特選・坂路王

  • 東京9R カーネーションカップ(芝1800m)
  • テイクザヘルム
  • (牝3、栗東・安田翔厩舎)
  • 51.2-37.4-24.7-12.6(馬なり)

先週木曜の追い切りで、51.2-37.4-24.7-12.6(馬なり)の栗東坂路の3番時計をマークし、自己ベストを更新。

先週マークした自己ベストは木曜の2番時計であり、また3歳では最速という優秀なもの。そして今週は水曜に南Wで馬なりで自己ベストを更新と、2週連続絶好の動きを見せている。

前走は6着に終わったが、テンションが高くいきなり出遅れて道中最後方追走を余儀なくされたもので、致し方なし。それでも前週に行われたG1大阪杯の勝ち時計2分1秒0に遅れること僅か0秒3、大阪杯の6着に相当する2分1秒3の好時計をマークしている事実。出遅れて道中もスムーズさを欠きながらこの時計は上々だ。

初戦を快勝したワンターンの広い府中へ戻るのは好材料、そしてデキ良く相手も前走より楽。巻き返しは十分可能だ。(★★★☆☆)

坂路ジョーカーをさがせ

5/18 美浦 坂路ジョーカー候補

  • 東京7R 4歳上500万下
  • シャドウアイランド
  • (牝4、美浦・藤沢和厩舎)
  • 55.0-40.0-25.5-12.2(馬なり)
    ※ライラックカラー(古1600万)馬なりを2.1/2馬身先行~併入

軽快なフットワーク。馬なりで終いシャープに伸びた。上積み十分。

5/18 栗東 坂路ジョーカー候補

  • 京都9R メルボルンT
  • プランドラー
  • (牡3、栗東・池江寿厩舎)
  • 53.8-38.7-24.5-11.9(馬なり)
    ※シロニイ(古1600万)一杯を2.1/2馬身追走~1/2馬身先着

攻め駆けする格上馬を、馬なりで追走し先着。終いの切れ脚目立つ。

中2週も意欲的に追われ、テンも終いも速い確かな走り。依然好調。

  • 京都11R 平安S(G3)
  • サンライズソア
  • (牡5、栗東・河内厩舎)
  • 53.3-38.5-24.5-12.3(強め)
    ※プラチナムバレット(古オープン)一杯を2.1/2馬身追走~1馬身先着

2週前にCWで好時計、今週は一杯に追われる僚馬を余力残しで圧倒。

  • 新潟11R 大日岳特別
  • ズアー
  • (牡5、栗東・池添学厩舎)
  • 53.5-39.0-24.8-12.2(馬なり)

馬なりで、先週CWでテンも終いも速い好時計。今週は終い切れた。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)