特選・坂路王

水曜の追い切りで、50.9-37.2-24.9-12.8(強め)の美浦坂路1番時計をマークして自己ベストを更新。サトノキングダム(古馬3勝)強めを2馬身追走~2馬身先着

前走スプリングSクビ差3着後に骨膜炎を発症し放牧に出て3ヵ月半間隔が空いたが、立て直した効果が大きく素晴らしい状態で戻ってきた。
まず2週前の併せ馬で馬なりで古オープン馬を6馬身追走し先着で、自己ベストタイをマーク。続く先週の追い切りでも実力古馬を圧倒し、今度は自己ベストを2秒6更新。そして今週の最終追い切りでは、出走馬中ただ1頭50秒台の美浦坂路1番時計をマークし時計を更に短縮。余力残しで3週連続で併せた僚馬を圧倒し時計を短縮する、抜群の動きを見せている。
脚元の状態が良くなければ、3週連続でこれだけの動きができるはずもなく、状態の良さは確かなところだろう。いきなりから能力を発揮し、好勝負になる。(★★★☆☆)


現在美浦では南ウッドが閉鎖中、これまでウッド主体だっだ陣営も坂路に回って来るケースが多いだけに、坂路調教の注目度は高まる。
来週も『坂路好調教馬』をお見逃しなく!

坂路ジョーカーをさがせ

6/30 美浦 坂路ジョーカー候補

軽快なフットワーク。馬なりで、今週の美浦坂路終い1F最速の切れ。

6/30 栗東 坂路ジョーカー候補

  • 中京10R 香嵐渓特別
  • デターミネーション
  • (牡3、栗東・小崎厩舎)
  • 52.7-37.8-24.4-12.2(馬なり)
    ※ハイワールド(3歳未勝利)強めを6馬身追走~1馬身先着

馬なりで僚馬を圧倒し、自己ベスト。骨折明けを叩かれ、更に上昇。

「特選坂路王」は、レース週に行われた「東西坂路調教Best10傑」から選出しています。

タイムの速い馬以外の坂路組にも"激走馬"が多く潜んでいるのも事実。それが「坂路ジョーカー」です。

競馬ラボの調査によれば、美浦組だけでも多い週で20頭を超える数の「坂路組」が連絡みを果たしています。3着までを視野に入れれば、さらに馬券に絡む確率は格段にアップ。特に新馬・未勝利戦では、坂路調教馬の好走が目立っていることもポイントです。

そんなファクターも加味しながら、 土・日の出走馬の中から激走候補を選出します。(ヤマノ)