特選・坂路王

  • 日曜 阪神6R 2歳新馬(芝外1800m)
  • ダノンマジェスティ
  • (牡2、栗東・音無厩舎)
  • 51.2-37.5-25.1-12.9(馬なり)
    ※インウィスパーズ(古500万)一杯を1馬身追走~5馬身先着

2週前の坂路では馬なりの僚馬を一杯で追いかけ遅れていたが、先週のCWでは力強い動きで僚馬を追いかけて先着、6F81秒3~1F11秒9というテンも終いも速い優秀な時計をマーク。

そして今週の坂路では、一杯に追われる格上古馬を馬なりで追いかけ突き放す抜群の動きを披露。デビュー前の新馬が馬なりでこの時計は秀逸、追われる毎に動きが良化し態勢がすっかり整った。

G1馬を全兄に持つ素質馬が、いきなりから能力全開だ。(★★★★☆)

 

坂路ジョーカーをさがせ

12/24 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 中山3R 2歳未勝利
  • サクライザベル
  • (牝2、美浦・伊藤正厩舎)
  • 52.9-38.4-24.9-11.9(一杯)

今週の美浦坂路で1F11秒台を唯一頭マーク。使われつつ動き良化。

  • 中山4R 2歳未勝利
  • ブラックイメル
  • (牝2、美浦・小野次厩舎)
  • 53.4-39.4-26.0-12.8(一杯)
    ※エスケイファースト(新馬)一杯を1馬身追走う~3馬身先着

僚馬を突き放し、自己ベストを更新。テンも終いも、前走時以上。

  • 中山12R クリスマスカップ
  • ブラックバード
  • (セ5、美浦・武市厩舎)
  • 52.9-38.4-24.9-11.9(一杯)

中間から全て馬なりだが、動き軽快で終いの伸び脚確か。 依然好調。

12/24 栗東 坂路ジョーカー候補

  • 阪神11R サンタクロースS
  • マウントゴールド
  • (牡4、栗東・池江寿厩舎)
  • 53.6-39.1-25.4-12.6(一杯)

先週、一杯に追われるミッキークイーンを余力残しでアオった。

先週力強い動きで52秒2、今週は終い重点も1F12秒3と確かな伸び脚。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)