新規会員登録

坂路王

機械による正確な計測によって、極めてフェアな能力、状態比較ができる坂路調教。追い切り時の馬場状態と、各馬のデータを精査し、馬券になる調教馬を導き出します。

【美浦トレセン直送】アデイインザライフ、長休明けも動き絶好!

業界最速トレセン直送ナマ情報

美浦トレセンでの追い切りから好走馬を導き出す当コーナーは、新年はここからスタートです。今年もよろしくお願いします。

さて今週は先週の3日間開催の影響で、美浦では木曜日に活発に追い切りを行った陣営が多かったが、久々に50秒台が1本出現。あとは51秒台が水・木合わせて5本だったけど、馬場コンディションとしては上々だったといえるだろう。
先週の3日間開催の美浦坂路組連対は、12頭とマズマズだった。今週は更なる活躍に期待したい。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、日曜中山10R ニューイヤーS (芝1600m)に出走するアデイインザライフ

日付 場所 タイム
12/27 坂路 52.1-38.0-12.6
1/5 坂路 51.0-36.7-12.0
1/8 坂路 54.3-39.8-12.3
1/11 坂路 51.7-37.4-24.8-12.4(一杯)
グレンガリー(新馬)一杯を1/2馬身追走~6馬身先着
ディープインパクト産駒の超大型馬が、長い休みを経てここからリスタート。
長休明けの割には大幅な馬体増はなく、入念に乗り込まれて持ち前の切れある抜群の走りをみせており、元気一杯。能力を発揮できる好状態に仕上がった。
芝マイルはペースが向くはずだし、捌きやすい手頃な頭数。斤量58キロでも馬格があり苦にしないだろう。オープン特別なら、いきなりから好勝負になる。
相手はペイシャフェリス、ダノンプラチナ、ショウナンライズ、シュウジ、オートクレール、ボーダーオブライフ。


2頭目の注目馬は、土曜中山10R 初富士S(芝1800m)に出走するバルデス

日付 場所 タイム
1/3 南W 70.5-55.2-40.5-13.1
1/7 坂路 55.3-40.3-12.6
1/10 南W 84.6-69.0-54.0-39.3-13.2(一杯)
前走は5着に敗れたが、久々の昇級戦だった。それでも着差0秒2なら、全く悲観するものではない。
調子を上げて臨むクラス2戦目で、鞍上は絶好調の戸崎騎手。そしてメンバーも前走より楽とくれば、巻き返しは必至で中心視できる。
相手はキャプテンペリー、カレンリスベット、ブラックスビーチ、ウインファビラス、クラウンディバイダ、ウイングチップ。


3頭目の注目馬は、土曜中山12R 4歳上1000万下(芝1200m)に出走するファイブフォース

牝系がサクラバクシンオーの肌の素質馬だが、前走から2ヵ月半間隔が空くも元気一杯、全休明けの水曜の1番時計をマークした。
日付 場所 タイム
1/7 坂路 57.3-41.8-26.0-12.7
1/10 坂路 51.4-37.3-12.4(強め)
昨秋の直線競馬で見せたように、ここではスピード上位。新馬戦以来の中山芝1200mだが、このデキなら好発を決めてマイペースに持ち込めば、簡単には止まることはあるまい。押し切りも十分期待できるだろう。
相手はロジベスト、ダイトウキョウ、ショウナンアエラ、ミエノドリーマー、シルヴァーコード、イキオイ、ジョンブリアン。


それでは今週はこのへんで、また来週!


バックナンバーbucknumber

一覧へ