降は別定戦で行われ、コース改修が行われた2001年より現在の左回り芝1600mで定着している。また、2012年からは「サマーマイルシリーズ」の第2戦に指定され、白熱したレースが展開される。ここでは、データから日本で最も長い659mの直線を持つマイル重賞を占いたい。

好走ローテは多彩!

[前走レース]馬券圏内があるローテーションは、G1もあれば500万条件もありと何とも多彩な18レース。複数の勝ち馬を出しているのは中京記念と安田記念。圧倒的に出走頭数が多いため、アベレージは低く出ているが、サマーマイルシリーズ初戦の中京記念は最も重要視しなければならないだろう。出走頭数は少なくなるが、春のマイル王決定戦となる安田記念、NHKマイルCの両G1は高いアベレージを誇る。もう1つ、勝ち馬こそ出ていないが過去10年で12頭が参戦し3頭が2着となっているエプソムCも注目ローテといえるだろう。
一方、エプソムCと並び、中京記念に次ぐ12頭が出走している米子Sは1頭も馬券絡みがない。

年齢別成績 前走着順別成績
年齢 着別度数 前走着順 着別度数
3歳1-0-2-7前走1着3-2-2-14
4歳3-4-1-13前走2着0-3-1-9
5歳4-5-4-50前走3着0-0-1-9
6歳1-1-1-38前走4着0-2-1-8
7歳1-0-2-18前走5着1-2-1-9
8歳以上0-0-0-5前走6~9着4-0-4-35
前走10着~2-1-0-47

過去10年注目データ

[年齢]過去10年、5歳馬が4勝、4歳馬が3勝、3歳、6歳、7歳馬がそれぞれ1勝ずつをマーク。2着も5歳馬が5回、4歳馬が4回と、まずはこの2世代が中心。アベレージでいうと、出走頭数が5歳馬のちょうど1/3の4歳馬が他の世代を圧倒している。数は少なくなるが、斤量が有利な3歳馬も健闘していて、出走していればチェックしておきたい。6歳以上はアベレージがガクンと下がり、8歳以上は出走機会が多くないとはいえ、馬券絡みがない。

[前走着順]前走着順は面白い傾向が出ていて、前走1着馬が過去10年で3勝。前走2~5着馬は1頭も勝っておらず、掲示板圏外の馬が6勝している。ただし、それらの多くは前走で上位人気、もしくはG1を走っており、この関屋記念本番でもそれなりの人気になっている馬が多い。前走の格と人気には注意を払いたい。

[枠順]外枠が強い重賞といえば、開幕週のアイビスSDがとにかく有名だが、この関屋記念も枠番別で見ると7枠が5勝、8枠3勝と外枠が非常に強く、8枠は2着も3回ある。
馬番別では「12」「13」が2勝ずつを挙げているが、15年のレッドアリオンは12頭立ての8枠12番。12番は2着も3回あって、連対率50%を誇る。
馬番別で馬券絡みがないのは「2」「5」「8」「11」「18」の5つ。フルゲートは5回しかなく、「18」は全て2ケタ人気。「9」から外の馬が8勝していて、フルゲートに満たない年がままあることを考えると、やはり外有利の傾向と見ていいだろう。

[脚質]過去10年、4角先頭でそのまま押し切った馬は3頭。この3頭は重賞勝ち、もしくはG1連対の実績を持っていた。上位入線馬の脚質はバラエティに富んでいるのだが、長い直線のイメージとは裏腹に後方に構えた馬の差し切りは意外と少なく、むしろ人気サイドの差し馬が取りこぼしたパターンが多い。

ヒモは手広く!

ローカル場としては広く、長い直線を使って行われる新潟のマイル戦。紛れが少ないというコース特性もあるのか、上位人気馬が堅調で、過去10年の勝ち馬は8頭が4番人気以内に収まっている。
17年の勝ち馬マルターズアポジーは過去10年で最も人気薄の7番人気だったが、上位混戦で単勝オッズは12.1倍。単勝オッズ30倍以上の伏兵で馬券に絡んだのは09年3着マイネルスケルツィの65.1倍(13番人気)のみで、人気が割れ加減となっている年が多く、極端な人気薄を除けば、ヒモは手広く押さえておいた方がいいかもしれない。

プラスαデータ

近年の風は東向き…

夏の関東地区のローカル重賞だが、栗東からも輸送しやすい新潟のレースで、更にサマーマイルシリーズのタイトルがかかる一戦とあって、出走頭数は関西馬の方が多いのだが、勝ち馬は東が意地を見せて6勝とリード。2着は関西馬が9回と圧倒している。
ジョッキーの所属別では、3倍近い騎乗機会がある美浦所属のジョッキーが8勝とリードするが、アベレージでは栗東所属のジョッキーが連対率、複勝率で大きくリードしている。ジョッキー個人で見ると、北村宏騎手が(3-1-2-2)が抜群の好相性。長期離脱から復帰したばかりだが、騎乗してくれば大いに楽しみだ。

[キャリア]勝ち馬の最少キャリアは昨年のプリモシーンで5戦。最多キャリアは15年レッドアリオンの26戦。好走馬は幅広いキャリアから出ているが、キャリア30戦以上は3着馬が2頭しかおらず割引が必要。キャリア5戦以内の馬は先のプリモシーンのほか、15年3着のヤングマンパワーがキャリア5戦、11年サトノフローラがキャリア4戦で3着に入っていて、伸び盛りのフレッシュな馬は要注意。

[乗り替わり]着度数だけを見ると乗り替わったコンビと前走と同じコンビはほぼ互角だが、夏のローカル戦とあって乗り替わりが多く、アベレージでは前走と同じジョッキーの方が少し上回っている。サマーマイルシリーズの対象レースでもあり、乗り替わりはややマイナスとみたい。

[当該コースの騎手成績]2014年以降に行われた新潟芝1600mで最も多く勝っているのは戸崎騎手の14勝。続いて田辺騎手の12勝で、2ケタ勝利はこの2人。以下、M.デムーロ、石橋脩騎手が8勝、津村、北村宏騎手が7勝、吉田隼、柴田善騎手が6勝、柴田大、蛯名騎手が5勝と続く。このうち田辺騎手は単勝回収率231%、複勝回収率137%のハイアベレージ。また、C.ルメール騎手はわずか7回の騎乗機会しかないが、(2.2.2.1)と馬券圏内を外したのは1度だけ。その1度は前回、昨年夏の騎乗で、リベンジなるかも注目だ。

[馬体重]馬体重は幅広いレンジから出ていて、勝ち馬の最少馬体重は12年ドナウブルーの438キロ。最高馬体重は13年レッドスパーダの540キロ。馬格はあまり気にしなくてもいいのだが、アベレージに着目すると520キロ以上の超大型馬の数字が非常に良く、18回の出走で(3.1.3.11)。17年は528キロのマルターズアポジーが勝ち、526キロのダノンリバティが3着。16年は520キロ超の馬がワン・ツー・フィニッシュを決めている。昨年も馬券絡みこそ果たせなかったが、唯一の520キロ超えだった538キロのヤングマンパワーが11番人気の低評価を覆して4着と健闘した。

[種牡馬]過去10年で複数の勝利がある種牡馬は2勝を挙げているのは、先日急逝したディープインパクトとアグネスタキオン。複数回馬券絡みがある種牡馬はタニノギムレット、スニッツェル、キングカメハメハ、ハーツクライ。この舞台がいかにも合いそうなディープインパクトは昨年ワン・ツー・スリーを決めたが、前年までは苦戦が続いていて、思いのほかアベレージは高くない。好走種牡馬の名前を見るとスピードタイプあり、スタミナタイプありとバラエティに富んでいる。

データの決断

近年の狙い目となっている3歳馬ケイデンスコールの参戦が注目だが、過去に馬券圏内突入を果たした3頭はキャリア5戦以下。キャリア6~10戦の馬は年齢を問わず1頭も馬券に絡んでおらず、何とも悩ましい存在。ここでは4歳牝馬のサラキアをピックアップしたい。勝ち馬こそいないものの、連対馬が3頭出ているエプソムCからの参戦。前走は逃げて2着に粘ったが、逃げ馬の成績が悪くないのも後押しできる材料。デビュー2戦目に強力メンバーのチューリップ賞で4着に食い込むなど素質を高く評価されてきた期待馬。マイル路線の新星誕生を期待する。