セントライト記念(GⅡ)ポイントデータ

データ1
キャリア
・6戦が4勝、5戦が3勝、7戦が2勝。6戦は2着が5回あって連対率は頭一つリードしている
キャリア 着別度数
3戦 0- 1- 2- 3/ 6
4戦 0- 0- 1- 4/ 5
5戦 3- 0- 2- 16/ 21
6戦 4- 5- 2- 17/ 28
7戦 2- 2- 2- 20/ 26
8戦 0- 2- 1- 24/ 27
9戦 1- 0- 0- 15/ 16
10戦 0- 0- 0- 7/ 7
データ2
馬体重
・勝ち馬は460キロ以上。500キロを超える大型馬のアベレージが高い
馬体重 着別度数
420~439kg 0- 1- 0- 11/ 12
440~459kg 0- 1- 0- 17/ 18
460~479kg 3- 2- 2- 43/ 50
480~499kg 3- 4- 6- 35/ 48
500~519kg 2- 1- 2- 13/ 18
520~539kg 2- 1- 0- 5/ 8
データ3
枠番
・3枠が3勝、4枠と6枠が2勝。1枠は未勝利ながら2着が3回あって複勝率はトップ
枠番 着別度数
1枠 0- 3- 1-10/14
2枠 1- 0- 3-14/18
3枠 3- 1- 0-14/18
4枠 2- 1- 0-15/18
5枠 1- 1- 1-17/20
6枠 2- 0- 1-17/20
7枠 1- 2- 3-17/23
8枠 0- 2- 1-20/23
特注データ
ダービー以来の実戦で2ケタ着順に大敗してした馬が(4.4.2.9)と巻き返しに成功している
データの決断
ヴィクティファルス

ダービー大敗馬の反撃が目立つ東の菊花賞トライアル。今年プッシュしたいのはダービー14着から巻き返しを狙うヴィクティファルス。過去10年で最多の3勝を挙げている3枠をゲットし、キャリア5戦も3勝。中山では春にスプリングSを勝っており、敢えて東上する意欲も買いだ。

穴はダービー13着で同じ3枠に入ったタイムトゥヘヴン、キャリア6戦で馬格があるカレンルシェルブル、もう1頭キャリア6戦を重視してベルウッドエオをピックアップしたい。