特選・坂路王

先週木曜の追い切りで、51.7-36.8-24.5-12.6(強め)の美浦坂路5番時計をマークして自己ベストを更新。

先週の美浦坂路ベスト10傑ランクイン馬で、ラスト2Fのラップが11秒台は本馬のみ、そしてラスト1Fの12秒6もメンバー最速タイ。
前回一杯に追われてマークした自己ベストを余力残しで2秒1短縮した全体時計も優秀だが、テンが速いのみならず終いの伸び脚も確かな走りだったことがわかる。今週は馬なりで軽めの内容だったが、レースを一度使わて調子は更に上がっている。

今度の舞台はトリッキーな中山マイルだが、前走で見せたレースセンスの良さに加えて、この枠なら。ここも好勝負になる。(★★★☆☆)

坂路ジョーカーをさがせ

12/8 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 中山12R 3歳上500万下
  • マイネルプリンチペ
  • (牡3、美浦・畠山吉厩舎)
  • 52.1-38.2-24.5-12.1(強め)
    ※ウインレフィナード(2歳未勝利)一杯を2.1/2馬身追走~4馬身先着

軽快なフットワーク。持ったままでラストまでシャープに伸びた。

12/8 栗東 坂路ジョーカー候補

迫力ある動きで加速ラップを刻み、終い切れた。使いつつ動き良化。

  • 中山7R 2歳500万下
  • ダンサーバローズ
  • (牡2、栗東・矢作厩舎)
  • 52.4-38.1-24.7-12.4(一杯)
    ※ホウオウドリーム(古1600万)強めを5馬身先行~1馬身遅れ

好調格上馬に遅れたがテンも終いも確かで、時計は優に自己ベスト。

仕掛けられると力強い動きで瞬時に加速した。終いの切れ脚際立つ。

  • 中京11R 中日新聞杯(G3)
  • マイスタイル
  • (牡4、栗東・昆厩舎)
  • 53.5-37.5-24.2-12.3(馬なり)
    ※ニシノデイバロー(古オープン)一杯を4馬身追走~併入

先週はCWで今週は坂路で、一杯に追われる実力馬を馬なりで圧倒。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)