坂路調教好走馬 検証

栗東編

スタートの反応は悪くなかったが、行き脚がつかずポジションを下げ、道中は中団後方を追走。しかし直線外から追い出すと、ラスト200m付近から加速してスピードに乗り、先頭を行くタイセイブレークとの差をどんどん詰めて行った。惜しくも半馬身差まで追い詰めたところでゴールを迎えてしまったが、やはり芝1200mでは安定した走りを見せてくれる。