特選・坂路王

  • 中山8R 3歳上500万下(ダ1200m)
  • シルバーストーン
  • (牡4、美浦・石栗厩舎)
  • 52.1-38.6-25.9-13.1(馬なり)

水曜の追い切りで、52.1-38.6-25.9-13.1(馬なり)の美浦坂路6番時計をマークして、自己ベストを更新。

現在美浦坂路は、毎週概ね51秒台は数頭という少し時計がかかるコンディションとなっているが、そんな状況下で先週は51秒2の1番時計(タイ)、今週は52秒1を馬なりでマークと、2週にわたり好時計を連発。これまでも坂路で単発では50秒7など速い時計を出してはいたが、坂路で2週にわたり好時計を連発したのは、今回が初めて。久々を叩かれての順当な良化がうかがえる。

前走は降級戦で9着に敗れたが、それまでも2度の休み明けは11着,14着と結果は出ておらず、しかも前走は6ヵ月とこれまでで一番長く間隔が空いており、それも骨折明けでは致し方なし。
立て直し調子を上げて臨む今度は能力発揮、巻き返す。(★★★☆☆)

坂路ジョーカーをさがせ

9/15 美浦 坂路ジョーカー候補

毎週のように併せ馬で豊富に乗りこまれ、先週既走馬を追走し先着。

  • 中山7R 3歳未勝利
  • ラストマイア
  • (牝3、美浦・奥村武厩舎)
  • 53.1-38.3-25.2-12.7(馬なり)

先週格上馬に馬なりで食い下がり、今週は僚馬を圧倒。依然好調。

9/15 栗東 坂路ジョーカー候補

余力残しで、テンも終いも前走時以上。追い不足を叩かれて上昇。

  • 阪神9R 野路菊S
  • カテドラル
  • (牡2、栗東・池添学厩舎)
  • 56.0-40.3-25.3-12.3(馬なり)

先週CWで、15馬身以上先を行く格上実力古馬を馬なりで追走し先着。

  • 阪神12R 3歳上500万下
  • アシュリン
  • (牝3、栗東・松永幹厩舎)
  • 54.5-39.6-25.5-12.3(馬なり)
    ※ルリアンフォール(新馬)一杯を2.1/2馬身追走~9馬身先着

一杯に追われる僚馬を馬なりで追走し、大きく突き放した。順調。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)