過去10年攻略データ

1965年に創設された新潟競馬場で行われる重賞で最も長い歴史を持つハンデキャップ重賞。当初は芝2000m(内回り)だったが、1974年から右回り芝2000m(外回り)となり、コースが全面改修された2001年より左回り芝2000m(外回り)となっている。また2006年よりサマー2000シリーズに組み込まれ、最終戦となるこのレースの勝ち馬から6頭のシリーズチャンピオンが誕生している。夏競馬を締めくくる一戦をデータから紐解きたい。

中心はサマー2000S参戦組

[前走レース]過去10年、同じサマー2000シリーズの小倉記念から参戦した馬が実に6勝。出走回数が多いこともあるが、それを差し引いても出色の数字が出ている。その他では、これもサマー2000シリーズの函館記念が1勝。七夕賞は勝ち馬こそ出ていないが、小倉記念に匹敵する連対率、複勝率をマークしていて、人気の盲点にもなっている。また、準オープンからの参戦も好走例があって、昨年は前走G1参戦馬がワン・ツー・フィニッシュ。臨戦過程はバラエティに富んでいる。

年齢別成績 前走着順別成績
年齢 着別度数 前走着順 着別度数
3歳1-0-0-5前走1着3-3-0-25
4歳1-2-2-17前走2着2-1-0-13
5歳4-4-4-40前走3着0-0-1-11
6歳1-2-2-39前走4着1-0-0-13
7歳3-2-2-21前走5着1-1-2-6
8歳以上0-0-0-10前走6~9着3-2-6-28
前走10着~0-3-1-34

過去10年注目データ

[年齢]過去10年、5歳馬が4勝。次に多いのが7歳馬の3勝で、2着が2回、3着も2回あって、穴馬券のキモにもなっている。同じ新潟で行われる関屋記念は3歳馬の活躍も多いレースだが、この新潟記念で馬券絡みを果たしたのは、のちに有馬記念を制する昨年のブラストワンピース1頭。この流れが変わっていくか注目される。なお、7歳馬が多く活躍しているが、8歳以上は馬券絡みがない。

[前走着順]前走から連勝した馬は3頭で、2着も3頭。前走2着馬も2勝していて、前走で連対を果たした馬の好走確率はかなり高いのだが、前走6着以下に敗れた馬も3勝、2着5回、3着7回と多く好走。3着馬は何と9頭が前走5着以下からの巻き返しとなっている。
巻き返しで多いパターンは、1つは重賞実績を持つ馬の人気落ち。もう1つは新潟で好走実績を持つ馬。穴党は見逃し厳禁だ。

[枠順]過去10年、枠番別で勝ち馬が出ていないのは6枠のみ。1枠が3勝、3枠は2勝、2着3回、3着2回と好走が多く、比較的内めの枠が優勢となっている。
馬番別で馬券絡みがないのは「2」「10」「18」の3つ。トータルで見ると枠番別が示すとおり、真ん中より内めの馬が多く好走している。

[脚質]直線の長い新潟の外回り、更に開催後半とあって、4角先頭からそのまま押し切って勝った馬はゼロ。17年は4着までを先行勢が占めて、昨年と16年は4角10番手以下の後方でレースを進めた馬がワン・ツー・スリー。好走馬の脚質はバラエティに富んでいて、ペースの読みが馬券的中の重要なカギとなりそうだ。

人気を落とした実績馬を見逃すな

前走で連対した馬が好成績を残しているにもかかわらず、人気馬は苦戦していて、1番人気は(2.2.0.6)、2番人気も勝ったのは16年アデイインザライフのみで、3~4番人気は連対すらない。17年の勝ち馬タツゴウゲキは小倉記念を勝っていながら、6番人気の低評価だった。5番人気以下の伏兵が数多く激走しており、積極的に穴場券を狙っていけるレースだ。

プラスαデータ

西のジョッキーが勝負!?

関東圏の重賞ながら、出走回数は関西馬の方が多く、勝ち星は関西馬6勝とリード。勝率、連対率、複勝率いずれも西がリードしているが、その差はわずかで、東西の差はあまり気にしなくていい。
ジョッキーの方は2~3着は美浦所属がリードしているが、騎乗機会が1/4の栗東所属ジョッキーが5勝。美浦所属ジョッキーは4勝で、アベレージは栗東所属が大きく上回っている。ここに乗りに来る栗東のジョッキーは勝負気配が非常に強いといえる。

[キャリア]勝ち馬の最少キャリアは、18年ブラストワンピース4戦。最多キャリアは09年ホッコーパドゥシャの46戦。7歳馬の活躍もあってか、20戦を超える馬が数多く馬券圏内に入っており、昨年もキャリア41戦のショウナンバッハが3着。どちらかといえば、フレッシュさよりも経験が生きるレースといえるだろう。

[乗り替わり]過去10年、乗り替わりのコンビ、前走と同じコンビがそれぞれ5勝、2着5回。3着は出走回数が多い乗り替わりのコンビが6回で、アベレージはほぼ互角。乗り替わりは全く気にしなくていい。

[当該コースの騎手成績]2014年以降、新潟の芝2000mで最も多く勝っているのは戸崎騎手の12勝。M.デムーロ騎手が11勝が続き、この2人が2ケタ勝利。以下、津村騎手が7勝、丸山騎手が6勝、吉田隼、石橋脩、柴田大騎手が5勝。丸田、北村宏、菱田、柴田善、松若騎手が4勝で続く。中でもM.デムーロ騎手は29回の騎乗機会で(11.5.3.10)で勝率37.9%、連対率55.2%、複勝率65.5%と圧巻の成績。それでいて、単複ともに回収率がプラスとなっていて、文句なしの美味しいジョッキーとなっている。

[馬体重]馬体重は幅広いレンジで好走馬が出ていて、最軽量は14年マーティンボロの446キロ。最重量は16年のアデイインザライフで560キロ。540キロを超える馬は過去3頭出走して2勝。もう1頭の勝ち馬12年トランスワープも美浦・萩原厩舎の管理馬だった。

[種牡馬]出走回数でも他を圧倒するディープインパクト産駒が過去10年で3勝、2~3着がそれぞれ2回。14年から16年まで3連覇。14年は1~3着を独占しているのだが、17年は4頭、昨年も3頭が出走して最高が8着とその勢いに陰りが見られる。夏の新潟となると、瞬発力が問われる舞台というイメージだが、複数回の馬券絡みがある種牡馬を見ると、スペシャルウィーク、ゼンノロブロイ、アドマイヤベガ、ステイゴールドと比較的スタミナタイプが多く、ディープインパクト産駒もG1では決め手不足の馬がここで好走している。

[ハンデ]過去10年でトップハンデの勝利は11年ナリタクリスタル1頭のみ。2着も16年のアルバートドック1頭で、上位人気馬受難のレースとも相まって、トップハンデの馬は苦しい数字になっている。
一方で最軽量はどうかというと、こちらは更に苦戦していて馬券絡みは16年3着のロンギングダンサー1頭だけ。荒れることで知られるレースだが、軽量馬の活躍というよりも、人気の盲点になった実力馬が穴を開けている。

データの決断

年齢、キャリア、臨戦過程、脚質、血統…、多くのカテゴリで過去の好走馬とマッチするのが、小倉記念2着からの参戦となるカデナ。3歳時の弥生賞以降、長くスランプに陥っていたが、ようやく調子を取り戻し、前走の小倉記念では久しぶりに連対圏突入を果たした。データの後押しを得て前走の再現を狙う。