特選・坂路王

水曜の追い切りで、49.8-37.0-24.4-12.3(馬なり)の美浦坂路2番時計をマークして、自己ベストを更新。ミュゼエイリアン(古オープン)一杯を2馬身追走~1馬身先着

今週の美浦坂路で50秒を突破したのは、秋華賞の大本命アーモンドアイと本馬のみ。4歳馬の最速時計を馬なりでマークし、自己ベストを4秒9と大幅に更新。しかも全体時計が速いこともさることながら、終い1Fも12秒前半と切れていることは高く評価できる。
今週の美浦坂路のベスト30まで範囲を広げてみても1Fも12秒前半は本馬のみで、この走りは秀逸。久々でもいきなりから能力全開、ここは勝ち負けになる。

そして栗東坂路で1番時計を叩き出した⑧コウエイダリアの動きの良さも見逃せない。
水曜追いで、これまでの自己ベスト54秒2からこちらも大幅に時計を短縮し、一気に50秒を突破。この猛時計のみならず、2週前にはCWで古オープン馬を突き放しており、状態の良さは確かなところ。2勝を挙げている左回りへ替わるのも好材料だ。

ここは東西で49秒台を叩き出した好調馬2頭の好勝負を期待したい。

坂路ジョーカーをさがせ

10/13 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 東京5R 2歳新馬
  • メッシーナ
  • (牝2、美浦・萩原厩舎)
  • 53.2-38.5-24.9-11.9(馬なり)

馬なりで、水曜の美浦坂路の1F最速時計。終いの切れ脚が目立つ。

10/13 栗東 坂路ジョーカー候補

  • 京都2R 2歳未勝利
  • デターミネーション
  • (牡2、栗東・小崎厩舎)
  • 53.5-38.6-24.6-12.3(強め)
    ※レインボーフラッグ(古1600万)強めを2.1/2馬身追走~併入

先週はCWで古OP馬に、今週も格上古馬に余力残しで食い下がった。

  • 京都11R 大原S
  • ケンホファヴァルト
  • (牡5、栗東・森厩舎)
  • 52.9-39.5-26.1-13.1(馬なり)
    ※セイウンコービー(2歳未勝利)馬なりを1馬身追走~2馬身先着

2週連続、馬なりで僚馬を追走し先着。動きスムーズで、依然好調。

  • 東京11R 府中牝馬S(G3)
  • ディアドラ
  • (牝4、栗東・橋田厩舎)
  • 55.2-39.9-25.3-12.6(馬なり)

今週は軽めの内容も、2週前坂路で先週はCWで、併せた僚馬を圧倒。

力強い動きで自己ベストを更新、終いも確か。一度使われて上昇。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)