特選・坂路王

  • 12/1 阪神4R 2歳未勝利(芝1400m)
  • エクレアスピード
  • (牡2、栗東・石橋厩舎)
  • 50.8-37.3-24.5-12.5(馬なり)

水曜の追い切りで、50.8-37.3-24.5-12.5(馬なり)の栗東坂路4番時計をマーク。

今週水曜の栗東は、坂路もCWも全体時計はそこそこ出るものの、ゴール前でかなり手が動く馬が多く見られた特に終いで力を要すコンディションとなった。
そんな状況下で、50秒台をマークした馬で唯一脚色が「馬なり」だったのが本馬。力が要るコンディションを苦にしない素晴らしい走りだったことが見て取れる。

前走は直線で初戦ほどの脚を使うことができなかったが、久々で馬体を12キロ増やしていた。しかし今回は久々を叩かれた上積み大きく、最終追い切りを馬なりで自己ベストを更新、また先週のCWでも馬なりで1F11秒7と、終いの伸び脚が目立つ抜群の動きを見せている。
加えて好枠を引き当て、鞍上は武豊騎手。中心視できる。(★★★☆☆)

坂路ジョーカーをさがせ

12/1 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 中山3R 2歳未勝利
  • グレイテスト
  • (牝2、美浦・武市厩舎)
  • 52.1-38.4-25.4-12.6(馬なり)

単走・馬なりで、自己ベストを2秒1と大幅に短縮。ますます好調。

12/1 栗東 坂路ジョーカー候補

先週CWの併せ馬で、G1.2着の実力馬を圧倒。一度使われ動き良化。

  • 阪神8R 3歳上500万下
  • イベリア
  • (牡3、栗東・橋田厩舎)
  • 52.5-38.2-24.7-12.3(一杯)

活力ある動きで加速ラップを刻み、終い鋭く伸びた。上積み大きい。

  • 阪神12R 3歳上1000万下
  • アディラート
  • (牡4、栗東・須貝尚厩舎)
  • 53.3-38.7-25.0-12.1(馬なり)
    ※リナーテ(古オープン)一杯を6馬身先行~1.1/2馬身先着

意欲的に乗り込まれ、好時計をマークし併せた古オープン馬に先着。

先週CWで6F79秒0の好時計、今週は馬なりで終いシャープに伸びた。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)