今週の勝負レース

美浦の南ウッドコースの改修が終わり調教が再開されたことで、北Cも同様だが、ようやく坂路調教馬の数が落ち着いた。これはとても良い傾向だね。今週は、先週の台風の影響が残り51秒台は僅か2本にとどまったけど、こんな状況下だからこそ、調教で動いた馬は要注目だ。


今週のイチオシは、月曜中山9R 白井特別(芝1800m)に出走するサトノダムゼル
日付 場所 タイム
9/8 坂路 58.9-42.6-13.4
9/12 坂路 53.2-38.6-12.8(馬なり)
ディープインパクト産駒、堀厩舎所属の素質馬がますます調子を上げてきた。ほとんどが既走馬相手のデビュー戦をスケールの大きな内容で完勝し、昇級戦の前走は直線で33秒7のメンバー最速の上がりを繰り出し、前を楽に捕えて勝ち切った。

まだまだ伸びしろを感じさせる内容で、学習能力高く3連勝の期待十分だ。

相手はエバーミランダ、ヒシヴィクトリー、ミヤビパーフェクト、ケルフロイデ、ギルマ、トーホウアイレス。


2頭目の注目馬は、日曜中山11R ラジオ日本賞(ダ1800m)に出走するスウィングビート
日付 場所 タイム
8/28 坂路 54.6-39.3-13.3
9/4 南P 66.4-52.3-38.8-12.3(一杯)
9/11 南W 53.1-38.1-12.8(馬なり)
ベアインマインド(古馬3勝)強めを2馬身追走~併入

2週前の坂路追いで、先週の1600万を休み明けで快勝したレッドアネラと併せて脚色優勢、そして今週はリニューアルオープンした南ウッドで僚馬を追走から併入で好時計をマークと元気一杯で馬体充実、目下の好調ぶりがうかがえる。

日に日に安定感が増しており、これまで強いメンバーに揉まれてきた地力は確か。今回いよいよオープン戦となるが、手の合う田辺騎手の継続騎乗も好材料でここでも好勝負になる。

相手はローズプリンスダム、ハイランドピーク、カゼノコ、フェニックスマーク、ブラックバゴ、マイネルバサラ。


3頭目の注目馬は、日曜中山10R 初風特別(芝1200m)に出走するマリアズハート
日付 場所 タイム
9/4 坂路 55.0-40.0-13.7
9/11 南P 68.0-53.1-39.1-12.5(馬なり)
シバノテンショウ(古馬1勝)馬なりを2.3秒追走~併入

4日の坂路追いで馬なりで古オープン馬を圧倒する抜群の動きを披露し、今週のポリトラックでは2秒以上先を行く僚馬を追走し併入と、充実一途。

2勝前の初重賞ではね返されるも前走の自己条件で巻き返したが、米国産のスピード馬。高速馬場を味方にさらなる前進も可能だ。

相手はウィズ、ショウナンマッシブ、フナウタ、シセイタイガ、イサチルルンルン、マイネルアルケミー。


それではこのへんで、また来週!