坂路調教好走馬 検証

美浦編

  • アストロローグ
  • (セ4、美浦・武井厩舎)
  • 3/10 中山7R 4歳上500万下 1番人気1着
  • (美浦2位 51.5-13.1)

五分のスタートから、道中は前団の直後で折り合い、直線では前を視野に入れ力強く加速して抜け出し、そのまま押し切った。このコースで一戦毎に着差を詰めて勝ち切った内容は見事。デビュー直後の二桁着順続きが嘘のような安定感だ。好位でセンス良く立ち回れて終いも確かなだけに、昇級してからも好勝負は可能だろう。

  • シルバーストーン
  • (牡5、美浦・石栗厩舎)
  • 3/10 中山7R 4歳上500万下 3番人気3着
  • (美浦3位 51.8-12.8)

好発を決め、スタート直後は先手争いに加わり、道中は先団のインでスピードに乗った。そして直線では前を捕らえるべくジワジワと脚を伸ばしたが、捕まえあぐねているうちにまず勝ち馬にかさわれて、ゴール前で2着にも捕まり、結果3着。あとひと押しが利かなかったのは残念だが、勝ちに行っての3着。次走でも調教の動きに注目だ。

栗東編

  • シャドウノエル
  • (牝4、栗東・角居厩舎)
  • 3/9 中山9R 房総特別 4人気1着
  • (栗東3位 50.0-13.1)

道中は好位2~3番手に付けてレースを展開。そして迎えた直線、序盤は逃げ込みを図るラッシュアウトに徐々に離され加減だったが、坂を登ってから重心を下げたフォームで力強く伸びて見事差し切りを決めた。スムーズな競馬で巻き返した好内容のレースだったが、坂を登ってからもうひと伸びしたように、平坦コースならなおいいのかもしれない。

  • アレス
  • (牝3、栗東・昆厩舎)
  • 3/10 阪神4R 3歳未勝利 4人気2着
  • (栗東7位 50.8-13.1)

反応良くゲートを飛び出し楽にハナに立ち、道中はレースを引っ張った。その後直線に向くまではハナを守っていたが、直線ラスト200m手前で早くもマイエンフェルとに並びかけられた。しかし、そこからが実に渋太く、ゴール前マイエンフェルトに食い下がり、クビ差の2着でゴール。展開も向いたかもしれないが、渋太さが光った一戦だった。