特選・坂路王

木曜の追い切りで、50.6-37.2-24.9-12.8(馬なり)の栗東坂路6番時計をマークして、自己ベストを更新。

芝でデビューし12戦走ったものの勝ち上がれず地方に回り、そこで3連勝して中央再入厩を果たしたものの、その後もダートで3戦勝ち上がれず再び戦いの舞台を芝に戻すもまたさらに4戦、勝ち上がれなかった。
そんな紆余曲折を経てようやく初勝利を挙げた舞台が、新潟ダ1200m。直線でインからメンバー最速上がりを繰り出し突き抜け、2着に2馬身半差をつけた強い内容だった。

昇級後の近3走のダート戦で5着,4着,4着とあとひと押しが利いていないが、3走前は0秒3差、2走前は出遅れて3着と0秒1差、そして前走は4角で最後方と絶望的な位置取りから0秒2差まで肉迫と、このクラスで通用するだけの内容の走りを見せている。

調子を上げて臨む初勝利をおさめた験の良い舞台で、鞍上も2度目。今度は前進できる。(★★★☆☆)


来週は変則3日間開催後だけに、調教で出走馬の状態はいつも以上にしっかりと把握しておきたいところ。来週も『坂路好調教馬』をお見逃しなく!

坂路ジョーカーをさがせ

4/29 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 京都10R 烏丸S
  • ノチェブランカ
  • (牝4、美浦・国枝厩舎)
  • 53.6-38.7-25.3-12.7(馬なり)
    ※オノリシャス(古500万)強めを2馬身追走~併入

3週連続で併せた僚馬を圧倒、今週は馬なりで自己ベストを更新。

4/29 栗東 坂路ジョーカー候補

  • 京都3R 3歳未勝利
  • チョウビックリ
  • (牡3、栗東・西橋厩舎)
  • 53.0-37.7-24.6-12.2(一杯)

力強い動きで加速ラップを刻んで、ラストまでシャープに伸びた。

  • 京都5R 3歳未勝利
  • スカーフェイス
  • (牡3、栗東・橋田厩舎)
  • 55.4-39.9-25.4-12.1(強め)

毎週日曜日にも入念に乗り込まれて仕上がる。久々も、動き良好。

  • 京都9R 矢車賞
  • グラディーヴァ
  • (牝3、栗東・角居厩舎)
  • 53.9-38.5-25.0-12.7(強め)
    ※ロイヤルバローズ(古500万)馬なりを4馬身追走~1馬身遅れ

先週先々週のCWと坂路の併せ馬で、オープン馬に先着。元気一杯。

抜群の手応えで、テンも終いも速い自己ベストをマーク。依然好調。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)