業界最速トレセン直送ナマ情報

秋競馬に突入して2周目の今週は、いきなり3日間開催だ。
すっきりとはしない天気になりそうだけど、今度は台風の心配はしなくて良さそうなことが何よりだ。

美浦坂路では、51秒台は2本。(水曜追い切り)。追い切りは依然活発に行われており、安定した馬場状態だと言えるだろう。
先週の美浦坂路組連対馬13頭。このコーナーで取り上げたミッキーグローリーが、見事勝ち切ってくれたね。今週も坂路組の活躍に期待したい。

それでは、注目馬を伝えるね。


まず今週のイチオシは、月曜中山11R セントライト記念(G2)(芝2200m)に出走するジェネラーレウーノ

日付 場所 タイム
8/23 坂路 55.0-39.8-11.8
8/30 南W 67.7-54.0-40.4-13.0
8/29 南W 79.0-63.7-49.8-37.1-12.6
9/9 坂路 57.9-40.1-12.3
9/13 南W 54.0-38.5-12.7(馬なり)
キングスヴァリュー(古1000万)強めを4馬身追走~併入
前走ダービーは、道中力んでしまい、また距離も長くペースも向かなかった。
夏場を休養にあて入念に調整され、今週の稽古で一杯に追われる僚馬を馬なりで圧倒と抜群の動きを見せており、仕上がりは上々。血統面からも成長が見込め、マイペースなら巻き返しは可能。
相手はコズミックフォース、レイエンダ、タニノフランケル、グレイル、ブレステイキング、トラストケンシン。


2頭目の注目馬は、月曜中山9R 白井特別(芝1800m)に出走するフローレスマジック

日付 場所 タイム
9/2 坂路 58.0-42.6-13.3
9/5 南W 84.8-69.4-53.4-38.1-12.4
9/9 坂路 55.5-40.2-13.0
9/13 南W 54.0-39.0-12.7(馬なり)
ローゼフェリーチェ(古500万)一杯を1馬身追走~1馬身先着
前走は好位でスムーズなレースを展開するも、勝負どころの4角でエンジンのかかりが遅く、またスローな展開も災いして勝ち切ることはできなかった。
しかし今度は昨年2着だった得意舞台で頭数も手頃、早めに動けば勝機十分。
相手はサトノキングダム、ミュートロギア、バケットリスト、フロムマイハート、ラッシュアタック、ミラクルブラッド。


3頭目の注目馬は、月曜中山10R アスター賞(芝1600m)に出走するトウカイパシオン

日付 場所 タイム
8/4 坂路 53.9-38.7-12.7
8/8 坂路 53.1-39.2-12.9
8/15 坂路 52.3-37.8-12.4
8/22 坂路 53.7-39.7-13.4
9/7 坂路 56.0-40.9-13.4
9/13 坂路 51.8-38.0-12.6
前走は1番人気に支持されるも、13着のシンガリ負けを喫した。さすがに30キロ増は響いたか…また芝も良くなかったのかもしれない。しかし今度は一度叩かれた上積みが見込めるし、実績ある中山ダ1200m戦。最終追い切りで鞍上が自ら稽古をつけており、態勢も整った。
好走条件が揃っており、今度こそだろう。
相手はアシャカダイキ、シャインヴィットゥ、キタサンガンバ、グランティエラ、テイエムチェロキー、ノーフィアー。


それでは今週はこのへんで、また来週!