業界最速トレセン直送ナマ情報

今朝、台風13号が房総半島を掠めて過ぎ去った。ところが美浦では意外にも風も雨も大した事なく済んだんだ。とはいっても、今日木曜日の坂路に登場したのは僅か18頭だけだったけどね…。

水曜は通常どおりに追い切りが行われ50秒台が3本、51秒台が5本出た。適度な雨が奏功して馬場が締り、先週より時計が出るコンディションとなったようだ。
先週の美浦坂路組連対馬7頭のみ、今週の巻き返しに期待したい。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、日曜新潟9R 豊栄特別 (芝1400m)に出走するモアナ
日付 場所 タイム
7/25 坂路 57.7-40.8-12.3
8/1 坂路 54.3-39.4-12.7
8/8 坂路 50.7-36.7-11.9(強め)
中間から坂路2本追いを主体で入念に乗りこまれ、今週余力残しで美浦坂路1番時計をマークして、自己ベストを2秒1更新。終い1Fも11秒9という絶好時計、状態の良さは確かなところだ。
前走は不良馬場で道中もロスある内容で3着に終わったけど、今度は調子を上げて臨む降級戦で、内田騎手とも好相性。スムーズなレースができれば有望だ。
相手はアルーシャ、ディアサルファー、サロニカ、サンクロワ、オーマイガイ、デスティニーソング、デルニエオール。


2頭目の注目馬は、日曜新潟11R 関屋記念(G3)(芝1600m)に出走するチャンピオンルパン
日付 場所 タイム
7/25 坂路 55.5-40.4-12.8
8/1 坂路 53.1-38.1-12.2
8/5 坂路 55.1-40.1-13.1
8/8 坂路 54.9-39.4-12.3(馬なり)
先月9本、今月3本と豊富に乗りこまれ仕上がり良好、自己条件の土曜メインにもダブル登録していたのに強気にこちらを選択してきた。得意のマイル戦を選んだとも考えられるけど、デキが良くなければ強敵揃いの重賞を選びはしまい。
8月2勝とこの時季走り、新潟も3勝の実績あり。7歳だが今年4戦全て1600万で好走と元気一杯、以前より終いの切れを増しているのことも好材料だ。 デキの良さを生かしての大駆けを期待したい。
相手はロードクエスト、ショウナンアンセム、プリモシーン、エイシンティンクル、リライアブルエース、ウインガニオン。


3頭目の注目馬は、日曜新潟7R 3歳上500万下(芝1800m)に出走するクイーングラス
日付 場所 タイム
7/25 坂路 53.7-38.3-11.8
7/29 坂路 56.9-40.9-12.7
8/1 坂路 50.9-37.7-12.6
8/5 坂路 41.5-11.9
8/8 坂路 54.9-39.4-12.6(馬なり)
先週坂路2本追いで馬なりで1番時計をマーク、3週前には馬なりで1F11秒8、そして8/5にも馬なりで1F11秒9と好時計を連発。既走馬相手に快勝したデビュー戦、メンバー最速上がりを繰り出し昇級戦で2着の前走より、更に調子は上向いている。 内田騎手が熱心に自ら稽古をつけていることにも好感が持てる。
相手はアルミレーナ、レッドシルヴィ、ミネット、ニシノアモーレ、ドリームマジック、ラヴファンシフル。


それでは今週はこのへんで、また来週!